【オーナー酒井の日常ブログ】Eat out at bills with Cameron and Yuhsi!

こんにちは😊 酒井です。

今日はグローバルカフェ元スタッフのキャメロンと奥さんのユーシと一緒に

パンケーキで有名な『bills』にディナーに行ったときのことを書いてます。

来年、台湾に引っ越してしまうので少しさみしいですが、楽しい夜でした😊

特に難しい単語などないので、気軽に読んでみて下さい!

分からない文や表現があれば、ご遠慮なくカフェスタッフに聞いてくださいね。

 

Today I want to write about a dinner my family had at “bills” with Cameron, our old staff at Global Cafe, and his wife Yuhsi.

Cameron started working at Global Cafe soon after the cafe opening. Unfortunately he became busy and unable to work at the cafe, but he still helps out us when an emergency pops up.

 

We have been talking about going to bills for long time since bills’s owner is an Australian celebrity chef and Cameron, being Aussie, probably felt he should go and eat there sometime.

I knew about the restaurant for long time because bills was in Sydney when I lived there, but I had never been there and always wanted to go, so going there with Cameron was a very good opportunity for me!

 

The reason we decided to go there this time is to have a farewell dinner.

Cameron got married with a lovely lady, Yuhsi, from Taiwan recently, and they are moving to Taiwan next year.

 

Although it was a bit pricey, the food was very good and the atmosphere was very nice too.

We shared some starters and then the main dishes followed by pancakes, their signature dish!

Cameron and Yuhsi had Pavlova, a famous desert in Australia (You can see it in the photo below), and I got to try it for the first time.

They both were very surprised by the amount Toshi ate! (He had some of starters, some fried chickens, a pasta dish and then two pancakes!!   I thought he would be almost full by the time he finished his main dish and we could share one pancake dish but I barely ate any…)

 

Anyways it was a very nice night and we all enjoyed it a lot.

It is a little sad that Cameron won’t be in Fukuoka, but I am very happy and grateful for the friendship with them.

Cameron is a person with the Aussie sprit of `*mateship‘ and ‘*fair go‘ and he is one of the most genuine people I know.

I hope all the best for their new life together, that our friendship lasts for a long time and that we will visit them in Taiwan or Tasmania some time!

 

*mateshipとはオーストラリアにおける助け合いの精神。

*fair goとは公平にチャンスを与えることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】Take me skiing ~私をスキーに連れてって~

Hello everyone! Recently, it’s getting colder and colder, and winter is coming. What do you usually do ㏌ winter?

In my case, it’s skiing. I’ve been to Nigata, Nagoya, and even Hokkaido with many students on business. My chiefs and senior tour guides said to me that I should be able to ski so I took lessons, but I don’t have any talent for skiing. 🙁 So, I couldn’t master it.

Unfortunately, I used to be a ‘benchwarmer’ at the cottage. However everytime I listened to “I want to fall in love with someone and have passion that can melt gelaende” (ゲレンデが溶けるほど恋がしたい)by Komi Hirose, I was excited, and it made me feel like skiing.

Basically, when we were skiing, we reserved all or almost all of the gelaende. Most of the students had never been skiing before, so the children tottered behind the instructor in a single-file-line just like ducklings following their mother. It was so cute!

So, what did I do at the cottage? Basically we took care of students who were injured and brought them to the hospital. I was asked by my boss, “your age is close to the students, so you will be able to take care of them right?” So, one of my jobs was to take care of and play in the snow with the injured students. We went sledding, had snowball fights and made kamakura (Japanese igloos). Even though they couldn’t ski, I wanted to make some fun memories with them, and it made me feel like a kid again. In the end, I perfected my Japanese igloo-building skills. I can read the quality of the snow, the temperature, and the angle of the walls. Making Japanese igloos has now become one of my special skills.

One of the hard parts of the job was taking students to the hospital from the cottage. Fortunately, there were no major emergencies, as the nearest hospital was more than one hour away. Going to the hospital was very stressful, so on the way back everyone was very tired and fell asleep. Even though I was supposed to take care of the students, I couldn’t help but doze off too!

Even now, this time of the year makes me want to go skiing. Maybe I’ll try snowboarding. What is interesting is that every country has different winter traditions, activities, and conditions. Come to our cafe and talk about winter experiencies with facilitators!

