【元添乗員ふきこのブログ】台湾旅行記~台湾に行きたいわん!~

皆様こんにちは!これからだんだんと暑くなりますね。今回は、わたしの添乗員の海外研修の場所だった「台湾」をご紹介していきます。いろんなエピソード交えてるので、皆さんに楽しんで頂けたらなと思います!

~日本とのつながり~

台湾と日本は飛行機で3・4時間で行けるので両国ともに留学や、ワーキングホリデー先として有名です。さて、実際の台湾は皆様のイメージ通りまさに「親日家」の国です。私のオーストラリアでのワーキングホリデー生活においても台湾の方々にはとても助けられました。ではなぜこんなに親日家なのか?私は直接台湾の友人に教えてもらいました。昔、戦争に勝利した日本は戦利品として未開拓の「台湾」を植民地として譲り受けました。しかし、当時そこは植民地としては衛生的にも、教育的にも不利益な地でした。そこで、日本は台湾を植民地としながらも、学校や病院、水道を通らせて今の台湾の礎を築き上げました。その感謝を今でも忘れていない。そう語っていました。もちろんそれもあるのでしょうが、元々の性格もおおらかで、面倒見がよく、友情をとても大切にする国民性がよく見えていた気がします。さて、そんな台湾ですが、なかなか面白い文化なども根付いていたりしていました。

~観光地編~

ここはまだ徴兵制度が残る国です。1992年以降に生まれた男子は4か月間のみの基本的なトレーニングのみでいいそうですが、そんな中本物の、しかも選ばれし兵隊さんを見られる観光地があります。それが「忠烈祠」という、かつて台湾護国神社があった場所です。昔の戦死者を祀る場所ですが、その門番として衛兵達がいます。とても厳しいトレーニングと選考をくぐってきた彼らの姿はとてもかっこいいですよ!さらに一定の時間になると「衛兵交代式」があるのですが、その一糸乱れぬ動きはまるでからくり人形の様です!

この台湾には日本で大ヒットした「千と千尋の神隠し」の舞台となった地があります。そこが「九份」です。モデルの地と言われるのがわかるほどそっくりです。ここはもともと金鉱の近くで、かつてはゴールドラッシュに沸いた地でした。しかし、戦後、金鉱は閉山し街はそのまま手つかずとなっていましたが、近年その芸術的な観点から再び脚光を浴び、今の新たな観光地として有名になりました。たしかに、一味違った台湾を味わうにはとてもいい場所です。また、昼と夜とでは違った顔を持つ場所でもあるので1日過ごしてみるのもいいですね♪

九份から約2時間かからないほどの地にある「淡水」も景色が素晴らしいことで有名です。そのベストタイミングは「夕暮れ時」です。橋の向こうの遥か水平線に落ちていく夕日はとても見事です。橋の近くには、レンタルサイクルがあったり、レストラン、カフェやお土産屋さんもあるので過ごしやすいですよ!

さて、夜市は台湾でも有名ですよね。私も数あるうちの一つ「士林夜市」へ行ってまいりました。この市場のスケールは国内でも最大級を誇ります。確かにどこまで行ってもずらっと並ぶ屋台はなかなかの見ごたえです!販売しているものは服から、軽食、ゲームまで何でもそろっていました。私のおススメはこの市場で売っている「大鶏排(ターチーパイ)」です。味もおいしいですが、こんなに大きなフライドチキン見た事ありませんでしたΣ(・ω・ノ)ノ!比較のために顔の横に並べて撮ってみましたがこれぞ、ジャイアントな大きさではないでしょうか?!(笑)

~食事編~

実は、「北京ダック」も有名だったりする国でもあります。確かに本場は中国ですが、本場によく似た北京ダックを安くおなか一杯食べられるのが、また台湾のいいところ。まだ私が20代になりたての頃に行ったので、夕飯に北京ダックがでることになり、テンションが上がりました。しかし実物はほんとに「北京ダック」が丸焼きにされていて、あまりの衝撃に声にならない叫びをあげてしまいました。食べてみると、パリパリしていて味つけもしっかりしていました。

また、海外のコンビニはいったいどんなものかと調査するため、滞在中に台湾のファミリーマート(通称、全屋)に行ってきました。意外と普通で、制服や店内は日本とそっくりでした。しかし、一点明らかに違うのは「おでん」です。つゆが黒い・・底がまるで見えないほどの黒さでした。そして、ゆで卵が殻付きで売られていました。買う時間がなかったので、写真にだけ収めてきました。皆様台湾にご旅行の際はぜひこの「黒おでん」お試しあれ(^▽^)/ しかし、そんな中「海外のカップラーメン」は実食してきました。同じくコンビニの日本円で200円ぐらいのラ王の様なカップラーメンを食べてみました。すべて中国語で書かれていたので、私の作り方が悪かったのか分かりませんが、あまり美味しくはありませんでした。。。しかし、ガイドブックにはたくさんおいしそうなインスタントラーメンがあったので皆さんもぜひ台湾に行った際は食べてみてくださいね。

台湾の超有名なお菓子と言えば、「パイナップルケーキ」ですよね。パイナップルケーキはサクサクのクッキーの様な生地の中にパイナップル餡が詰まったお菓子です。あちこちで売られていますが、安くても、高くてもおいしいです。なので今回絶対ここがおススメというパイナップルケーキのお店はありません。しかし、ガイドブックに載っているような有名なお店はとってもおいしいですが高いです。

いかがでしょうか?アジアの観光地の中でも1位2位を争うほど人気の高い台湾。実は5,6月は台湾観光のシーズンになります。ぜひ行って見てくださいね(^_-)-☆ 最近海外続きだったので、次回は私の大好きな「京都」を取り上げたいと思います(^▽^)/

 

Hello, everyone! It’s getting hotter and hotter, isn’t it? Today, I want to talk about my foreign country tour guide training program trip in Taiwan. I hope you enjoy reading about my episodes and experiences in Taiwan.

~Relationship with Japan~

It only takes 3 or 4 hours to travel between Japan and Taiwan, which makes them popular destinations for citizens of both countries to visit for work, studies, and sightseeing. I guess many Japanese people think Taiwan is pro-Japan. Actually, I was helped a lot by many Taiwanese people during my time in Australia on a working-holiday Visa but why are they Pro-Japan? I heard a story from my Taiwanese friends. A long time ago, Japan won the war and occupied Taiwan. The occupation was not ideal for Japan because Taiwan at the time was underdeveloped. Japan helped to develop it by building schools, hospitals and aqueducts, and Taiwanese didn’t forget the gesture.

