【ビーチ紹介】Vol.1 Manly Beach

1.概要

Manly Beach(マンリービーチ)は、シドニーのNorthern Beachesの南端に位置するビーチで、オーストラリアでも最も有名で美しいビーチの一つです。

シドニーの海の玄関口であるCircular Quay(サーキュラーキー)港から市営フェリーで約30分、ロードサービス等のサービスを提供しているNRMA社が運営するManly Fast Ferryで約20分で行ける非常に近いビーチです。

市営フェリー情報: https://transportnsw.info/routes/details/sydney-ferries/f1/090F1

Manly Fast Ferry情報: https://www.myfastferry.com.au/manly-fast-ferry/manly-circular-quay/

 

2.地図

フェリーでManly Warfに到着すると、そこにはお洒落でエキサイティングな別世界が広がります。

(地図出典:https://hellomanly.com.au/our-region/directory-maps/ )

Manly WarfからManly Beachを東西に結ぶThe Corsoには飲食店やサーフブランドのブティックが並び、休日には多くの観光客で賑わいます。

Manly Beachは大きく南北にSouth SteyneとNorth Steyneとなっており、North Steyneを北に歩くと美しいQueenscliffが隣のFreshwaterビーチとManly Beachを隔てます。

逆にSouth Steyneから10分ほど南に歩くと波が穏やかなShelly Beachがあり、小さい子供を連れた家族が海水浴を楽しんだり、シュノーケリングをする人で賑わいます。

 

 

3.美しいManlyの景色

(1) Manly の夕暮れ

とにかく夕暮れのManlyは綺麗で幻想的。この時間帯に散歩をすると心が洗われます。

 

(2) QueenscliffからのManly Beach

北のQueenscliff側からManly Beachを眺めると、シドニー湾の入口の北側にそびえるNorth HeadやInternational College of Management Sydneyのキャンパスやを奥に臨みながら、Steyne通りのNorfolk pinesの松並木と海岸線が映えます。

個人的には、こちらからのManly Beachが好みです。

4.隠れビーチ

Manly Beachの周辺には、実は小さなビーチがたくさんあり、20個もあるとの噂も!

Shelly BeachやWarfの横のManly Coveは有名ですが、いくつかの隠れビーチを紹介したいと思います。

(1) Collins Beach

North Headの付け根にある知る人ぞ知る隠れビーチ。とにかく静かで、人が少ないのでおススメのビーチです。

シドニー湾内に面しているので、波もほとんどなく、子供と遊ぶのに最適。息子の友人の誕生日会がこのビーチで行われたこともあります。

 

 

【オーストラリア生活】My thoughts on the self-isolation

The Australian government succeeded at keeping Coronavirus under control and we’ve had only about 10 new confirmed cases per day lately.
Toshi’s kindergarten will start full-time again next Monday which is quicker than the state’s original plan.
It is a little strange to go back to normal life but I feel I can adjust to it quickly.

During the self-isolated time, I became comfortable and lazy quite quickly.

Although, the first two weeks of quarantine were such a struggle. My thoughts became pessimistic and I started to imagine that the situation would last forever. Many things that I used to take for granted were gone. I really wondered why I had even come to Australia. My kids were not going to kindergarten or daycare and my husband was working from home. I wasn’t there mentally.

Now, after the third week, the quarantine has become the new normal and I have somehow just accepted everything that has happened. Although I am a person who enjoys going out, I don’t have any issues with this self-quarantine and I have even started to find it rather comfortable. I have found peace being with just family. That I have become normalized is the most disturbing thing for me as it is not a situation anyone should be OK with. Why am I not more defensive?

Thinking about the future, I can’t visualize what life’s gonna be like after this pandemic. I don’t know if people are gonna hug and embrace each other again or is social distancing gonna become the new norm. Finally being able to meet others in person is very exciting but the uncertainty of the post-Corona world is alarming and scary.