 

皆様最近めっきり冷え込んできて、もう間もなく冬に入りますね。皆様は冬は例年どう過ごされていますか?

私はずばり「スキー」です!もちろん添乗の仕事で長野や新潟、遠いところは北海道まで多くの生徒さんと共にスキーをしに行っていました。よく、先輩やチーフから添乗員たるものスキーができなければならないということで何度かレッスンを受けたもののスキーの才能がなくて、残念ながら本部待機組へと回されました(笑)

それでも、あの白いゲレンデに広瀬香美の「ゲレンデがとけるほど恋がしたい」が流れると、とても気分が上がったのを覚えています。

基本的には修学旅行になるとそのスキー場を貸し切りもしくは一部貸し切りで行われます。生徒たちはもちろんスキーが初めてなので、インストラクターさん達の後ろに一列によちよちと歩く姿はまるでアヒルとその子供達のようでとてもかわいかったですね。

さて、そんな私は本部で何をしていたかというと、基本的にケガや病気でスキーができない見学の生徒さんのケアや、ケガをした生徒さんの病院への対応などをしていました。特に、私はチーフや先輩から生徒と一番年が近いし、なんやかんやで仲良くできるだろうという理由で、ほぼ必ず見学の生徒さんのケア、要するに一緒に雪遊びをする’仕事’をしていました。ソリをしたり、雪投げをしたり、カマクラを作ったりして遊んでいたら、最終的にカマクラを作る雪質、気温、角度までわかるようになり、もはや職人並みになっていました。なので、私の特技の一つはカマクラ作りです(笑)スキーができなくても、一緒に楽しい思い出を作ってほしい、そんな思いで童心にかえりながら楽しんでいました。

意外に大変だったのがスキー場からの病院です。幸いにも緊急での病気はなかったものの、一番近い病院となると片道1時間もかかったものだからそれはそれは大変でした。病院までは気を張り詰めていくので、診察が終わった帰りはみんながうとうとしている横で自分もうとうとしていました(笑)

今でもやっぱりこの時期になるとスキーが恋しくなりますね。ぜひとも次はスノーボードにも挑戦してみたいですね♪世界各国冬の過ごし方、冬が訪れる時期さえも違います。それぞれの国の冬事情や過ごし方を英語で学んで、ぜひ体験してみてくださいね!

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】カズオ・イシグロ氏に夢中です

皆さん、こんにちは😊

最近すっかり肌寒くなり、秋も深まっていますが、皆さん今秋は何の秋ですか?

食欲の秋まっしぐらだった酒井ですが、

10月5日に発表されたカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞を機に、

読書の秋に転換しています。

 

子育てで忙しくなったことや、ネットがより身近になったことで、

読書、特に文学/小説という分野からはかなり遠ざかっていましたが、

カズオ・イシグロ氏が私の中のgame changerになりそうです。

 

実は今回の受賞まではイシグロ氏のことはあまり知りませんでしたし、著書を読んだこともありませんでした。

なのに日系英国人がノーベル文学賞をとったというニュースをみて

好奇心からイシグロ氏のことを調べ、イシグロ氏のドキュメンタリーやインタビュー映像を見て、

まだ著書を読んでもないのに、すっかりファンになってしまったミーハーな私です。

 

私と同じく今回の受賞でイシグロ氏に興味を持たれた方もおられると思いますので、

イシグロ氏を紹介した番組やインタビュー映像を以下ご紹介しますね。

以下以外にも英語のみのものでしたらインタビュー映像はたくさんありますので

みなさん是非探して見てみてください。

 

私はイシグロ氏のmemory (記憶)やnostalgie (ノスタルジー)という感情の捉え方や考え方に共感を覚えましたし、

(それは5歳でイギリスに渡って、いつかは日本に帰国するという思いの中、

 イギリスで育ったことが影響しているそうですが)

そのような私的なこと(ビジネスのことでもなく、実用性もないこと)を考えさせてくれるのもまた、

小説の良さなんだなとしみじみ感じました。

 最近は個人の記憶だけでなく、社会、国家やコミュニティーの記憶についても興味を持っている、

とよく話されていて(国際政治を考える際にも)面白い観点だなと思いました。

 