Regardless of the past, Taiwan has generous, helpful people who cherish their friendships deeply, and a lot of interesting culture.

~Sightseeing~

Taiwan had a 1 year “military system” for men, but people who were born after 1992 are only drafted for 4 months of basic training. But there is still a place where we can see real soldiers in Taiwan. This place is called “Tsuonrietu,” which used to be “Taiwan Gokoku shrine.” This place has a building that was built to commemorate those who died during war. Two guards, who passed difficult examinations and strict training, are always standing guard in front of the gate. Every few hours, the “changing of the guard” takes place. Their moves are so synchronized that they look like mechanical dolls. It is amazing!

 

There is a place in Taiwan that the movie “Spirited Away,”  a big hit in Japan, was based upon. This place is called “Chiufen.” The place looks almost exactly the same as the movie. It is located near a big, famous goldmine. After the war there was less and less gold in the mine until it was eventually closed. It was left untouched that way for many years. Due to “Spirited Away” and the artistic style of the area, “Chiufen” has enjoyed a renewed popularity recently. It can be enjoyed both during the day with the beautiful, natural scenery that surrounds it, and at night because of the brilliant show of lights that illuminate it.

  

Two hours away from Chiufun, “Danshui” is famous for its landscape. Watching the sunset from on top its famous bridge is especially beautiful. There are many souvenir shops and restaurants near the bridge. 

  

 

I think the “night market” is one of the most famous things in Taiwan. I went to “Shirinieshi,” one of the biggest markets in Taiwan, with rows and rows of stands. They sell clothes, food, games and much more. I would recommend “Taachiipai.” It’s a huge, tasty chunk of fried chicken. I have never seen anything like it! I took a picture to compare its size to my face…this is what they call “giant” size!

 

 

~Foods~

Actually, this country is famous for “Peking duck”. I’m sure Peking duck is from “Peking” but in Taiwan you can eat it for a much cheaper price, and it is almost the same as in Peking. I went to Taiwan for the first time when I was in my early 20’s. When I found out that Peking duck was going to be served for dinner, I was excited, but I was shocked to see the duck roasted whole! But the taste was great…

 I went to “family mart” in Taiwan to see what it’s like. It was basically the same as the Japanese one, but I found an item that was very different from the Japanese version. It was a type of “Oden.” The soup was really dark, and the eggs were still in their shells! I didn’t have time to buy it, but i’m including a picture, so if you ever visit Taiwan you can check it out. I did eat “Instant Ramen” though. It was like “Raou,” and the price was almost 200 yen. It was written in Chinese, so I might have made it wrong, but it wasn’t that good anyway. But I did find many delicious-looking “Instant Ramen” in the guide books that you can try.

    

 

Speaking of Taiwanese food, pineapple cake is a really famous pastry. The texture is crispy and there is pineapple jam inside it. You can find this cake everywhere and it’s actually quite cheap but it still tastes great. Unfortunately, I can’t tell you which sweets shop is the best, but the famous shops that appear in the guide book are really great, even though they’re a bit expensive. 

 

Since May and June are the best season for sightseeing in Taiwan, try to visit around that time if you ever get the chance to go!

Recently I have been writing a lot about foreign countries, so next time I will tell you about “Kyoto,” one of the places I love in Japan!

 

【オーナー酒井の日常ブログ】I’m back at the cafe!! カフェに復帰しました!!

こんにちは😊酒井です。

先日よりカフェに復帰していまして、

産休の間のことなどの振り返りと復帰しての思いを簡単に書いてみました。

日本語訳文(意訳)も付けていますので、ぜひぜひ読んでみてくださいね!!

 

Hello everyone!! It’s already May. I guess many people have started a new life since April. My family has started a new life since this April as well.

My two boys, Toshi and Aoi have been accepted to a licensed nursery and I am back at Global Cafe now. We are trying our best to adjust to a new environment and a new life style but it’s not that easy..

Since my second boy, Aoi was born last summer, I’ve been crazy busy and realized how hard it is being a mum of two boys. Thinking back on when I only had Toshi, my elder son, I think I was very naive because I thought having one child and having two are not so different and having one more child would make things only a little bit harder. Now I have realized I was so wrong.

 

Before Aoi was born, it was relatively easy to manage everything: my work at Global Cafe, looking after Toshi and house chores. Toshi spent his weekdays at a nursery and he was a very easy boy to look after. Toshi was just a cute, small, adorable and easy boy for me. 

Nowadays there is a trend that “a mum should enjoy herself and never give up anything for her kids” and I think I interpreted it to my own advantage and didn’t really understand what raising a child was.

So when Toshi started acting funny seeking attention from me or being rebellious and insistent toward me just after Aoi was born I didn’t know how to handle him. He has become a small monster with more of his own personality and I was not ready for it at all.

It was good that I was on leave from the cafe and I could take some time to reflect; how to deal with my kids, especially with Toshi, what should be prioritized in my life or how I can balance and manage everything in my life.

Another good thing was that my husband took paternity leave from work and did lots of house chores and took care of the children. It was nice not only because he helped me but also because we could share the very precious moments of the first few months of our newborn baby. Newborn babies grow very quickly and I guess many dads in Japan miss that precious short time and don’t see their baby’s everyday progress. By sharing work at home and taking care of the children together, my husband could appreciate how joyful and at the same hard raising children can be.

  

Working at the cafe is so refreshing and makes me happy. I get to see so many of our regular customers. Senior customers at the cafe are very, very active. Some senior customers are studying English very hard and taking English proficiency test, and another customer is even going abroad to do volunteer work. They are really inspiring.

I also like to see young people trying hard to learn English. They encourage me too. There is a young customer who has started his own business recently or who is going abroad to study.  

Also there is Global Cafe staff who gives me energy to keep me going. All of them are super positive and nice!

Of course it’s my sons who drive me the most. When I drop them off at the nursery in the morning there is still a bit of tears from them and I cry too. But I know they can do it and learn a lot there so I just have to believe in them and try my hardest!