If you are blessed enough to have a support system and have been able to keep yourself productive, I think this isolation is a little like meditation. You’re bound to have some self-improvement as there is nothing to do but be with yourself. This is definitely a benefit and exposes many aspects of ourselves that have been hidden until now. Lots of people are finding out what they are really like and are not happy. They are unhappy with their lifestyle before Corona came and want to make changes from now.

Not only the outlook on the government but, people’s outlook on life will be forever changed because of this crisis. It happened so very quickly. In a blink of an eye, everything changed. There are no rules to it and the Coronavirus doesn’t care about our expectations or what is fair. When everything first started happening I just couldn’t get my head around it. We just had to accept it and hope it will come to pass.

Now, hopefully, life will start to get back to normal here in Australia. I am very lucky and I am extremely grateful that I could endure the Coronavirus safely and without many difficulties. At the same time, I have already started to take things for granted again. At the end of the day, you forget things easily!

【オーストラリア生活】5 things in Japan that I miss living in Australia オーストラリアで欲しい日本のもの5

こんにちは😀酒井です。

今日はオーストラリアに住んでいて、「オーストラリアにもあったらいいのに」と思うものを5つあげてみました。

何だと思いますか?

英文の下に日本語意訳とボキャブラリーもつけていますので読んでみてくださいね。

 

Hi everyone! How is it going?

Today I will write about what I miss about home living in Sydney.

In Sydney, most things I used and was familiar with back in Japan are also available here so I don’t feel much inconvenience or a need to get something from Japan.
Moreover, thanks to technology, everything is much easier than when I lived here more than 10 years ago. By using LINE videophone, you can talk with your family or friends any time for free. Also, the internet enables us to access Japanese news so Japan feels closer and I don’t feel homesick.

There are still a few things in Japan that I miss:

1, Cleanness in public toilets
For this one, I mainly blame Japan for being so very clean. Japan is known for being clean and safe. So if you go overseas and complain about cleanliness or safety, you should stay in Japan.

2, Washlets
Washlet is the name of a product made by the Japanese toilet company TOTO. It is used for cleaning your nether region after you use the toilet. The complaint is actually coming from my husband who is suffering from chronic pain in his lower region. I can cope without it, but always wonder why the product doesn’t become common outside of Japan even though TOTO is working so hard to promote it worldwide.

3, Delivery service which actually delivers to your door
I was so shocked when my husband told me that he found his golf bag, which I sent from Japan using EMS, in front of our front door. There were other occasions that our parcels were left at the apartment’s main door, or even outside of the auto-locked door. Sometimes when you are lucky, the delivery person rings the doorbell, but they still just leave it there without even talking to you. It’s kinda annoying when you have two children and wear at-home clothes and have to change to collect the parcel.

4, Thinly sliced meat in a supermarket
It is crucial for everyday-Japanese cuisine. Every common Japanese dishes such as Nikujyaga, Shogayaki or Stir-fry dishes have thinly sliced meat in it. I have tried making them with block meat but it didn’t work.

5, Moisture and rain
There are many bushfires here now and this country really needs some rain. I generally miss the moisture because this dry weather is too harsh for me who has grown up in a country of moisture. I am happy when I can hang up my laundry before going to bed and it is dry the following morning. But it still doesn’t outweigh the bad side.

There are more things I kinda miss, such as convenience stores or brilliant customer service.
In Japan, convenience stores are, as the name implies, very convenient. They are open 24/7 and offer lots of services such as copy machines, ATMs, and delivery services. However when I think about those who work there through the night, maybe the service is not necessary. I don’t like it when someone has to sacrifice their lifestyle for convenience.
Japanese extremely good customer service and punctuality of public transport are also well-known worldwide.
However, it sometimes comes across as over-the-top to me. I sometimes prefer the frank, equal-status relationship service here in Australia.

