【オーナー酒井の日常ブログ】IELTS test results〜〜アイエルツテスト結果発表

こんにちは!酒井です。

今日は渡豪前に受検したアイエルツテストの結果をご報告したいと思います!
受検することは特にアナウンスしてなかったので、
唐突なんですが読んでみてください!

I took IELTS test last August.
I thought I could use a bit of my spare time to prepare for the test after I closed Global Cafe and before I move to Sydney. I decided to take the test in case I feel like going to university or postgraduate in the future during my stay in Sydney.

I ended up not having enough time to study because I had too much other stuff to do, such as practicing driving, packing and so on.

Enough of my excuses!!

My results were as below.
Overall band score–7.0
Listening–7.0
Reading–7.5
Writing–6.0
Speaking–7.0

I aimed to get an overall score of 7.5, so I was a bit disappointed.
However, I was satisfied with the results in a way, because it was my first attempt and I only had one month to prepare for the test.
Moreover, the results are good enough to get into MBA of the University of Sydney!
I will share my tips and experience of studying and taking IELTS with you soon!

こんにちは!
今日はIELTSテストの結果の発表です!
テストを受講することを公言していなかったので、いきなり!と思われるかと思いますが、、
グローバルカフェ店舗閉店後からオーストラリア渡航までに少し時間があったので
その時間を使ってテストの勉強をして、受検してみようと思った次第です。
オーストラリアにいる間に大学とか大学院に行きたいなあと思うかもしれないし、
その時はこのIELTSテストのスコアが必須になりますので、一度受検しておこうと思い、
一ヶ月程度の短い時間でしたが勉強してテストに挑みました!

車の運転の練習やら(ペーパードライバーなので)、荷造り、子どもが夏風邪をひいたりで
実際はほとんど勉強できませんでしたが。。

言い訳はこのくらいで
結果はと言うと、、、、

オーバーオール(総合点)– 7.0
リスニング– 7.0 リーディング– 7.5  ライティング– 6.0   スピーキング– 7.0

オーバーオール7.5を目指していたので、ちょっぴり悔しさは残りますが、準備期間が短く、1回目の挑戦で7.0という、
(そこそこ)ハイスコアが取れたので満足しています。
オーストラリアの名門大学、シドニー大学のMBAの入学資格が7.0ということで、大抵の大学院には入れるスコアなので、とりあえずの目標も果たせました。
* 注:あくまで英語力がシドニー大学のMBAの入学条件を満たしているだけで、学力は別の話です(沈)

今後、テストを受検してみての経験やアドバイスをシェアしていきますのでお楽しみに!

(IELTSテストとは–海外留学や海外の現地大学などに通う際に求められる英語の検定試験です。アカデミックモジュールとジェネラルモジュールがありアカデミックの方は進学時に、ジェネラルの方はオーストラリアやイギリスのビザや永住権を取得するときに一定スコアが必要になります。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングそれぞれのスキルを測ります。9.0が満点です)

 

【オーナー酒井のブログ】Farewell !!

(日本語文は英語文の下に入れております)

It’s sad that this will be the last blog before the cafe closes.

Ever since I decided to close the cafe and move to Australia, I have had such complex feelings. Part of me is very excited about going to Australia and part of me is very sad about the cafe’s closing.

Since the day that I announced the closing of the cafe, I’ve received many messages and comments which have encouraged and made me happy. Many customers expressed how sad they are, but at the same time, they thanked me, told me how much they cared, encouraged me and even celebrated my new life. Recently, I’ve been very emotional and tearing up often.

Closing the cafe has made me realize how much this cafe really means to me. Come to think of it, I established the cafe and built it from scratch. The cafe feels like my third child. I always think about the cafe (even without realizing it) and have put so much work into it over the last 4 years.
We have created such a unique cafe here. It’s not only about English anymore. It has become a meeting place, a small community. It took a lot of trial-and-error, but we have finally created a place we can call our own.

Most importantly, we have so many lovely customers whose numbers have been increasing more and more. Closing the cafe is not just sad, it gives me a deep sense of loss.

However, thanks to warm messages from the customers, I think I have finally sorted out my complex feelings. I can finally feel that my effort over the last 4 years has paid off.