 

皆さんこんにちは!もう5月ですね。4月から新生活を始められた方も多いかと思いますが、酒井家でも4月から新しい生活が始まりました。

二人の坊やたち、トシとアオイが認可保育園に入れましたので、酒井はカフェに復帰しております。

今、頑張って新しい環境と生活に慣れているところですが、なかなか大変です。

 

昨夏にアオイが生まれてからとても忙しく、2児を育てるということがいかに大変かを実感中です。

まだ長男のトシだけのときは、私も甘く考えていて、一人が二人になってもそんなに変わらないだろうと思っていましたが、本当に大間違いでしたね。。

アオイが生まれるまでは、まだ余裕がありました。自分の仕事、グローバルカフェのことや子育てと家事をそこそここなせていました。平日、トシは保育園ですし、扱いやすい子でした。まだ可愛いだけの小さな子どもでした。

昨今、「母親も子どものために色んなことを諦めず、自分の人生を楽しむべき」というような風潮がありますが、私はそんな風潮を都合のいいように解釈して、子育てについてよく分かっていなかったと思います。

 

なので、アオイが生まれてトシが赤ちゃん返りしたり、反抗的で強情になってしまったときに、本当に戸惑ってどうしていいか分からなくなってしまいました。可愛いだけだったトシが一人の人間としての人格を持った小さなモンスターになってしまい、私はそんな小さなモンスターに対抗する(笑)準備も覚悟もありませんでした。

 

産休をとっていたので、これを機に立ち止まってゆっくり考えることができたのはよかったです。子どもたち、特に長男のトシとどう関わっていくか、生活の中で何が優先事項か、仕事や子育てなどのバランスをどうとって、生活をどうやりくりするのか。

 

また主人が育休をとって家事や子育てをしたのも、とてもよかったです。主人の手を借りれたというだけでなく、子育ての経験、赤ちゃんが本当に小さい、新生児の短い貴重な時期を一緒に過ごせたという意味でもとてもよかったと思います。新生児の時期は本当に短く、その貴重な時期の赤ちゃんの毎日の成長を見逃してしまっているお父さんも多いかと思います。また、一緒に家事をしたり、子どもたちと過ごすことで、主人も子育ての喜びと大変さを実感できたようです。

 

現在カフェに復帰しておりますが、まさに心洗われる感じでとってもハッピーです。多くの常連のお客さまにお会いすることができ、たくさんの刺激を受けております。

グローバルカフェのシニア層のお客さまはとーってもアクティブです。英検受験に向けてハードに英語を勉強されていらっしゃる方、海外でボランティアをするために英会話を練習されている方など。私もたくさんのエネルギーをもらっております。

また若いお客さまが熱心に学ばれている姿にも元気をもらっています。最近起業された方や、留学に向けて頑張っていらっしゃる方。みなさんの頑張っている姿がキラキラ眩しいです。

 

そしてグローバルカフェスタッフもいつも私に力をくれています。元気いっぱいで優しいスタッフたち!

そしてそして、私にとっての一番の原動力は息子たちです!朝、保育園に送ってバイバイするときは、まだまだ涙がこぼれることもあり、私もついつい泣いてしまうこともありますが、息子たちを信じ、成長してくれるとポジティブに捉えるようにしています。

なので、もちろん私もやるばい!!頑張りますので引き続き宜しくお願い致します!

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】出会いの場所グローバルカフェ!!

こんにちは。酒井です😊

先日より徐々にカフェに復帰しておりますが、

復帰当日に嬉しいことがありました!

 

グローバルカフェと同じく福岡市中央区荒戸にオフィスをかまえるMedmain-メドメイン株式会社のCEOの飯塚統さまと社員のお二人にご来店いただきました。

社員のお一人はグローバルカフェオープン当初からの常連様で韓国ご出身のJさま。

 

Medmain-メドメイン株式会社も当カフェと同じくスタートアップとのことで、

英会話カフェタイムのお話を興味深く聞いておりましたら、なんとCEOの飯塚さまとJさまはグローバルカフェで出会ったということ!!

グローバルカフェで出会って、CEOの飯塚さまがJさまに声をかけられたということです。

グローバルカフェがこのような(グローバルな!)出会いの場になれたことがとっても嬉しいです😊

 

Medmain-メドメイン株式会社は九州大学医学部(現在は休学中とのこと)の飯塚さまが2018年1月に設立されたばかりのスタートアップで、主軸となる事業はAIによる病理画像診断ソフトOmegaの開発。また医学生向けクラウドサービスMedteriaの開発・運営を行なっておられるとのことです。去年11月にはシリコンバレーで行われた世界的なビジネスプランのコンテストで優勝もされたとのこと!!

西日本新聞など各社メディアにも紹介されていますのでご興味のある方はホームページを是非覗いてみてくださいね。

 

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】韓国女子旅編

Annyeong haseyo, everyone! The Pyeonchang Olympics and Paralympics were exciting this year, weren’t they? They were really moving! In 2020, they will be held in Tokyo, Japan. I expect that it will be a very exciting time for Japanese people.

Did you know that I’ve traveled to Korea before? Unfortunately, it wasn’t for the Olympics, but it was still amazing!

My trip wasn’t for business; I was there with my friend, on vacation. 

We traveled to Seoul by air. Since Korea is very close to Japan you can find many cheap flights, which makes it easy to get there. By the way, Korean airline jobs (especially cabin crew positions) are very popular among Korean people, so the requirements to work at an airline are very high. The cabin crew are so beautiful even on local flights because of this! Anyway, it took less than an hour to get to Incheon Airport. Incheon Airport is incredibly big and sophisticated, but since it`s quite isolated, we had to take a train to get to the main city. Well, at least the view from the train was nice. We stayed only 2 nights but we had a great time. Seoul actually is not that big. I think this is a good thing – it makes it easy to visit the main tourist spots. The aims of this trip were to enjoy food, sightsee and buy cosmetic products.

I was suprised that there were so many Japanese people. I almost thought I was in Japan! There were many Japanese signs on trains, shopping malls etc., because many Japanese people visit, I guess. Myondon is the most famous town in Seoul; many people who work in Myondon can speak Japanese fluently. I’ve heard that many people who work in Myondon can speak not only Japanese but even Chinese. 

On the street, some people handed out sample face masks in front of their shops, similar to how Japanese people hand out “tisshu pakku”. When we showed interest in the samples, rather than simply giving them to us, they succeeded in getting us to enter the store by asking, “We have lots more inside, why don’t you take a look around for a few minutes?” I was attracted by their beautiful skin, and before I knew it I was leaving their store holding shopping bags filled with their products. There were so many skincare shops. By the way, according to my friend, local people usually don’t go shopping in Myondon because the products there are more expensive than local shops.

