【Biz Talk /ディスカッションクラス】3月30日(土)10時〜11時半

このクラスでは、グローバルなビジネスシーンで議論されるホットで興味深いトピックをディスカッションします。
あなたも英語のディスカッションに挑戦してみませんか。

(参加対象の方)
・英語で論理的に考え、自分の考えを流暢に伝達できるようになりたい方
・英語特有の意見の展開を身に付けたい方
・様々な時事問題についてディスカッションできるようになりたい方
・ビジネス(会議・プレゼンまたは会議後のパーティー)で英語を必要としている方
・英会話力が伸び悩んでいる、英会話力に限界を感じている方
・日常英会話はそこそこできるので、時事問題について話せる語彙や表現を身に付けて、さらに一段階レベルアップしたい方

(アジェンダ)
・講師による議題に関する記事のサマリー、語彙の確認
・講師による議題についての問いかけ
・ディスカッション
・講師よりフィードバック

(担当講師)
コーリー:大学での専攻は英語。日本在住歴が長いのでアメリカ的な視点と日本的な視点とを持ち合わせています。
社会問題や日常的なことまで話題が豊富で、きめ細かな指導が大変好評な講師です。

(開催日時)
3月30日(土)10時〜11時半

(トピック)
https://mainichi.jp/english/articles/20190321/p2g/00m/0bu/034000c(英語)

今回はThe Mainichiよりセブンイレブンの24時間営業見直し実験に関する記事です。
社会インフラの一つとなっている24時間営業のコンビニエンスストアですが、昨今の人手不足により24時間営業が難しくなっているそうです。セブンイレブンに限らず、コンビニエンスストアや飲食チャーン店で24時間営業を見直す動きは広がっています。
また今回はフランチャイズオーナーとセブンイレブン本部が営業時間を巡って対立していることも注目されています。
24時間営業が当たり前のコンビニエンスストアですがその利便性の裏には過酷な現場があるようです。社会環境や意識の変化に伴い、コンビニエンスストアなどの営業時間/営業形態も変わるときがきたのか、などなど皆さんの見解を交換しながら議論したいと思います。
記事は英語のみですが、短くシンプルな内容ですのでお気軽にご参加ください。

 

(料金)
1時間半で2,000円

(ご予約)
以下リンクから、メッセージ本文に受講ご希望日お電話番号をご記入の上、送信下さい。(globalcafe.fukuoka@gmail.comより予約受付のメールをお送りしますのでメールを受信できるよう設定お願いします。稀にメールが受信拒否されることがございます。)

http://globalcafe.jp/contact

お電話でのご予約は092-791-4230まで。
予約受付は前日の16時まで。3名以上のお申し込みで開講となります。(予約キャンセルも前日の16時までにお願いしています)
ご質問もお気軽にどうぞ。ご予約をお待ちしております!!