I had several people offer to carry on the cafe after I move to Australia. Unfortunately, none of them were feasible and didn’t happen. But, many wanted to continue the cafe because they appreciate our community and they don’t want it to disappear. I think many love the cafe’s cozy atmosphere as well as meeting with all the other wonderful customers who support the Cafe’s philosophy of cross-culture communication. These offers made me feel extremely happy and honored.

I am so grateful for meeting with each customer and all the staff here. I also learned a lot from all the conversations and from getting to know many customers. At the cafe we talked about various things and got to know each other’s background, life, dreams and stories through simple questions such as , Why are you learning English? or Where did you learn your English?.

I have also obtained a different perspective after having so many conversations. Many customers who have visited and lived in different countries, not to mention the foreign facilitators who work here, have shared their different ideas, opinions and points of view. By just listening to the conversation at the cafe, my world view has expanded much more than I expected it would.

There are some customers and facilitators who had a big life event such as marriage, child-birth, changing jobs (changing jobs is still a big life event in Japan!) or study abroad during last three years and eight months. I feel so honored to witness and sometimes even participate in these important events.

Finally I would like to thank my family. I sometimes had to sacrifice time with my family, but my boys always embraced me and showed me love when I found time to be with them. Whenever I had a tough time at the cafe they gave me strength and motivated me to get through it. Last but not least, I would like to express my appreciation to my husband. He is not particularly the sweetest husband, but he’s been the biggest supporter of Global Cafe and my passion for it.

As a farewell message to Global Cafe English learners, I would like to share a small conversation I had with our old facilitator Jesse.

Jesse: 「Your English is Amazing!」
Motoko: 「You really think so? I’ve got an accent and I still make some mistakes.」
Jesse: 「Why should you talk like us? I understand you perfectly. I like your accent.」

This conversation opened my eyes to a new idea. Speaking correct English is maybe one thing, but the passion to communicate and to learn about one another counts much more. English is a global language and so diverse. Nowadays, most English speakers around the world don’t speak ‘native’ English anyways. You’ve got an accent. That means you learnt a second language, English, in addition to the language you already have. That’s great. Learning a language takes so much effort and time! You should be proud of your English.
Be confident and enjoy speaking English! Get to know people from across the globe and expand your world using your hard-earned English, whatever level it is.

I wish you all the best and I look forward to our paths crossing again someday.

Motoko SAKAI

 

こんにちは。寂しいですがこれがグローバルカフェ閉店前の最後のブログになってしまいました。最後にカフェへの思いと、お客さまへの感謝の気持ちを綴らせて頂きます。

 

閉店するという決断をしてしばらくは、閉店すること、カフェがなくなることに対しての実感がまだまだ湧かずにいました。
しかしながら閉店のアナウンスをしてからは驚くほどたくさんのお客さまにメッセージを頂きまして、急に実感が湧いてきたという状況でした。

開店当初からお店を利用下さり、お店の変遷を見守って下さった多くのお客さまには、「順調だったのに勿体無いですね。でもよく決断したね。」「これまでよく頑張ってきたね。」「カフェに来ているお客さんはみんなこのカフェが好きな人ばかりだよ。」などオーナーの私の立場を気遣うお言葉をかけて頂きました。

「シドニーでご活躍ください。」「ご家族一緒が一番。ご家族やお子さんにとっていい機会ですね。よかったですね。」というようなにお客様にとってお店がなくなることの不便さよりも、私たち家族のことについて喜んで下さったり、励まして下さるお言葉もたくさん頂き、本当に感激でした。

また「引越しなど忙しいだろうけど体に気をつけてね」というような優しいお言葉が胸に沁みて、とにかく涙腺が緩みっぱなしでした。

それと同時にお店がなくなるという実感や喪失感が湧き上がってきましたし、こんな優しい、今まで支えてくださったお客様と別れないといけないという寂しさで胸がしめつけられる日々を過ごしました。

 

思い返せば、この4年間は四六時中気づけばカフェのことばかり考えていました。カフェは自分が生み出し育ってきてくれていたもう一人の息子のような存在であり、自分の分身のような存在でもありました。

開店当初はまだまだ荒削りだったカフェのシステムは営業していく中で少しずつ整い、より良い雰囲気のカフェを創り出すことができました。これまで勤めてくれたスタッフの貢献があってこそです。