Actually, the Korean people who I met in Australia took great care of their skin. They would often use face masks, and sometimes they would even take some thinly sliced vegetables and put them over their face. I met an Australian guy who had a Korean wife. He complained that his wife always took their daughter to the hospital just because she got a pimple:)

I was curious to see how Koreans take care of their skin in the hospital, so we went to see a dermatologist in the city. We were taken to an examination room and a doctor used some tool to pop our pimples… and it HURT! We groaned but the doctor didn’t care! After that, they put medicine on our bleeding faces, and then we washed up at a sink. I thought my skin looked a little bit more clear..? The salesperson from Myondon, the doctor and my Korean friends all said the same thing: “The most important thing to keep your skin beautiful is to have quality sleep, eat lots of vegetables, and exercise.”

The food was great, healthy and reasonably priced; I ate everything from meat to sweets. But the food was so spicy! I finally realized why this country loves spicy food – they put spices in everything! We could find kimchi everywhere and when we went to the supermarket, we could find many kinds of “Shin” ramen. I was interested in their kind of teas as well. There was everything from a sweet “yuzu” tea all the way to regular barley tea. This country has a big tea culture too.

How about “Traffic”? In Korea the traffic lane is on the right, so the Korean people I met in Australia had a hard time switching to the left lane. They would say, “It was a little hard when we started to drive here.” Also, Koreans tend to drive a bit aggressively in general. I thought they drove too fast. Some of my Korean friends told me, “You must be careful when you cross the road in Korea.” One of my friends’ parents passed away in a car accident so I think it`s an important thing to always keep in mind.

I definitely want to visit Korea again. It was comfortable and enjoyable for me. We are actually going to start a new Korean language class at the cafe starting this April. Let’s learn Korean language and more about the culture together!

I really want to talk about Korea more, but I am going to finish here today. Because everything I’ve written here is my own subjective opinion, I really hope you can see it in person, then you can confirm for yourself whether what I’ve said is true. As one of my friend says, “Seeing is a thousand words!”

 

皆様アンニョハセヨー(^▽^)/ 今年の平昌オリンピック,パラリンピック盛り上がりましたね~!それぞれの種目で大きな感動を呼んだ今回の冬季オリンピック・パラリンピックですが、次は待ちに待った東京オリンピック!さらなる期待が予想されますね!さて、今回はオリンピック期間中ではありませんでしたが、一昨年行った韓国旅行についてお話したいと思います!今回は添乗のお仕事ではなく、友人とプライベートで行った韓国旅行についてです。

さて、福岡から飛行機に乗ってソウルへに行ったのですがやはり、韓国のエアラインはLCCもいくつか種類のある行きやすい国の一つですね!ちなみに、韓国のエアライン職業(特にキャビンアテンダント)はすごい人気の職業らしく、身長などもしっかり審査されるらしいです・・。やはりそのかいあってなのか、LCCのキャビンクルーの方々も目を見張るほどの美しい方々ばかりでした・・。さて、1時間かからないほどで韓国のインチョン空港へ到着しました。さすが、インチョン空港。大きい・・なんだか洗練された空港というイメージでした。それでも市内に行くには電車を使って行かなくてはいけないのですが、道中も変わりゆく景色を楽しめます。2泊3日とショートトリップでしたが、この日数があればソウルの要所要所をまわれる気軽さもいいですね(^▽^)/ やっぱり今回のメインは観光と食事と美容です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

驚くことにここは日本かと思うほど、日本人が多かったです。それもあってか、電車や街中の看板には多くの日本語が・・。ソウルの一番の繁華街、明洞ではほぼ日本語が通じます。聞くところによると、明洞で働く方は日本語だけでなく、中国語もできる人がたくさんいるんだとか。通りでは、日本でよく見るティッシュ配り・・ではなくフェイスパック配りがそこらじゅうにいます。ここが一番日本と違うところで、日本のようにティッシュを配るだけでなく、明洞では配っているフェイスマスクを受け取ると、そのフェイスマスクごと引っ張られ「店内にもまだたくさんあるよ!うちの化粧品見ていかないかい?」としっかりアピールしてきます(笑)私も店員さんのツルっツルの肌につられて出てくるときにはしっかりと紙袋を握っていました。それぐらい化粧品関連の店が多いです。さすがですね。しかし、地元の方々はあまり明洞では買物はされないそうです。やはり物価が他と比べて高いので皆さん地元で買ったほうがうんと安いということでした。

ちなみにオーストラリアで出会った韓国の方々は、しょっちゅうフェイスパックしたり、野菜を薄く切って顔に貼り付けたり・・。とある、オーストラリアで出会った韓国人の奥様を持つオーストラリア人の方は、”子供がニキビができたぐらいですぐ病院に連れて行くというから困ったものだ”、とぼやくほどお肌は命!なんですね~。

そんなお肌命の韓国ですが、一体どんな治療や美肌ケアをしているのかと思いさっそく、市内の病院へ行ってきました。病室に案内されると先生がニキビの一つ一つを機械を使ってつぶしていくのですがこれが地味にとても痛いです。声にならない叫びをあげてもおかまいなしで、どんどんつぶしていきます。その後血だらけになった顔に薬を塗ってしばらく放置し、洗い流して終了です。こころなしかちょっと肌きれいになったかな?という感想です。しかし、みんな口をそろえて言うのが美肌には絶対”水分補給、野菜、そして睡眠”だそうです。

さて、グルメですがやっぱり本場ということもあって、何を食べてもおいしかったです。お肉からスイーツまで食べつくしましたがヘルシーでよかったですね。そして、お値段もリーズナブルで最高でした。しかし、辛い・本当に辛い食べ物を好む国だと納得しました。どこにいってもたくさんのキムチが置いてあるし、スーパーに行けば、日本にはないたくさんの「辛」ラーメンシリーズが置いてあります。そして面白いなと思ったのはその種類と同じだけたくさんの「お茶」がありました。そのお茶も柚子茶の様な甘いものから、麦茶まで・・・ここにもお茶文化が根付いていました。

交通ですが韓国は右側車線です。なので、オーストラリア(オーストラリアは左側車線)で出会った韓国の方は最初は運転するときに違和感を感じると言っていました。しかし、それ以前に車の運転が荒い傾向にありました。私が滞在していた町の車は、ちょっと速すぎじゃないか?というほど飛ばしてました。実際、何人かにお話を聞いたところ、韓国での運転は荒いから気を付けてねと言われたり、交通事故でご家族を亡くされた友人もいました。以外と知られていないので皆様もご旅行の際はお気を付けくださいね。

さて、いかがでしたでしょうか?たくさんの国を旅行してきた中で韓国は私がもう一度行きたい国ナンバーワンに輝く国です。それほど、私にとっても過ごしやすく、楽しめる国でした。また実は4月から新しく韓国語講座を開く当カフェなので、言語を通じてぜひ韓国を学んでみましょう(^▽^)/

まだまだ書き足りませんが、今回は簡単にまとめさせていただきました。これらはすべて私の主観的なものや、一部の友人を通したものですので、やはり百聞は一見にしかず、ということでぜひ行って見てくださいね(^▽^)/

 

   

    

【元添乗員ふきこのブログ】天才!ふきこ動物園

Hello everyone! So today I want to talk about the animals that I met while I was on business, to give you a heartwarming feeling.