イシグロ氏は多くのインタビューの中で

「物語の時代や場所の設定、ジャンル設定までもは物語の伝えたいメッセージを伝えるための、device(道具・装置)でしかない」

と言っていますが、それだけ表面的なストーリーにとらわれず、真摯に自分の伝えたいメッセージ

(universal statement / 普遍的でとても大切なメッセージ)を小説を通して伝えようとしている作家なんだと思います。

 

インタビューはイシグロ氏の(当然ながらの)キレイで知的なブリティッシュイングリッシュを聞くためだけでも

一見の価値がありますよ。ゆっくり明瞭に話されるのでとても聞きやすいです。

またインタビューで垣間見れる穏やかで、謙虚、真摯なお人柄にも惹かれますね。

ではでは、イシグロ氏のファンの方がおられましたら是非お声がけください。

 

 

『(全録)ノーベル文学賞にイシグロ氏 受賞の喜び語る』

 

『カズオ・イシグロをさがして』

 

『カズオ・イシグロ文学白熱教室』こちらは日本語吹き替えバージョンですので、できればイシグロ氏の話す英語をそのまま聞ける動画の方をご覧頂きたいです(英語音声の動画はこのページでシェア出来ませんでしたが「Kazuo Ishiguro」という題名の動画がありますので検索してみてくださいね)

 

『Kazuo Ishiguro interview (1995)』 若かりし日のイシグロ氏

 

『Young Kazuo Ishiguro interview (1986)』

 

『Kazuo Ishiguro on Brexit』

昨年のイギリスのEU離脱の国民投票の結果についてイシグロ氏のインタビュー

 

 

(Mariusz Kubik as photographer)

【元添乗員ふきこのブログ】Halloween🎵

Hello, everyone! It has been a long time. How have you been? I am so glad I got so much good feedback from everyone. Seeing and talking to everyone is one of my favorite things about working here.

By the way, recently it is getting a little colder and, with the cold, comes “Halloween”. Nowadays, Japanese Halloween is becoming well known around the world. In some amusement parks in Japan, “Halloween” season starts as soon as summer is over, and continues past October. I always think “oh my god why?” 🙁 Recently, the policemen called “DJ police” in Shibuya have become famous too. Do you know about the “DJ police”? You should search them on google!

So, why has “Halloween” become a famous event in Japan? There are many reasons, but the biggest reason, in my opinion, is because of “Tokyo Disney land”. They used to have a parade on the 31st of Octorber but now they celebrate for 2 months. When I was a tour conductor, I went to “Universal  Studios Japan” many times in this season. It was fun seeing people who dressed up as “Wally” (from “Where is Wally?” or in America “Where is Waldo”), Minions, and characters from “One Piece”.

I remembered that overseas many children dressed up like a witch, or another character, and say “Trick or treat?” to get some candies or snacks. But in Japan, rather than children, the adults dress up and wander streets in the city.

Last year, I was in Canervon in Australia. They sold some Hallloween snacks and goods around the Halloween season like in Japan, and they went to a tavern at night to have fun, dress up and drink. It looked like Japan.

Well, how about America? I asked Travis who is from America, and he said that there were kinds of 2 halloween styles in America. One of them is when children dress up and wander house to house to get snacks. On the other hand, young (or even older) adults dress up in costumes, usually sexy, and go to parties.

Our cafe is open on “Halloween” day. Perhaps you want to come and talk about Halloween. See you soon at the cafe!

 

皆様お久しぶりです!いかがお過ごしでしょうか?このブログも多くのお客様から反響をいただいてとても嬉しく思っています。私も皆さんにお会いしてお話することやブログを書くことがこのお仕事での楽しみの一つとなっています。

さて、最近はあの暑さはどこへやらで最近はだいぶ涼しくなってきました。さぁ、涼しくなってきたらこのイベント!そう、ハロウィンです!今では日本でのハロウィンイベントの盛り上がり様は世界でも有名になっています。
さまざまな娯楽施設では夏が終わってからすぐにハロウィンシーズンが始まり、どうかすると11月までやってるものだからもはや何でもありだな、と思う最近です(笑)。また最近では、渋谷の交差点に現れる「DJポリス」なども話題になりましたね♪