またトライ&エラーをたくさん繰り返し、より私たちが目指す理念に近い場所を創ることができたような気がします。英語を話せる場所というだけではない、出会いの場/コミュニティになったことを本当に嬉しく思っていました。

ですので、カフェがなくなるということに対してはやはり寂しさ以上の強い喪失感があります。

 

経営的にも順調に成長し、ずいぶんよくなってきたところでカフェを閉めることになってしまいましたので、やるせない気持ちもありましたが、 閉店のお知らせ以降たくさんのお言葉を頂いたおかげで、今までしてきたこと、力を注いできたことが報われたという気持ちになれました。

また諸事情によって叶いませんでしたが、私が日本に帰国するまでの間、お店を継続しグローバルカフェという場所を残したいというお申し出もお客様や講師より複数頂きました。それほどカフェを愛してくださり、理念に共感してくださるお客様がいらっしゃるということ。これほど光栄で嬉しいことはありません。
もちろん勿体無い、悔しいという気持ちは残りますが、そんなお客さまの思いを受けて、閉店を一つの区切りとして自分の中で受け止め、前に進むことができる気がします。

 

 グローバルカフェでは英語というツールを使って英語という共通項で、たくさんの話題についての会話が繰り広げられてきました。「どうして英語を話せるの?」とか「どうして英語を学びたいの?」というシンプルな質問を通して、英語を通しての皆さんの夢、バックグラウンドや人生、ストーリーを垣間見ることができました。

 日常の小さなことでも人、個人によって色んな見方があったり、日本が抱える問題や世界のことについて、色んな国で色んな経験をされた方々の様々な視点や意見が交わされていましたので、カフェにいながら私の視野と世界も大きく広がり、多くの学びがありました。

また4年弱の間にご結婚やご出産された方、留学された方、転職された方などがいらして、お客様や講師の大事なライフイベントに立ち会わせて頂いたような光栄な気持ちでもあります。

 

英会話や学びを通してのご縁で皆さんと出会えたこと、英語というツールでお互いを少しでも知り合えたこと、分かり合えたことにとても感謝しています。

 

最後に手前味噌にはなりますが、これまで支えてくれた家族に感謝したいと思います。家族の時間を犠牲にしたこともありましたが、お店が大変な時も家に戻ると笑顔で待っていてくれる子どもたちがいることは本当に有難いことでした。
また口うるさい(面もある)夫ですが、夫はグローバルカフェの一番のサポーターであり、私が私らしく輝くのを一番サポートしてくれる一番の理解者であり、一番のパートナーです。

 

最後の最後にGlobal Cafeから、英会話を学んでいらっしゃる皆さんへのメッセージとしまして、元Global Cafeのファシリテーターのジェシィとの会話をご紹介したいと思います。 

Jesse:「Your English is Amazing!」

Motoko:「You really think so? I’ve got an accent and I still make some mistakes.」

Jesse「Why should you talk like us? I understand you perfectly. I like your accent.」

 

なんだか目の前が開ける思いでした。ジェシィの寛大な気持ちに勇気づけられました。
正しい英語、正しい発音も大事ですが、(言葉も著しく変化し、英語がグローバルに話される中、正しい英語も正しい発音もたくさんあるのかもしれませんし)やっぱりコミュニケーションにおいては相手に伝えたい気持ち、相手を分かりたい気持ちが大事だなと再認識しました。

私も伝えたい気持ちを大切にすることと同時に、日本語で私に話してくれる外国人の方には、正すことよりも何よりも理解しようとする気持ちを大切にしたいと思いました。

そもそもアクセントがあるということは、すでに英語以外の母国語がある上で、英語を習得し二つ目の言語として話しているということです。皆さんも伝えたい、相手のことを分かりたいという気持ちを大切に、ネィティブじゃないのにこんなに話せるんだよ、二か国語話せるんだぞ、と自信を持って世界中の人とどんどん英語で話して世界のことを知りましょう!!

 

またご縁があり、いつかどこかで皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

 

酒井資子

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】The way I am ~1~

Hi, everyone. How have you been? 

As I mentioned before, this time I want to talk about myself. It might be long, so I will divide it into two blogs.