The first animal is the “Nara Park Deer”. They are very famous, aren’t they? Once upon a time, one of these deer were treated as a sacred animal that the God rode upon. These deer are treasured as they were passed down by God. That’s why there are many deer in the park.

I have been there many times, and every time I go, I step on deer poo, or as I call them, “bombs”. There are many deer in Miyajima, Hiroshima too. But Nara Park’s deer have an interesting characteristic. They bow to us when we hold food up high for them. But If you do it many times without giving them the food, they will headbutt you. You have to be careful. (I have been headbutted before.)

 

The second animal is cats, which are called the “real manekineko”, on an island near Karatsu-city, Saga. For those in the know, this place is famous for the lottery winning god there. We can go there only by ship which gives it a more sacred feel. Why did my customers want to go there so much? Why did I get chosen to take them? I still have no idea, but I wanted to get rich. ( ´∀` ) I thought I would take the opportunity, even on business, to pray to the lottery god myself. This island is really small. You can go around the whole island in about 20 minutes if you focus on the main parts.

After I finished showing my customers around, I went to see the famous manekineko cats in the souvenior shop. Their names are “Fuku-chan(福ちゃん)” and ”Kane-chan(金ちゃん)”. In the shops, we can buy a small drawstring bag containing a lottery ticket. When we buy a bag, which has the cats drawn on it, the shop owner holds the bag up to the cats, the cats stand up to grab the bag! These are the same paws whose prayer gave luck to the lottery winners. Lastly, the shop owner rubs the bag on the cats’ bodies. 🙂 I bought a lottery ticket full of expectation, but I couldn’t win even 1 yen. We shouldn’t make profit by exploting others. (;^_^A

 

The third animal is the “Giant Rabbit” that I saw in a zoo. When I found it, I thought it was a cat because it was the same size as a cat. But actually, there are rabbits the size of pigs! I took a picture to see how big the rabbit was compared to me, but my face was as giant as the rabbit, so it didn’t work. But normal rabbits are supposed to be smaller. 

 

The last animal is “The Rats”. Unfortunately, I forget the name of rat species, but they have an interesting characteristic. When I put in my hands in the box of rats, they climbed my arms. They were the same size as hamsters, so I felt like I was holding many hamsters in my hands. They didn’t bite me; they just moved around my arms and hands. They were so cute! If you know the name of those rats, please tell me!

 

All the animals are so cute, aren’t they? I found out about them because I was a tour guide, so I could get the chance to experience many new things.

I’m looking forward to seeing you again at the cafe.

 

 

皆さんこんにちは!(^▽^)/ さて今回は皆様にほっこりしてもらうため、添乗先で出会った「動物」たちを紹介したいと思います(*^▽^*)

まずは1匹目。「奈良公園の鹿」です!とても有名ですよね(^▽^)/ その昔、神様が乗って地上にいらした動物として「鹿」は神聖な動物として扱われていました。その名残として今でも、奈良公園には多くの鹿がいます。

私もかなりの回数行きましたが、いつも鹿の糞(通称、爆弾)に悩まされていたのが懐かしいです。また広島の宮島にも多くの鹿がいますが、奈良公園の鹿だけ、エサをあげるときエサを鹿の頭上にかざすと、頭を下げてお辞儀してくれます。ただし、何度もすると頭突きされますのでお気を付けください。(経験済み)

 

では、2匹目。こちらは佐賀県唐津市の少し離島にある「宝当神社」の「リアル招き猫」ちゃんです。こちらは知る人ぞ知る、宝くじ祈願の場所です。船でしか行けないというところもまた神聖な感じがしますね。なぜ、添乗先でここなのか、なぜ私だったのか、今だ謎ですが、私も一獲千金を狙う金の亡者です( ´∀` ) 添乗でもあやかる気満々でした。さて、この島は要所だけをまわれば、20分くらいで行けるほど小さな島です。

私も、お客様にご案内した後こっそりお参りして、その「リアル招き猫ちゃん」たちに会いに行きました。小さな売店にいる猫ちゃん達。その名も「かねちゃん」と「ふくちゃん」です。この2匹の絵が描かれた袋(中には宝くじ入り)を買うと、その売店の店主の方が猫ちゃんたちの頭上に袋をかざします。すると、猫ちゃん袋を掴むためにスクッと立ち上がってくれます。この手こそが、何億円という大金を掴む手なのか・・と感動しました。その後も、とどめとばかりに、店主さんが袋を猫ちゃんの体にすりすりしてくれます。(笑)さて、意気揚々と帰りに宝くじを買って袋に保管していましたが、結果一円も当たりませんでした。やはり人のふんどしで相撲をとってはだめですね(;^_^A

 

それでは3匹目、こちらはとある動物園で見つけた「ジャイアントラビット」です。最初見た時「猫!?」と思ってしまうほど大きかったです。しかし、もっと大きいのになると、豚サイズのまでいるということなので、びっくりですね!一応比較のため一緒に写真を撮ってみましたが、私の顔もジャイアントだったのであんまり比較になりませんが、本来のウサギはもっと小さいです。

 

それでは、最後は「ネズミ」です。このネズミの種類と名前を忘れてしましましたが、とても面白い生態をもっていました。ネズミが大量に入っていた箱の中に手を差し出すと、一斉に手を登ってきます。サイズもハムスターサイズなので、たくさんのハムスターが手の中にいるような状態でした。噛んだりすることなくちょろちょろ動き回る姿はとっても可愛いかったです。もしこのネズミの種類や名前を知っている方がいらしたらぜひご一報くださいね(笑)

 

さて、いかがでしたでしょうか?やっぱりどの動物たちもとってもかわいいですね!こういった機会を得られるのも、この仕事の醍醐味だったかなとしみじみ思います。

それではまたカフェにて皆様のお越しをお待ちしてます\(^_^)/

 

  

 

【元添乗員ふきこのブログ】Always~三丁目の夕日~

Hello, everyone! How have you been? It’s still super cold these days. My blog is a little short this time, but I want to introduce my favorite place to you.