そんなハロウィンですが、日本でのブームのきっかけはどこでしょうか?諸説ありますが、今のこのようなハロウィンブームを巻き起こしたのは「東京ディズニーランド」だそうです。最初は10月31日だけだったのが、今や2か月に及ぶ一大イベントになりました。添乗員時代はその時期、ほぼ毎日のように東京ではなく、大阪のユニバーサルスタジオに入り浸っていたのですが、ウォーリー(ウォーリーを探せ)、ミニオンズ、中にはワンピースの海賊一団に扮している方々もいて、見ているだけでも面白かったです。

ところで、私の記憶のハロウィンは海外で小さい子供たちが魔女などの格好をして「Trick or Treat!」と言ってお菓子をもらい歩く、そんなイメージでした。しかし、日本では子供がお菓子をもらい歩くというより、大人たちが仮装をして街中を歩きまわっています。

去年のハロウィンは、私はオーストラリアのカナーボンという田舎町にいました。町はハロウィン期間前後はハロウィンでにぎわっていて、日本と同じようにお菓子や、カボチャのおもちゃが販売されていました。そして、多くの人は夜に酒場に行き、仮装を楽しみながらお酒を飲んで楽しむという、どちらかというと日本のハロウィンに似ていました。

さて、それでは代表的なアメリカはどうでしょう?カフェのアメリカ出身のTravisに話を聞くと、アメリカのハロウィンにも二通りあるとのことでした。一つは子供たちが仮装をしてお菓子をもらい歩くハロウィンと、それを卒業した若者や大人たちが今度はセクシーな仮装をしてパーティーをするハロウィンだそうです。この後者の方が日本やオーストラリアでは主流なのかもしれません。

また、当カフェはハロウィンの日もオープンしておりますので、直接カフェにて世界のハロウィン事情を英語で学んでみるのも楽しそうですね♪ それでは、またカフェにてお待ちしております!

【元旅行添乗員ふきこのブログ】オーストラリアあるある

Hello everyone. How have you been❔

I have great news. Our boss gave birth to her second child, and everyone is overjoyed with the new addition to her family. I have been spending a lot of time at the cafe in place of her, since Motoko needs to take care of her children, so I would like to introduce myself.

I lived in Darwin, Australia for a year, and returned to Japan three months ago. Darwin is located in the Northern Territory state of Australia. Many people ask why I didn’t stay in Sydney, Brisbane, or Cairns, the popular locations. But I stayed in Darwin, which is very local and was dangerous during that year. This story would be too long ,so I will tell it to you some other time. Today’s topic is “My perceptions of Australia and Darwin”. I am going to talk about the culture shock I had in Australia and Darwin.

1) Many crocodiles
In Darwin there were crocodiles, crocodiles, and more crocodiles. All around the sea and river. Darwin’s sea was ranked No. 7 most dangerous sea in the whole world, so we can’t surf in the sea and no one can swim in it, so people go to the pool near the sea instead. There are many crocodile feeding tours and crocodile museums.

2) The women don’t care too much about make up and skincare but they really cares about nail and eyelash extensions.
This might only happen in the country side, but I realized how awesome Japanese nail technology is. Australian nail technology is as simple as just putting on nail polish and shaping the nail but they don’t do nail arts .I was surprised that is costed about 40 dollars. ( about 3200 yen)

3) Expensive
Have you ever heard that everything is cheap in Australia? I had thought so until I went there. But I realized I was wrong. Actually, it is very expensive, especially rent. But why is everything in Australia so expensive? Because of the salary. The people in Australia receive a high salary even if they have a part time job. On average, the salary in Darwin was 22 dollars per hour. ( about 1600yen)
I want to keep talking about my perception of Australia. But I would like to share it more when you visit the cafe. I am looking forward to seeing you!

4) Many Aboriginal people
Aboriginal(Aborigine) means the people who lived in Australia a long time ago. But many aboriginals were killed and chased away by the pioneers and they moved to Darwin for safety. But let’s talk about the Aboriginals of today. They were very aggressive, and shouted at passerbyes. When I was at the bus station in Darwin, I saw an Aboriginal girl and a police officer arguing loudly. I watched casually, then the girl came to me and shouted “ what are you staring at!?”
Of course this is not every Aboriginal in Australia. This was just one situation I remember. Many of them were extremely friendly towards me.

 

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?