I finally got the required IELTS score to study business in Australia! IELTS is an abbreviation for International English Language Testing System, and it’s predominantly a test for non-native English speakers who want to study and get a job in Australia, England, or Canada. The test has listening, reading, writing and speaking sections. The overall score is a combination of the individual section’s scores; therefore, the hardest part is to get a good score in all modules at the same time. I didn’t know any specific strategies for passing the test and the examination fee is high, thus I can’t take the test many times.

I started aiming to get the required IELTS score when I came back to Japan from Australia, where I was on a working holiday visa, around 2 years ago. At that time, it was so hard to make time for studying and I had to make money to pay back my college scholarship. I also needed to save money for my future tuition fees,  IELTS examination fees, and unfortunately, I had to get braces. Of course I had to handle it by myself, so I was in a difficult situation.

However, I made the decision to pay off all my debts, to save money for studying abroad, and to get the desired score within 2 years. Then, I would definitely go back to Australia. For 2 years, I worked three or four jobs at the same time and studied very hard, late into the night. The way I studied for IELTS was very simple. I looked for the IELTS textbooks with the best reviews online and bought them. Then, I did the exercises repeatedly. This way might not be the best way to get a high score but, it was good enough for me. The score I got is actually not very high. However, I am proud of myself that I could achieved this score. I was able to bounce back after my difficulties and achieve my goals after a lot of sacrifice.

I think I’ll call it here! I’ll give you some study tips. ( not really) 

See you!

 

 

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか??

今回は前にお話ししておりました、私の事についてお話したいと思います。少し長いので、2回に分けてお送りします(^▽^)/ 

実はこの度ようやくオーストラリアでビジネスカレッジに入学するのに必要なIELTSのスコアを獲得することができました!

IELTSとはInternational English language testing system の略で、主にイギリスやオーストラリア、カナダでの進学や就職を目指す英語のノンネイティブの人達のためのテストです。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションに分かれていて、結果は4つのスキルごとのスコアと4つスキルのオーバーオール(平均点)が出ます。4つのスキルがあるので一気にレベルがあげられない、どう攻略すればいいのか分からない所が私にとっての最大の難関でした。また受験料もとても高く、そう何度も受けられない点も非常に大きな壁でした。

IELTSを目指しだしたのは、オーストラリアのワーキングホリデーから帰ってきた約2年前です。この時は、ただでさえ難しいIELTSの勉強時間の確保と、短大の時の奨学金の返済、留学費用、受験料、歯列矯正代の金銭面も全て自分で工面しなくてはいけなかったので正直どん底でした。
それでも自分の中で2年間のうちに必ずお金を貯めて、IELTSのスコアを取ってオーストラリアに戻る!!そう決心していました。この2年間3つ、時には4つ仕事を掛け持ちして、勉強も夜中までしていました。勉強法は至ってシンプルで、文法本やネットに載っているIELTS本を吟味して購入し何度も繰り返し解いていく、という方法だったので効率はあまり良くなかったと思います💦そうこうして、ようやく取れたスコアは決して自慢できるほど高いものではありません。しかし、マイナスから始まって、たくさんのことを犠牲にして手に入れたスコアは何物にも代えがたいです。

 それでは前半はこれぐらいで、後半は英語を勉強するにあたってのコツ(というほどでもない)などをご紹介したしと思います!

それでは、また次回👋

 

 

 

 

 

 

 

【「リライズ・ニュース」にオーナー酒井のインタビュー記事が掲載されました!】

インタビュー記事掲載サイト「リライズ・ニュース」に
当カフェオーナー酒井のインタビュー記事が掲載されました!

グローバルカフェ設立に至るまでの経緯や私の思いを話させて頂きましたので是非お読み下さい!

 

*リライズ・ニュースとは(リライズ・ニュースHPより)*
AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。 社会のシステムが全てAIで賄われる時代だからこそ、人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、 彼らの認識の変化のきっかけを紹介する事によって、誰もが美しい時代を創る生き方を始められるヒントを提供していきます! 

 

(自由と多様性のある社会に向けて、英語を道具に様々な国の人と人が話すコミュニティー創りの場を提供する Global Cafe代表 酒井 資子さん。)https://note.mu/ogajun1127/n/n9c144a2a35e3

 

(リライズ・ニュースHP/美しい時代を創る人達)
https://note.mu/19960301/m/m891c62a08b36

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai~関西へおいでやす~ 後半(2)

Hi, everyone! This is the last post about the Kansai region! Have you been enjoying them? 