It is “Showa no machi” in Bungo-takada City, Oita. This town has been in the news recently; have you heard of it? “Showa no machi,” as its name suggests, symbolizes the Showa period. The town replicates the feel of 1950’s Showa and the goods from the Showa period are exhibited there.

 If you don’t know what it was like in Showa during the 1950’s, you might want to watch “Always ~ the sunset of 3-chome”. It will help.

 Anyway, I have been there once, and I was suprised how much it really felt like the “Showa” period. There I found the bonnet bus and the signs at the entrance which were reproduced from the original design as faithfully as possible. There is also a bookstore, a school, a candy shop, a Suzuki auto shop, and a family house. All of these were reproduced from the original designs. They are exhibited alongside some mannequins(manikins) which are dressed up in clothes from those days. It is the perfect place for reminding us of how life was in the past.

Oita also has many hot springs. In Nakatsu there is the famous Karaage, and in Usa is the Usa shrine. These are all near “Showa no machi” so please visit those places also as well.(^▽^)/

I can give you some advice if you decide to go, and recommend some good places(^_-)-☆

I hope you can learn about the charm of traditional Japanese culture and use this knowledge as the foundation to expand your sense of global cultures.(^▽^)/

 

 

 みなさまこんにちは!まだまだ寒さが続くこの頃ですが、いかがお過ごしですか?今回は少し短めですが、私のお気に入りの添乗先をご案内したいと思います!

 それは、大分県豊後高田市にある「昭和の町」です。最近テレビなどでも取り上げられるようになった町ですが、皆様ご存知ですか?その名の通り、「昭和」をテーマにした街で、街中や商店街がそのまま昭和30年の時に再現されており、実際に使われていたものも展示されています。

  昭和30年代・・・?ピンとこない方は、映画で大ヒットになった「Always~三丁目の夕日~」を思い出していただけるとわかりやすいと思います。

 私も実際行って見ましたが、町の入り口から昭和感あふれる看板やなんと当時仕様のボンネットバスまで走っているので、当時さながらの雰囲気でした!またこだわっているのは町風景だけでなく、あの車屋さんの「鈴木オート」や、学校、本屋、駄菓子屋さん、そして当時を完全再現した家の中や、当時の服装をきたマネキンなど多く展示されています。 

 古き良き時代を思い出せる場所としては売ってつけの「昭和の町」。また大分ということで、温泉に中津から揚げに宇佐神社に・・とたくさんの見どころ満載の場所の近くにあるので、ぜひ行ってみてくださいね(^▽^)/

 お勧めルートやご希望に合わせた観光地などもご相談にのります(^_-)-

 日本の魅力をより知り、それをベースに皆様がよりグローバルな感覚を広げていっていただけたらと思います(^▽^)/

 

  

  

    

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】~ベトナム旅行記~

Hello everyone and Happy new Year(^▽^)/ How did you spend your New Year’s holidays? In my case, I watched “Kouhaku Utagassen(紅白歌合戦)to see Amuro-chan, and I cried loudly on New Year’s eve. (I am a big fan of Amuro-chan) I went shopping to buy “lucky bags” with my friends after New year’s day.

By the way, I was in Vietnam at this time 2 years ago for a school trip. I’m going to talk about this and the culture-shock I experienced, and give you some recommendations!

 

1  Many motorcycles

We never see this in Japan. When I went to Taiwan, I was suprised because there were many more motorcycles compared to Japan.  I couldn’t even cross the crosswalk by myself, and they didn’t stop in spite of my crossing. I mean, while I was crossing, they were still driving as if I wasn’t there.( ´∀` ) But when my students were crossing the crosswalk, I had to stand in the middle of the crosswalk to protect them. It was so scary.

 

2 Everything is cheap 

I recommend that you buy leather things and coffee. As I usually do, I went to the downtown to go shopping… I mean… study when I got a break time. Anyway, we could get those items for almost half price or 30% off compared to Japan. (It depends on which stores), also the quality is good. I thought that ” I might be able to buy brand items cheaper than Japan!? “So I went to “Chanel”, and I found out that those prices were the same price as Japan. I ran away from there in less than 2 minutes. By the way, speaking of Vietnam, not only “Pho” is  famous but also coffee too. Vitetnam is ranked second in the production of coffee in the world. Subjectively, Vietnam’s coffee has deep aroma, a litttle strong but also a little sweet. Please try it sometime!(^_-)-☆ By the way, I want to recommend beer which called “333”(Ba-Ba-Ba-) .This taste is similler to Japanese beer.

 

3 Food

I think some foods in Vietnam have a peculiar taste. I mean, those foods are made using many unfamiliar spices for us, so some foods can taste too strong for us. For example,”Pho”. We usually eat it at restaurant or convenience store in Japan, and it is seasoned to suit us, but when I ate it in Vietnam, it was made to their seasonings and Pakchis, so it had a stronger taste than Japan. Other dishes were almost the same. So, please give them a try whether or not they suit your taste. By the way, my favorite food was “Fried snakehead Mullet”, which is a type of fish. The fish was about 30cm. It’s body was skewered and deep fried, then put on a plate. So, we eat it whole on the same plate!

 

4 War

There were many buildings which remind us of the many wars in Vietnam. I went to the “war museum” in the city and a place called “Kuchi”, where Vietnamese people fought Americans during the war. The guide took us to a long underground tunnnel which was used to hide from the enemy. The guide told us how they fought America, who had the more modern weapons, and showed the clothes which they used to wear at that time. I was so suprised by their wisdom and bravery to win, despite the overwhelming odds. 

At the war museum, there were many bodies of preserved dead babies in formadehyde in the exhibit. Some students felt sick. In one of the exhibitions, there was a picture of “Beto-chan and Doku-chan” who became famous in Japan. At the night of the day, Doku-chan came to our hotel to make a speech for us. There was a translator and he made a speech about how cruel the war was, and how he hopes it won’t ever happen again. We all were moved by the speech. Then, my chief asked me to take him to the dressing room after the speech, so fortunately I could take some pictures with him. 🙂

 

Extra edition

By the way, I realized something while I was staying in Vietnam. No bird flew in the town. I have never seen “pigeons” which familiar to us in Japan. I asked the guide who sat next to me and she said “Ah, yeah. Maybe if they fly around there, they will be caught and eaten.”….I see. I got it.