うれしいニュースとして、我らカフェのオーナーのもとこさんが元気な男の子を出産して、皆様からたくさん祝福していただいております。私はもとこさんのご出産育児のため、代わりにほぼ毎日カフェに入り浸っております(笑)

そんな私も三か月前まではオーストラリアのダーウィンに一年近くいました。ダーウィンはオーストラリアのノーザンテリトリー州に位置しています。人気のシドニーやブリズベン、ケアンズと全く異なる田舎&危険な街と言われるダーウィンになぜ一年もいたのか。またこれは長くなるので、改めてブログでお話させていただきますね。それでは、今回はこちら「オーストラリア・ダーウィンあるある」です。オーストラリアあるあるも踏まえて、私が受けたカルチャーショックをもとに紹介していきたいと思います。

1、ワニが多い
これもダーウィンに特化した話です。川、海至る所にワニ、ワニ、ワニです。このダーウィンの海は世界で最も危険な海ベスト7に入ったこともある海です。なのでオーストラリア名物のサーフィンはダーウィンではできません。みんな海にはいかず、海の近くのプールに行きます。しかし、それを利用したワニ餌やりツアーやワニ園は迫力満点です。

2、女性は化粧はしないがネイル、まつげエクステにすごいこだわる
これは、田舎のほうに限られてくるかもしれません。正直あんまりスキンケアやメイクより特定のパーツに力を入れている方が多い気がします。それが、まつげエクステとネイルです。しかし、やはりクオリティーは日本はさすがだと思ってしまいました。オーストラリアのネイルはたくさんのアクセサリーをつけてより細かく繊細に仕上げることはなく、シンプルに形を整えて色を塗るだけ。これで約40ドル(約3200円)もするので、びっくりですね。

 

3、物価が高い
皆さん、オーストラリアは物価がやすいという話を聞いたことありませんか?私も行く前まではそう思っていました。しかし、これは間違い。実際めちゃくちゃ高いです。ちなみに家賃もめちゃくちゃ高いです。では、なぜオーストラリアは物価が安いといわれているのか?それは、お給料です。オーストラリアではアルバイトであっても基本給が高いです。特にダーウィンは時給22ドル(1600円)などがざらでした。

 

4、アボリジニの人たちがとても多い                                                                                                             これはダーウィンに特化した話だと思います。アボリジニとは先住民という意味でもともとオーストラリア全土に住んでいました。しかし、植民地化により多くのアボリジニの方々は北へ北へと追いやられ、そしてダーウィンにたどり着いたといわれています。そしてダーウィンのアボリジナルの人たちの中には、ものすごい攻撃的な人もいて、大声で叫び、道行く人々を威嚇していました。私も以前あったのが、とあるショッピンングセンターのバス停にて警察官と15歳くらいの女の子が大声で喧嘩していました。何気なく見ているとそれに気づいた女の子が近づいて「何見てるんだ!?」と威嚇されたことがありました。これはあくまでも私が遭遇した一場面でほとんどのアボリジニの人たちはとてもフレンドリーでした。

まだまだオーストラリアあるあるありますが、続きはご来店にて情報を皆様とシェアしたいと思っています♪

それではまたお店にて皆様のご来店をお待ちしております。

  

【オーナー酒井の日常ブログ】Our new baby and Toshi

こんにちは😊 酒井です。

今日はようやく皆さまに出産のご報告ができます。

いつもながら親バカな内容になってしまいましたが、語彙(本文中の意味)と日本語文もつけていますので

是非読んでみてください😊

 

Hello everyone!!

My baby boy was finally born on July 29th. He was 6 very long days late.

My contraction started at 4:30 in the morning and I gave birth to my son at 9:54 at night. Considering it was my second time to give a birth, the labour was very long and I almost panicked. My husband was with me and supported me so much through the labour. I could not go through it without his support.

The moment we saw and held our new born baby, we got very emotional. At the same time we were very surprised because he looked almost identical to our eldest son, Toshi.

When I’m breastfeeding him and he’s wearing Toshi’s hand-me-down clothes, I feel like I am holding Toshi when he was a newborn baby.

 

We named our new son Aoi (悠碧). The Chinese character of 悠 has meaning of ‘far-off’, ‘endless’ or ‘boundless‘, and 碧 means ‘deep blue’. We hope that he will be an open minded person and have a big heart like a beautiful and boundless blue ocean.

 

What I was most looking forward to about having two sons was to see Toshi and his brother playing together and Toshi taking care of his brother. What I was most worried about was if Toshi feels left out or as if his mother has been taken away after Aoi was born.