I am going to talk about Kobe’s other aspects. I think many people already know this, but there was a big earthquake in Kobe and Awaji in the past. The earthquake took the lives of many people. There is an earthquake memorial museum called “Hito to mirai no Bousai center” in Kobe. The museum exhibit has many pictures and videos of the victims and a life sized model of a street after the disaster. They look so real that some school teachers, who were victims, cried when they visited the museum.

The exhibits also introduce some helpful ways to prepare, escape, and protect yourself if you are caught in an earthquake. Currently, we are not able to forecast when and where an earthquake will happen, so I think the museum is really helpful.

On the other hand, Kobe is home to one of the three major Chinatowns in Japan. The name of the town is “Nankinmachi”(南京町). This town is not that big, but you can feel like you are in China there. In addition, there is a Family Mart convenience store in front of the gate, but it is decorated in a Chinese style and most store clerks are Chinese too:)

Now, I want to recommend some restaurants in Chinatown. The first is “Roushouki”(老祥記), a shoronpo (steamed bun) restaurant. It is located at the center of the town, and it often has long lines in front, so you can’t miss it. The shoronpos are not too big, so they are easy to eat, and they are juicy and very good.

Across from Roushouki, there is a roasted pork speciality shop called Ekiseigou(益生號). They only sell roasted pork, but it is very tasty. There is also “Frantz” sweets shop on the south side of the town. The red exterior looks like a fancy western shop, and they sell delicious “caramel custard jar puddings”. Another sweet that I recommend is the cheese cake from Kannonya. Unfortunately, it is not sold in Nankinmachi. This cheese cake is kind of unique. You can take it home and have it right away or heat it up in your oven to melt the cheese and enjoy a warm treat.

The final city in the Kansai region I want to talk about is Osaka, one of the most famous cities in Japan. There are many sightseeing places in Osaka, but my favorite is the tourist area “Doutonbori”. There are many cheap restaurants. This place is also famous for takoyaki. Another famous sightseeing place in Osaka is Osaka Castle. The castle was Hideyoshi Toyotomi’s passion project. It is a spectacular and beautiful building, but there is a problem in my opinion: it has become a museum. For this reason, the inside of the building has been updated to include elevators, TVs, videos introducing history, and exhibitions behind glass panels. It has become too famous. However, it is still well preserved, and the Golden tea room is a beautiful spot that I highly recommend. 

Another nice spot in Osaka is Kaiyuukan, one of the biggest aquariums in Japan; there is even a whale shark! It is located across the bridge from Universal Studios Japan (USJ). Recently, USJ has been holding many unique events and received high evaluations from kids to adults! Especially, the Jurassic Park area is known to have the most fun rides. Here, I’d like to give advice about the Fast pass. Unlike Disneyland, we can buy the fast pass in advance and it is definitely worth it, so I recommend that you buy them for the days when its expected to be crowded. 

The last recommended sightseeing spot is Tsuutenkaku, also known as Osaka Tower. A famous statue of Biriken, the god of happiness, is enshrined inside Tsuutenkaku. They say, if you rub the statue’s feet, you will get lucky. Give it a try! Shinsekai, at the foot of Tsuutenkaku, is a famous place for Kushikatsu restaurants. I recommend that you try some and find your favorite Kushikatsu restaurants! Kushikatsu is a well-known dish from Osaka, it is fried vegetable and meat skewers that you dip in a special sauce and enjoy with a beer.

That’s all for now. I hope you enjoyed reading it. I really want to write more, but I already wrote a lot. If you’re interested, we can talk more in person at the cafe! I will talk about other topics next time! See you.