After all those complaints, I should emphasize that the most important things when you live overseas is to look on the bright side and you should see the glass as ‘half full’ not ‘half empty’.
This is the key thing to stay happy when you are away from home!

 

enables XX to —         XXが—できるようにする。 XXが—-することを可能にする

blame XX for —-        —-をXXのせいにする

nether region    (俗)下半身、股間

chronic    慢性の

lower region   (俗)下半身、股間

cope   うまく対処する  例:How do you cope with the heat? どうやって暑さをしのいでるの?copeの代わりにhandleを使ってもいいです。

promote (上記の文脈では)販売促進する、宣伝する

crucial      極めて重要な

harsh   厳しい

outweigh  (重要度や価値が)上回る 例:The benefits outweigh the risks. リスクよりも利点の方がはるかに多い。

as the name implies 名前の示す通り *implyは暗示する、ほのめかすという意

24/7      24時間年中無休で、毎日24時間、週7日ずっと

sacrifice —-       —-を犠牲にする

punctuality    時間を守る几帳面さ、(電車など)時間通り運行されること

well-known    有名な、広く知られた

come across as —  –だと思われる、–という風にみられる

over the top               やり過ぎ、度を超えた

half-full / half-empty glass  半分水が入ったグラスを見て「半分満たされている=half-full」と捉えるか「半分空いている=half-empty」と捉えるかを人生や物事の味方に例えた表現。「half-full」と捉える方が楽観的でポジティブ。「half-empty」と捉えるのは悲観的、ネガティブだといわれています。

 

今日はオーストラリアに住んでいて「日本のこんなものがオーストラリアにもあったらいいのに」というものを5つあげてみました。

オーストラリアは先進国で日本人居住者も多いので、何でも売っているし、
日本のものも手に入るのであまり不自由は感じていません。
またテクノロジーの発達のおかげで、LINEテレビ電話で日本の家族や友達と無料で話せますし、
インターネットで日本のニュースを読んだりもできるので、ホームシックにかかることもありません。
私が10年以上前にオーストラリアに住んでいたときとだいぶ違って有り難いです。

では、それでも欲しいと思うものは何でしょう。

1、キレイな公衆トイレ
これはもうしょうがないですね。私はむしろ清潔すぎる日本のせいにします(笑)
日本は世界一、清潔で安全な国ですから、日本以外の大抵の国は汚く感じてしまうことが多いです。
海外に行って清潔さや安全について愚痴るのなら、日本にいた方がいいかもしれません(苦笑)

2、ウォシュレット
ご存知 TOTOのウォシュレットですが、何故か海外では全然普及していません。
これは私というより、お尻の痛みに苦しむ(苦笑)主人の意見です。
それにしてもウォシュレットはどうしてこんなに海外で普及しないんでしょうか。
TOTOさんは海外でのマーケティングも頑張っているみたいなのに。

3、部屋までちゃんと運んでくれる宅配サービス
日本では部屋まで届けてくれるのが当たり前と思っていましたが、こちらでは当たり前じゃなかったです。。
一番驚いたのは、EMSで日本から送った主人のゴルフバックが玄関の前に放置されていたこと。
EMSの宅配便でもそうですから、普通郵便やアマゾンだとマンションの下の共用スペースに荷物が放置してあったり、ひどい時はオートロックの外に置かれていることもあります。
運がいい時は配達員の人がインターホンを鳴らしてくれますが、下まで取りに行くのは一緒です。
部屋着を着替えて、キッズ二人を連れて1階まで荷物を取りに行くのはなかなか面倒臭いです。。

4、薄切り肉
日本の家庭料理には薄切り肉は必須ですよね。肉じゃが、生姜焼きや炒め物など色んな料理に使いますよね。
私が住んでいる地域には日本食のマーケットがないので、オーストラリアのスーパーに売っているブロック肉を薄めに切ったりして代用してみましたが、なんか別物になってしまいました(涙)