Anyway, Vietnam is very attractive country as you can read. Nowadays, many Japanese companies are expanding to Vietnam, and the country is becoming more and more developed. I can’t write about all that I ate and experienced, so I hope I will be able to talk to you all at the cafe(⋈◍>◡<◍)。✧♡ See you then(^_-)-☆

 

 

皆様明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします(^▽^)/ さて、今年の年末年始皆様いかがお過ごしでしょうか?ふきこは年末は紅白で安室ちゃんを観て大号泣(こう見えて安室ちゃんの大ファン)して、年始は友人と心機一転して、デパートの福袋争奪戦に参戦して参りました。

さて、約二年前の1月、私はベトナムに修学旅行の添乗に行っていました。今回はこの話をしていこうと思います。私のカルチャーショックやおすすめしたいものなどをお伝えしたいと思います!

 

1バイクが多い

日本ではまず見られないほどです。台湾に行った時もバイクの多さにびっくりしましたが、それを上回る多さです。横断歩道も怖くて一人では渡れません。しかも渡ってても止まらない( ´∀` ) なんといいましょうか、、渡っててもゆっくりしたスピードで突進してきます。さすがに、生徒たちを渡らせるときは体を張りましたが怖かった思い出があります。

 

2物価が安い

やっぱり物価が安いのは魅力的ですね!私がお勧めしたいのは、ずばり革製品とコーヒーです。例にもれず、休憩時間をもらえば弾丸のごとく街中へ買い物・・勉強にいそしむのですが、革製品が日本の約3割から半額近い値段で買えます。ノーブランドでも、もちはいいですよ★(お店によります)。物価が安いことをいいことに、まさかブランド品も安いんちゃうんか!?というやましい気持ちで、シャネルに入ったら普通に日本と変わらない値段で2分で退散しました。さて、ベトナムと言えばフォーも有名ですが、コーヒーも有名です。なんと生産量は世界第二位です。個人的な意見として言えば、ベトナムのコーヒーは香りが深く、味もしっかりした少しストロングでもあり、その中に甘さもあるおいしいコーヒーでした。ぜひ、参考にされてくださいね(^_-)-☆ ちなみに、ベトナムの「333(バーバーバー)」というビールもお勧めです!日本のビールに似ていてとてもおいしかったですよ。

 

3食べ物の好き嫌いがはっきり分かれそう

これは個人の好みに分かれると思います。というのも、やはり日本に馴染みのない調味料などを使っているので意外と本場の味って濃いんですよね。例えば、「フォー」。本場のは、日本のコンビニで売っている日本人向けの味ではなく、本場の調味料、そしてパクチーもふんだんに使っているのでなかなかクセが強いです。ほかも口に合えばとってもおいしいし、合わなければあわないと思います。ちなみに、私のお気に入りは「雷魚の姿揚げ」です。役30cmほどの雷魚をその姿のまま串にさして素揚げします。なので、お皿に盛られるときはお皿に串ごと垂直に置かれるので、テーブルのみんなで身をほじって食べました。(笑)

 

4 当時の戦争を物語るものが多くある

過去に何度か戦争が起きたベトナムではいくつかの戦争を象徴する場所や建物があります。私は今回ホーチミンから少し外れた「クチ」という当時アメリカ軍と戦った痕跡が多く残る場所と、市内にある「戦争博物館」へ行きました。クチでは有名な地下トンネルや、当時最新の武器で攻撃してくるアメリカに対してベトナムが行った戦い方などや服など多くのものが展示されていました。当時圧倒的な戦力の差の中で、現地の方が振り絞った知恵の数々にただ驚愕しておりました。また、戦争博物館では、戦時中の生々しい写真やホルマリン漬けの赤ちゃんの死体などが展示され、数人具合が悪くなる生徒さんたちがいました。その中には、日本でも有名になった「ベドちゃんドクちゃん」の写真もありました。さて、その日の夜その「ドクちゃん」さんが講演のためホテルにいらして下さいました。お話は通訳を介してでしたが、いかに戦争がどんな悲惨さを引き起こすか、もう二度とこんなことが起きてほしくないと身をもって思っている、というお話にとても感動しました。その後、控室にご案内という仕事を受けたことをいいことにこっそり写真を一緒に撮らせていただきました。(笑)

 

番外編

そういえば街中を走っている途中で気づいたことが一点。街中に鳥が飛んでいません。日本でよく見かける「ハト」一回も空を飛んでる姿を見たことがありませんでした。隣に座っていた現地のガイドさんに聞くと、「あー、そういえば見ないですね。たぶん、もし飛んでたらすぐ捕まえられて食料になっちゃうからじゃないでしょうか?」・・納得。

このように魅力たっぷりなベトナム。今や日本も多くの企業が進出し、さらに世界にも大注目されてます。ここに書ききれないほどもっと多くのことを経験したり見たり、食べたりしましたが、詳しくはカフェでみなさんとたくさん話せたらいいなと思います!(⋈◍>◡<◍)。✧♡ それではまたお待ちしております(^_-)-☆

 

 

 

 

 

【Thank you very much for your support in 2017!!】

Last Sunday we had a special charity day at the cafe. We were very happy to see that many customers also supported the idea, and turned up to contribute to a good cause. Thank you very much for your support! It was such a good way to finish off this year. All money collected went towards UNICEF.

Also big thanks to Thomas, Keith and Rintaro for contributing to our charity day. Our popular facilitators, Thomas and Keith, are students here and make their living by themselves, so they don’t have much spare money. But despite that, they gave up their time to participate in this charity day! Rintaro, our new staff also contributed a lot.

We would like to use this opportunity to say thank you to all our customers here.

Thank you very much for your support this year.

We wish you all a happy New Year with much love and laughter!! 

We are looking forward to seeing you at Global Cafe next year!

 

先日、24日はクリスマスチャリティーを開催しましたが、たくさんの方に趣旨に賛同してお越しいただき、本当に有難うございました。2017年の締めくくりとして大変いい日となりました。売上金(クラスを除く英会話カフェタイムの売上金18,500円)は全てユニセフに寄付させて頂きました。

当日、チャリティーに参加してくれたトーマス、キースと凛太郎くんにも大感謝です。カフェの人気者のトーマスとキースは、学生なのでいつも「お金がない、お金がない」と言っていますが、チャリティーにすすんで参加してくれて、本当に嬉しく有難いです。新人の凛太郎くんも大活躍してくれました。

 

皆様、今年も大変お世話になりまして有難うございました。

来年も素晴らしい年になりますように!

来年またグローバルカフェにてお会いするのをスタッフ一同楽しみにしております。

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】Christmas Charity / クリスマスチャリティー開催の思い

(英文の下に日本語文もあります)

As announced, Global Cafe is holding a fund raising event on Sunday, Dec 24th. This Sunday will operate the same as usual (Cafe time English) but all the money collected will go towards charities such as Unicef.