 

こんにちは!今回が関西編ラストとなります!皆さん楽しんでいただいてますか?(^▽^)

今回は前回お話した神戸の別の顔、多くの方がご存知かとは思いますが神戸と淡路では過去歴史的な大地震がありました。この地震では多くの方々の命が失われました。神戸には地震にまつわる「人と未来の防災センター」という博物館があります。この博物館では実際の神戸淡路大震災の際の被害の写真やビデオ、そして被害にあった直後の街並みを再現するスタジオなどが展示してあります。これらはとてもリアルで、時折実際この地震に遭われた修学旅行の先生方が思い出し泣きする場面もありました。また、ここではもし地震にあった時のお役立ちグッズや自分の身の守り方や逃げ方を紹介しています。今私たちはいつどこでどんな災害にあうか予想することができません。なので今一度ここで地震や自然災害の恐ろしさを学び、役立ててほしいと思います。

さて神戸には3大チャイナタウンの一つ「南京町」と呼ばれる観光所があります。この町はそんなに大きくはありませんが、中に入るとまるで中国にいるような錯覚を覚えるほどです。ちなみに入口ゲートの中にファミリーマートがあるのですが、ここもチャイナ風に飾られています。もれなく店員さんも中国人の方々でした(笑)

ここで街の中のおススメのレストランをご紹介したいと思います。まず初めに「老祥記」という小籠包のレストランです。ここは町の中心に位置しており、いつも長い列がお店の前にできているのですぐに見つかります。この小籠包はそんなに大きくないので食べやすく、ジューシーでとってもおいしいです。

は焼豚専門店の”益生號”です。ここでは焼豚しか販売されていませんが、こだわっている分やはりおいしいです。このお店は老祥記のすぐ斜め前にあります。また、この南京町の南側に真っ赤な洋風のお店の「Frantz」があります。ここのツボプリンは絶品です(^▽^)/ ぜひ食べてみてくださいね!南京町では販売されていないですが、神戸のもう一つのおススメのお土産は、「観音屋」というスイーツショップです。ここのチーズケーキは一風変わったチーズケーキを販売しています。それはなんと、オーブンで温めて食べるチーズケーキなんです。実際温めると、上にのったチーズが程よく溶けて絶品です!

そして最後は大阪です!大阪には多くの観光地がありますが、私の特にお気に入りの場所は”道頓堀”です。ここには多くのお手頃のレストランがあり、たこ焼きの聖地でもあります。観光地と言えば大阪城もありますね!天下を収めた豊臣秀吉のこだわりが詰まったお城は圧巻ですが、残念ポイントが一つ、、あまりにも有名になりすぎてお城の中が博物館化していることです💦しかし、その残念ポイントを補えるほど保存状態も良く特に有名な黄金の茶室は見ごたえ抜群です。

家族で楽しめるスポットでは、海遊館もあります。世界最大級の水族館でジンベイザメも見ごたえ満点です(^▽^)/その海遊館から橋を越えた向こう側はUSJですね!最近多くの画期的なコラボ企画やイベントを行っているUSJですが、その評価も高く子供から大人まで楽しめます!特に、最近はジュラシックエリアがリニューアルし、ますます魅力的なアトラクションが増えてきました!ここで一つアドバイスですが、USJは人気のアトラクションのファストパスが販売されているので、混雑が予想される日に行く場合は事前に買っておくことをお勧めします( ・´ー・`) 

最後に大阪のタワー”通天閣”です。ここに祀られているビリケンさんもお馴染みのキャラクターですね!ビリケンさんの足をなでると、ご利益があると言われているので、ぜひなでなでしてください!下町の新世界は串カツが有名で多くの串カツ屋さんが軒を連ねていますので、ぜひたくさん食べ歩きをしてお気に入りの串カツ屋さんを見つけてくださいね(^_-)-☆

さて、これで一旦関西編を終了します。いかがでしたか?本当はもっともっともっと書きたいところですが、続きはカフェにて!最近旅行の話題続きだったので次回は違うトピックのお話をしようと思います!それではまたカフェにて(@^^)/~~~

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai~関西へおいでやす~ 後半(1)

Hi, everyone! It’s been a long time! How have you been? Today we’ll be revisiting the Kansai region and this time I’m going to talk about Nara and Kobe. First, let’s take a look at Nara.

Nara is famous for having many world heritage buildings, shrines, and temples. I especially recommend that you go to “Yakushiji”. Yakushiji is one of the most famous temples in Nara. It has a building to commemorate the gods of medicine.