Before Aoi was born, we tried to talk and explain to Toshi about how a baby is coming to our family many times, but Toshi pretended to not hear, or didn’t listen, to us each time we tried. I think he had a rough idea of what it is like to become a brother but he was not really ready for it.

So when I saw Toshi trying to take care of Aoi, asking Aoi what wrong when he was crying and stroking his head gently, I was incredibly happy and even cried. That was one of the most beautiful moments of my life.

 

Now Toshi is slowly adjusting to the new lifestyle and becoming a brother. He doesn’t ask to be held or for me to do things for him as often and he seems to be a little bit more independent than before. He has been considerate of me as he had been told that his mommy was in a hospital and her tummy is aching. It makes me feel both happy and a little sad. I guess that is how children grow up and I have to accept the fact that my sons will eventually be fully independent…

I really have to appreciate being mommy for my two sons and enjoy the time with them as much as possible now!

 

・contraction  陣痛

・labour(英)/ labor(米) お産

・identical そっくりの

・hand-me-down  お下がりの、お古の

・boundless   無限の、広大な

・stroke なでる

・be considerate of —         –のことを気遣っている、–に思いやりのある

 

7月29日に次男坊がやっと、予定日より6日遅れで誕生しました。本当に長く感じた6日間でした。。

29日の朝4時半に陣痛が始まり、9時54分に生まれましたのでお産もとっても長かったです。経産婦なのでお産が短いと思っていた分より長く感じられ、途中パニックになりそうな場面もありましたがお産中、終始立ち会ってくれた夫のサポートのおかげで何とか乗り切ることができました。

次男との初めての対面は本当に感動的でした!と同時に次男があまりにも長男のトシの生まれたときにソックリだったのでびっくりしてしまいました。今自宅で長男トシのお下がりを着た次男を授乳していると、新生児だったときのトシを授乳しているかと錯覚してしまうほどそっくりです!

 

次男には悠碧(あおい)と名付けました。どこまでもはるかに続く、碧い大洋のように広い心を持った人に育って欲しい、という願いを込めています。

 

今回次男の妊娠が判ってから一番楽しみにしていたことは、二人の息子が一緒に遊んでいる姿を見ること、トシが次男を可愛がるのを見ることでした。

そして一番心配していたことは、弟ができることでトシがさみしい思いをしたり、ママをとられたと感じたりするんじゃないかということでした。悠碧が生まれる前、トシに弟ができることを何度も説明しようとしていましたが、毎回スルーされていました。弟ができることは何となく分かっているんだけど、心の準備ができていないという感じでした。

なので、初めてトシが泣いているに「どうしたの?」って話しかけ、頭をよしよしと撫でているのを見たときは、感動のあまり涙が溢れてしまいました。本当に幸せな瞬間でした。

 

今、トシちゃんはお兄ちゃんになることや、新しい生活にも徐々に順応していっているみたいです。悠碧が生まれる前ほど、抱っこをおねだりしなくなったし、私に何かを頼むことも減って、ほんの少し自立したような気がします。「ママは病院にいたんだよ。」とか「ママのお腹痛いんだよ」とか周りに言われていたので、幼心ながら私を気遣っているのかもしれません。

嬉しいけど、ちょっとさみしいです。こうやって子どもは育っていって、いつかは完全に自立してしまうんですね。。

 

二人の母であることに感謝し、二人の母としての時間を目一杯楽しみたいと思う、ますます親バカな酒井でした。

 

 

1枚目がトシ、2枚目がアオイです。

 

【元旅行添乗員ふきこのブログ】Atomic bomb Memorial day

今日はふきこのブログです。

8月9日の今日は長崎原爆忌です。今回は原爆記念日について書いています。

英文の下に日本語文(意訳)もつけていますので是非お読みください。

 

This summer is becoming hotter and hotter, while there is also increasing excitement for the 2020 Tokyo Olympics in Japan. Despite, the excitement for the Tokyo Olympics, there is a past we should never forget. It’s “Atomic bomb Memorial day” in Japan. Many people in Japan died on the 6th and 9th of August because of the atomic bomb.