5、モイスチャー(潤い)と雨
国中で山火事が起きているオーストラリアに今一番必要なものです。
私自身は湿気の多い、日本育ちなのでオーストラリアの乾燥は結構辛いです。
洗濯物が部屋干しでも、寝る前に干して朝起きたらパリパリに乾いているのは嬉しくはありますが、
やはりもう少し湿気が欲しいです。

他には日本のコンビニとかすっごく丁寧なカスタマーサービスなど、何となく恋しく思うことはあります。
いたるところにあって、年中24時間開いていて、コピーマシンやATMから宅配受付まである日本のコンビニはめちゃくちゃ便利ですよね。ただ、これは私個人の意見ですが、誰かが夜中や年末年始も働かなければいけないことを考えると、そこまでの便利さは求めなくてもいいかなと思ったりします。
それから、日本の素晴らしい接客や分単位で正確な電車の運行も日本の誇れるものですけど、そこまでしなくてもと思うこともあります。
日本ほど完璧な接客ではないですが、お客さんとお店やレストランのスタッフが対等に、
気さくに話せる関係のオーストラリアのカスタマーサービスも私は好きです。

色々オーストラリアにないものをあげてみて、まとめとしてこれをいうのも何ですが(笑)
海外で生活していく上で一番大切なことは、物事のいい面を見ること。
日本から離れた国でハッピーに過ごす秘訣は「see the glass as half full」ですね。
同じものごとでもそれを「Half empty」と見るか「half full」と見るかによって、見え方が全然違ってきます!

ではではみなさん、stay positive and be happy!!

 

保育園にあった本です。先生に聞いてみると保育園でも水の大切さを教えているそうです。

山火事の影響でシドニーの空が霞んでいます。

おまけ写真。マンリービーチ。

【オーストラリア生活】6 things I noticed living in Australia after a 10 years absence

こんにちは😃酒井です。
シドニーに来て1ヶ月半経ちました。
子どもたちは保育園をスタートし、私はバレエスタジオに時々通い、
日本からの船便もようやく届き、生活のリズムが少しづつ出てきたところです。

そこで今日は約10年ぶりにシドニーに戻ってきてみて気づいたことを書いてみたいと思います。
変わったこと、変わってないこと、前には気づかなかったことなどまとめてみましたので是非読んで下さいね。

1, There are more bicycles.
Australians are environmentally conscious people, but I saw few bicycles and lots of big, gas-guzzling cars when I was last here. People have become more environmentally friendly since I left Australia.

2, There is much more organic and health food.
People have become more health-conscious. I see more people going to the gym, pilates or yoga classes. I think this trend is happening everywhere in the world.

3, Paperless has been implemented completely!
I didn’t even touch a pen once when I signed a tenant agreement, opened my bank account and enrolled my kids in preschool.

4, Many of the retail shops and restaurants remained the same,
especially in Manly, where I live. I guess there is less competition, and therefore less turnover, compared to Japan.

5, There is more awareness of the danger of UV.
There are still people who expose themselves to the sun and love to getting a tan, but less than before.

6, Aussies are very friendly to kids, babies and mamas.
I didn’t really notice this before because I was not a mama 10 years ago. Aussies are really nice to us, always giving up their seats for us on the bus and talking to us all the time!

Very first thing I noticed was smell. I’ve seen many things that reminded me of my time in Sydney. However, I had forgotten about the smells here. Australian homes have a particular smell. A mix of the smell of detergent, bread, and other things??
Also, the smell of the beach. It smells of the ocean and coconut-scented sunscreen. Even supermarkets have a unique smell. As soon as I arrived in Australia, my memories were awakened by the various smells. It was amazing and I didn’t expect it at all.