I would like to write a little about this charity event to explain its purpose.

Being a non-religious person myself, I have always felt rather strange about making a big deal of having parties on Christmas day. (Of course, I respect people who celebrate Christmas.) In my adulthood I have come to realize that I don’t really like how commercialized Christmas is..

However I have many good and warm Christmas memories with my family from childhood. When I was little my parents bought me Christmas presents and we ate Christmas cake together every year. I believed in Santa Clause as well. Even today, I still enjoy the warm Christmas atmosphere with friends and family..

So I thought it would be a good idea to use Christmas to hold a charity event for children in need who aren’t able to spend Christmas day with their family, children who need financial support for education or those whose lives might be threatened. It would be great if we can contribute, if only just a little bit, and we can feel like we are offering a small, but hopefully meaningful Christmas for them.

All money paid by customers on the 24th goes towards charities (Unicef), so please come and join us!

 

こんにちは。酒井です。

お知らせしています通り12月24日(日)はクリスマスチャリティーを開催します。そこで簡単に今回のクリスマスチャリティーを開催するにあたっての思いを書かせて頂きます。

私は物心ついたときから、クリスチャンでもない自分がクリスマスにパーティーをしたり、ケーキを食べたりして、それ風に過ごすことに何となく違和感を感じていました。それに商業的なクリスマスもあまり好きでなくて、「クリスマス商戦には踊らされないぞ」という感じで過ごしてきました。

クリスマスを楽しんだり、お祝いする方たちに対してはもちろん敬意を持っていますし、私自身、子どもの時に両親と過ごした温かいクリスマスの思い出(家族で食べたケーキや両親にもらったプレゼント)があり、サンタの存在も信じていましたし、本来のクリスマスの温かい雰囲気がとても好きです。

そこでクリスマスは、クリスマスも家族と過ごせない子どもたち、勉強したくてもできない子どもたち、生命が脅かされている子どもたちに、心ばかりのクリスマスプレゼントとして、寄付活動ができればいいなと考えた次第です。

24日当日は普段のカフェタイムとまったく同じ営業スタイルですので、みなさまはいつも通りでお越し頂けます。

そして24日のカフェタイムの売上の全額をユニセフに寄付させて頂きます。

トーマスとキースが皆さまのお越しをお待ちしております!

【元添乗員ふきこのブログ】~25 year old’s Christmas~ 25歳のクリスマス~

Hello,everyone! How have you been recently?  It is getting biting cold, and Christmas is coming which makes those of us without a significant other even colder inside. Christmas songs are playing everywhere, which marks the beginning of the season. 

When I was a tour conductor, can you guess how I spent my Christmas? I was in ‘Tokyo Disney land’,of course on business. The job description was to patrol inside the park and keep an eye on the tour groups. Everyone told me ‘ You are so lucky! You get to go to Disney land for free!’, but I was tired of it.

Also, everyone was wearing Mickey mouse ears, or another character’s costume,but I was dressed in a black suit holding a briefcase, so I stood out and looked strange. Sometimes, I felt disappointed when I met the characters and they bowed to me instead of waving in character like normal. For me, I was in the dream world but unaffected by the magic. I much prefered looking for good looking Disney princes.

When speaking of Christmas, it often reminds one of “Christmas Presents”, or the time that children have been looking forward to all year. I wonder what has changed between modern and old gifts?

When I was a child, toys were popular and children wanted electronic games like “the first Tamagocchi” and “Game boy” and also collecting “Bayblade” and rare “Pokemon medals”.

These toys are being developed still and new versions are being created. This Japanese innovation is even recognized by overseas companies.

For example, girl’s dolls who can understand your emotion by the tones of your voice and also reply, or toys that can make actual sweets without the use of heat, and robotic dogs who have a receptacle for your phone where its head is supposed to be and the dog’s movements as well as facial expressions are controlled by your phone.

Those are high-technology and interesting products, but I personally think children should play outside with their friends.

After Christmas, you will probably be busy because of New Year’s cleaning. But please drop by our cafe for a break. Also, please come to talk to Fukiko for advice about your Disney land and USJ trip.

It is a little bit early to say but, Merry Christmas and Happy new year!

 

皆さん、こんにちは!最近いかがお過ごしですか?もう冬本番ですね。寒さが身に沁みますが、さらに独り身には心に沁みるクリスマスがもうすぐやってきます。街中ではクリスマスソングなども流れてもうそんな時期かと気づく方も多いのではないでしょうか?

さて、今までの私の過ごし方はどうだったかというと、毎年東京ディズニーランドにいました。もちろん修学旅行でのお仕事です。園内に入って、ただひたすら園内をパトロールする仕事です。よく「タダで行けるからいいじゃない!」なんて言われますが、正直何回も行くと飽きます(笑)

しかも、頭にかぶり物をかぶっておしゃれをしている人達の中でダークスーツに書類をひっさげたのが一人いるとかなり浮く上、すれ違うぬいぐるみキャラクターたちから軽く頭を下げられて会釈されたときは複雑な気持ちでした。夢の国にいながら全く魔法がかからなかった私は、巡回というよりも、キャラクターのイケメン王子を探し彷徨い歩いていました。

さて、クリスマスと言えば子ども達も楽しみな「クリスマスプレゼント」がありますね。今現代と昔ではどのように変わっているのでしょう?

私が小さい時の人気のプレゼントでいえば、初代たまごっちやゲームボーイなどのゲーム類、もしくは「ベイブレード」「ポケモンメダル」などレアなコレクションなどが子どもたちが欲しい代表でした。

現代では、昔のおもちゃをベースにして進化しています。その評判は海外からも認められるほどのハイスペックです。

例えば、女の子向けの人形も、話している人の声のトーンで感情を読み取り返事をするものや、お菓子が火などを使わずに本格的にできるもの、さらには顔だけ空いた犬のぬいぐるみの中にスマートフォンを入れると機械と連動して動き出すおもちゃなど様々です。

おもちゃもハイスペックで面白いですがやはり子供は風の子!外に出てたくさん友達と遊ぶこともなた大事なことであるとしみじみと思います。

クリスマスの後は年末の大掃除で忙しくなりますが、ぜひ息抜きに当カフェにお越しください!また、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオジャパンの攻略法のご相談もカフェにて随時フキコが承ります(笑)

それでは、一足早いですが、Merry Christmas and Happy new year!