During his term as president, Mr. Obama visited Hiroshima where these disasters took place. Out of all the places I‘ve visited in Japan, I frequently visit Nagasaki and Hiroshima. When I walk around museums, observing the monuments and listening to the stories of the victims impacted by the atomic bombs, I am overwhelmed by a deep feeling of sadness. One day, when I looked around the museum, I happened to turn around and see a group of students and something resonated in me at that time. It was complicated. I felt like I could see the future and the past, and what we, as a nation, have been burdened with. Don’t you think it’s terrifying that the bomb was supposed to dropped in Kitakyushu, Fukuoka?

But Japan was resilient and has begun working on the Tokyo Olympics. Japan is finally becoming more of a global country, I think it could be a great opportunity to get to know other countries and look back on the past and use our newfound knowledge to move forward. Go for it, Japan!

 

まだまだ8月真っ盛り、夏は続いていきます。さて、今や2020年東京オリンピックに向けて世の中はますます賑わっています。しかし、私達には忘れてはいけない過去があります。”長崎、広島原爆の日”です。8月6日、9日はそれぞれ原爆が落とされ多くの方の命が亡くなりました。

昨年、初めてオバマ大統領が現職のアメリカ大統領として初めて広島を訪れた事でも話題となりました。私自身もおそらく、1番か2番目に多く訪れた場所です。資料館を訪れたり、また被害にあわれた方々のお話を聞いて、毎回胸を痛めていました。そして、ふと横を見たときに同じように胸を痛めている学生達の姿をみると、私達が担うべき未来と重い過去が見え隠れして複雑な思いでした。もともとは長崎ではなく標的は福岡の北九州だったと思うとゾッとしてしてしまいますね。

しかし、そんな重い過去を乗り越えて世界オリンピック開催に向けて走り出した日本。ようやく本格的にグローバルな国になりだした日本のこうした過去を振り返ることにより、より日本を知り他国との絆も深まる、そんな一つのきっかけになるのではないかと思います。
頑張れニッポン!

 

【元添乗員ふきこのブログ】My lovely cats and turtle

Hello, everyone. How do you survive in this sweltering summer?

I always lie down with my lovely cats on the floor in my home:)

 

Today’s topic is my pets. 

I have three cats and a turtle.

 

First, I’ll talk about my cat “Kuro (黒)”. He is a wuss, and he is spoiled, but very caring to his brothers.

Next is another cat “Shiro (白)”. He is chubby, but he is the smartest of them all, and a gentleman.

The third cat is named “Kin (金)”. He is a scottish-fold. He is young naughty and has too much pride, but he is affectionate and eager to learn.

Kuro and Shiro were adopted from foster, so they are genuine brothers, but Kin was bought from a pet shop.

Even though they are not real brothers they are so close, but sometimes they fight.

 

Lastly, my turtle. His name is “Kamegon(カメゴン)”.

He was found in a river by my brother 15 years ago. He is grown-up now and looks like a king.

I really love animals, especially cats. I subscribe to a magazine called “cats feeling (猫の気持ち) every month.

If you love animals or you have pets, please let me know at the cafe:) I`m always happy to talk with you, and some of our facilitators like animals, so you might want to talk about animals during cafe time.

 

皆様この暑いあつーい夏をどう乗り切っていらっしゃいますか?

私はもう毎日飼っている可愛いネコちゃんたちと、うだって床で伸びています(笑)

ということで今回は私のペットをご紹介したいとおもいます。

私は猫を三匹と亀を一匹買っています。

一匹目はクロちゃんです。とても臆病だけれど猫一倍面倒見のいいお兄さんです。

二匹目はシロちゃん。おデブですが、三匹の中で一番頭が良く落ち着いてジェントルマンな猫ちゃんです。

三匹目はキンちゃんです。この子はスコティッシュフォールドで、若くてやんちゃものでプライドが高いですがとっても好奇心旺盛です。

シロちゃんとクロちゃんは里親で引き取った正真正銘の兄弟です。

キンちゃんはペットショップで購入しました。

血はつながってなくても、三匹とも喧嘩をしつつ仲のいい兄弟です。

 

そして、ラストは亀のカメゴンです。

この子は15年ほど前に弟が拾ってきたミドリガメです。

今やすっかり大きく貫禄が出てしまいました。

私、ふきこは動物が、特に猫が大好きで『猫のきもち』という猫雑誌を毎月購読するほど好きです。

もし皆様の中でペットがいらっしゃる、または動物が好きだという方がいらっしゃいましたら

ぜひぜひカフェにてお声がけください(笑)お待ちしております。

また講師も動物好きが多いのでカフェタイムの話の話題にもいいかもしれませんね♪

 

 

 

【元旅行添乗員ふきこのブログ】Takachiho-kyo/高千穂峡

こんにちは😊

今日はふきこのブログ。高千穂峡のご紹介です。

涼しげな写真とともに、簡単な英文で高千穂峡を紹介しています。

英文の下には日本語(意訳)もつけています。

 

 

The end of the rainy season is finally here, and summer is coming soon too.