 

1, 10年前に比べかなり自転車の数が増えている
前はアスリート用の自転車に乗った人が車道を車並みの速さで走っているのは見かけましたが、私たち日本人が乗っているような自転車はほぼ見かけませんでした。オーストラリア人はエコフレンドリーな国民でリサイクルなんかも熱心に行っているわりには燃費の悪そうな大きな車に乗っている人が多いなあとこっそり思っていました。。10年前より環境意識が更に高まっているみたいです!

2, 10年前よりオーガニックフードやヘルスフードが増えている
もともと健康意識の高い国民というイメージですが、意識は更に高まっている感じです。私の住んでいる家の徒歩5分圏内にはオーガニックストアが4軒もあります!またジム、ピラテスやヨガに通う人も増えている印象です。これはオーストラリアだけでなく世界的な傾向かもしれませんね。

3, ペーパーレス化が進んでいる!
というよりほぼ完了している印象です。こちらにきて部屋の賃貸契約や銀行口座開設、保育園の入園手続きなどしましたが、ペンに触れることさえ一度もなかったです。全てオンライン、サインもオンラインでした。契約後にプリントアウトすることもなかったです。効率的かつ、エコフレンドリーですよね。
キャッシュレスも日本より進んでいる印象です。私はキャッシュを持ち歩いていません。

4, 10年前にあった小売店やレストランがそのまま残っている!
特に私たちが住んでいるマンリーではほとんどお店が変わっていませんでした。日本ほど競争が激しくないため、入れ替わりもあまりないのかもしれません。ビジネスの業態やレストランのメニューなどもほとんど変わってない印象でした。日本だと常に新しいビジネスモデル、サービスやメニューを考えないとお客さんに飽きられる傾向にあるのでなんだか羨ましくもあります。

5, 紫外線に対する危機意識が高まっている!
まだまだ無防備に日焼けをしている人もいますが、確実に意識は高まっています。

6, オーストラリア人は子どもやママにとっても優しい!
これはきっと10年前もその前もそうだったと思うんですが、自分がママじゃなかったので気づきませんでした。子どもたちと出かけるとバスで席を譲ってくれたり、話しかけてくれたり、しょっちゅうです!

でも何よりもオーストラリアに来てまず気づいたのは、匂いでした!
この国独特の匂いがあって、すっかり忘れてたんですが
こちらについた途端に、「あ〜この匂い」とすぐに思い出しました。
匂いというのは視覚的なものと違って写真などにして持ち帰れないので、
オーストラリアを去ってからは思い出すこともなく過ごしていましたが、
こちらに戻った途端に色んな匂いを思い出したのでびっくりしました。
オーストラリアの家庭(もちろん家庭ごとに微妙に匂いは違いますが)は洗濯洗剤とパンと何かが混ざったような匂いがします。(私の主観です)ビーチは海の匂いとココナッツの香料が入った日焼け止めの混ざった匂い、スーパーの匂いはローストチキンや洗剤の匂いが混ざっています。
この匂いについては想定外の驚きでなんだか嬉しかったです。

ではでは、こちらでの英語学習のことやバイリンガル子育てのこと旅行情報などなど
書きたいコンテンツはたくさんなので、ペースをあげてブログを書いていきたいと思っています。
引き続きお楽しみに!

昔はこんなに自転車が停まっているのを見たことがありませんでした。ママチャリもありますね。

  

オーガニックフードのお店が向かい合っています。

   

オーナー酒井のオーストラリアライフ〜Aussie Food/オージーフード〜

Hello everyone!

As you can see, we are very much enjoying Aussie food.

Our stuff has been shipped from Japan and is on its way here, so I’ve only got this ‘Sukiyaki’ pan making it a struggle to cook. However, I’m not blaming the move or Australia for my wild cooking. My cooking has always been like this.

My boys have been exposed to Aussie foods such as Fish and Chips and Nutella (is from Italy though).

 

There are lots of choices for food, particularly multicultural food, including Classic Australian, European, Mediterranean, Middle Eastern, Caribbean, Thai, Vietnamese, Chinese, Japanese and so on.