I guess you might already have some plans of where to go this summer, but I’d like to recommend to you this as an ex-tour guide.

The place is called ‘Takachiho-kyo’.

It’s getting hotter now but there is a lot of nature and many big and wide waterfalls.

So that will cool you down.

 

Also, `Takachiho’ is a famous spiritual power spot in Japan as told by Japanese mythology. According to the legend, Amaterasu, the goddess of the sun hid in a cave in Takachiho taking away the sun light with her.

With this information I believe you will enjoy your trip more!

Why don’t you go to ‘Takachiho-kyo’ to cool down and have fun?

 

ようやく梅雨のじめじめした時期も終わりがみえてきました。この時期を乗り越えれば夏がやってきます!
色々と皆様の中でも夏に行きたいスポットを計画されているかと思いますが、今回は元添乗員がお届けする初夏のオススメスポットをご紹介したいと思います。

ズバリ、宮崎の”高千穂峡”です。

これからだんだん暑くなっていく中、高千穂峡の絶景の滝と森に囲まれた中では初夏の暑さも吹き飛ぶほど涼しくなること間違いなしです。また高千穂峡は日本神話の中で天孫降臨の地、日本の始まり地としてパワースポットとしても有名です。
こういった高千穂の少し神話を知っておくとより楽しめる所も魅力です。

皆様もぜひ高千穂で涼んでみませんか??

【元添乗員ふきこのブログ】The start of Mt. Fuji-climing season.

こんにちは😊酒井です。

出産予定日を10日後に控えていますが、生まれる気配があまりないので、

どーんと構えて元気に日々過ごしております。

 

私の産休の間は新しいアシスタントのふきこがカフェを切り盛りしますので、どうぞ宜しくお願いします!!

ふきこは元添乗員でしたので、旅行に関することを中心にブログを書かせて頂きます。

初回は富士山の山開きについてです。英文の下に日本語文もつけていますので参考にしてみてくださいね!

 

 

Recently, there has been a lot of news due to extreme weather. However there is a lot of good news out there too.
I am talking about “The start of Mt. Fuji-climbing season” today.
The start of the Mt. Fuji-climbing season is the best time to climb Mt. Fuji, so many people visit during this period.
I used to be a tour -guide for school trips, so I had to climb,,,,,no, I was happy to climb the mountain many times.

I was always impressed by Mt Fuji, which shows many faces every time, and there are rest houses and good restaurants on the way. I once found a unique but good souvenir called “富士山に行ってきましたトイレットペーパー”(I visited Mt.Fuji-toilet paper)
This is only sold by the rest house in Mt.Fuji.
The mountain is drawn on the paper, and part of the paper has interesting trivia about Mt. Fuji. The papers quality is Okey:)
I used to really like this job which involved looking interesting foods and products.

 

最近では異常気象などでなかなかいいニュースがありませんが、嬉しいニュースもまだまだあふれています。

今回は”富士山の山開き”について書きたいと思います。山開きというのは富士登山のベストシーズンということで毎年多くの方がこのシーズンに登山を楽しみます。

私は修学旅行を主に担当していた添乗員だったので、生徒さんたちと一緒に何度登らされ、、登ったことか、、(笑)

しかし、登るごとに表情を変える富士山にはいつも感動していました。

途中にある休憩所にはユニークなお土産屋や美味しい食べものがたくさんあります。

なかなかユニークなお土産だなと思ったのは、”富士山に行ってきましたトイレットペーパー”です。ここでしか買えない限定商品で、表にデカデカと”富士山に行ってきました”と富士山の絵とともに書いてあるものです。しかも、紙のロール部分には富士山についてのトリビアが載っててなかなか面白いものでした。紙質は、、、普通です。

このように添乗員時代は面白いお土産や食べ物を探すのも大好きなお仕事の一つでした。