There is also a wide selection of healthy foods, especially organic foods. Aussies seem very keen on ‘Australian made’ or ‘Australian grown’. I guess it is the same as how Japanese people are fussy about ‘Japanese made’.

Moreover, Aussies seem to be very keen on ranking food according to nutritional values.)

 

I’m guessing the multicultural background of the country attributed to this.

They have the system of ‘health star ranking’ and the consumers can see the number of stars and make healthier decisions when they purchase products. The system was initially started by the Australian government to combat the nation’s health problems (mainly obesity).

 

 こんにちは。オーストラリアの美味しいものをご紹介!

オーストラリアはフレッシュな野菜や果物がとにかく豊富。オーガニックの食品は野菜や果物だけでなくお肉もたくさんあります。

お肉はホルモン剤/抗生剤不使用、Grass fed(牧草の飼料)、Slow grown(成長のホルモン剤などをしようせずゆっくり飼育)など表示がされています。ひき肉には脂肪の割合も表示されています。

オーストラリアは動物愛護の意識が高いので大手スーパー各社がFree range(放し飼い)ではない環境で飼育された鶏肉や鶏卵の販売を取りやめています。

そして‘オーストラリア産’へのこだわりがすごいです!

日本人も国産にこだわりますがオーストラリアの製品には「最低でも87%の原料がオーストラリア産です」という風に細かに表示されています。

それとHealth Star Rankingというシステムがあり、気になったので調べてみると、主に加工食品に健康レベルに応じてランク付けして星をつけているそうです。オーストラリアが政府が深刻な肥満問題の対策の一つとして始めたそうです。どっちのアイスにしようかなーと悩む消費者にヘルシーなチョイスをさせるための一つの指標となるわけです。

栄養に関することを何でも数値化するのは、オーストラリアの健康の問題だけでなく、色んな国の人が集まっている国家ということが大きいかもしれないですね。

オーストラリアの食べ物やレストランでの食事やお酒など美味しいものについては、
これからもどんどん紹介しますね!

 

(我が家の食事も載せています。船便で送っている日本の荷物がまだ届いていないため、航空便で運んだすき焼き鍋一つで苦戦しながら料理しています。しかしながら料理がワイルドなのはこの状況やオーストラリアのせいではありません。もともと料理は大雑把です。。)

 

お菓子もオーガニックが豊富です!
Nutella (ヘーゼルナッツチョコペースト、ヌテラ)子どもたちにはまだ教えたくなかったんですが
食べているところを見つかってしまい、あえなく食べさせてしまいました。。

  

 

春はベリー類がとっても安く売られています。どれもオーストラリア産で甘酸っぱくて美味しいです。
特にラズベリーが甘くて美味しい!ブルーベリーは下のパックで4ドル(2019年10月27日、1ドル@約75円です)

   

 

椎茸とかネギなどアジアの食材もスーパーで調達できます。
アボカドとかマンゴーなど日本では割と高価な野菜やフルーツがとても安いです。どれもオーストラリア産で美味しい!
マンゴーは一つ2ドル程度、2つ買うと3ドルになったりします!

  

 

お肉もオーガニックのものがスーパーで買えます。オージービーフ、安くて美味しい!ステーキ肉も美味しい!

   

 

鶏肉はオーガニックでなくてもほとんど全てFree Rangeです。
サーモンはオーストラリアのHealth Star Ratingの4.5。かなり健康な食材という位置付けですね。
オーストラリア南部の島、タスマニア産です。

  

 

このエビはニュージーランド産でした。
近海で獲れる魚介が豊富です。

 

オーストラリアはベジタリアンやビーガンのためのaltarnative food (代替フード)の品揃えが豊富です。
下はよく見ずに普通のサワークリームと間違って買ってしまったココナッツクリームベースのサワークリームでした。
ステキなパッケージと思いましたがPlant Basedと大きく書いてありますね。。沈。