You can enjoy seeing beutiful ancient statues as well as listening to a special sermon from a Buddhist monk; it’s surprisingly funny! The monks of Yakushiji manages to grab the hearts of everyone listening — the students, the teachers, the guides and the tour conductors with their comedic storytelling skills. They are so famous that people from all over Japan come to listen to them.

Speaking of Yakushiji’s monks, my favorite monk is Mr. Murakami. He is the funniest monk in Yakushiji. It’s difficult to get a chance to talk to him because he has always been popular and is always surrounded by students and teachers. However, I got a chance to talk to him once. I told him I was his biggest fan and got to shake his hand.

Speaking of Nara, there is also the Todaiji Temple Daibutsu and many deer in Nara Park. First, I would like to talk about the Daibutsu. A long time ago, Japan was striken by a great famine and natural disasters. The Shomu emperor built the Daibutsu statue of buddha to pray to god for help. He collected gold and wood from all over Japan to build it. Since its construction, it has been damaged by fires and sometimes by disasters and war, but it has always been rebuilt by people and it still stands today. 

One time, the Daibutsu’s eyeball got damaged and they tried to repair it, but they had no idea how to reach inside and place a new one there. One guy rose to the challenge. The man went inside the Daibutsu eye and he pulled the eyeball into place from the inside. Everyone was curious about how the man would come out from there. The man emerged from the Daibutsu’s nose! He was admired as clever by everyone who saw him. A famous Japanese saying about cleverness was created from this story “目から鼻に抜けた” (me kara hana ni nuketa) which literally means “through the eye, out the nose”.The meaning is similar to the English saying “as sharp as a needle.”

By the way, in the temple there is a column with an opening as wide as Daibutsu’s nose hole and legend has it that people who crawl through it will become smart.

Deer were also considered to be sacred at a similar level to Daibutsu because legend has it that some gods used deer as mounts when traveling. So, I will discuss a few stories about deer in Nara. Did you know one of the Hanafuda cards has drawings of a maple tree and a deer? Once upon a time, a boy called Sansaku was practicing calligraphy in a room but a deer came in the room and suddenly ate his paper. The paper was his best work. He was angry and he threw a paperweight at the deer to dismiss it, but accidentally killed it. At the time, if someone killed a deer, they would have received the death sentence even if they were kids. So, Sansaku was forced to dig a grave by himself. He went into it with the deer’s dead body and was buried alive with it and covered by rocks and blocks. His mother was very sad and she planted a maple tree on the grave as an offering.

Killing a deer wasn’t the only deer-related law the people of the town had to follow. If a deer died in front of someone’s house in the morning by accident, they had to pay 3-mon (Japan’s old currency). So, they usually woke up early to check whether a deer had died or not in front of their house. If a deer had died, they dragged it to next house and left it there. When the town patrol came around in the morning, whoever’s house it was found in front of had to pay the 3-mon fine. Legend has it that “早起きは三文の得” (hayaoki ha 3-mon no toku which literally means those who rise early get 3-mon or the early bird catches the worm) came from this.

Now, I’ll talk a bit about Kobe. Kobe is a sophisticated and beautiful town, famous for its shoe industry. Therefore, this town is called “Hakidaore no machi”. Kobe used to also be known for its port tower. That tower has many stores and activities you can participate in. For example, when night falls the place becomes a romantic, illuminated place.

There is another romantic spot in Kobe called “Akashi Big Bridge” that also lights up at night.

In my next post I’ll mention some other facts about Kobe and surveniors as well as Osaka! Please check it out. (^▽^)/

 

皆さんこんにちは!お久しぶりです(^▽^)/ 今回は関西第2弾として奈良、神戸です!まずは奈良からスタートです!

奈良はいくつか世界遺産のお寺や神社があることで有名ですが、私は薬師寺をお勧めします。薬師寺も奈良では数多くある有名なお寺の一つです。ここは医療の神様を祀っているということで古来より崇められてきました。このお寺では美しい像だけでなく、ありがたい御住職の法話も聞くことができます。

しかし、ここの法話はただの法話ではありません。ここの御住職の法話はとっても面白いのです!もう芸人顔負けのトーク力と切り返しで、あっという間に修学旅行の生徒や先生そして添乗員、ガイドを爆笑させ、心を鷲掴みにしていきます。ここの御住職の法話は全国的にもとても面白いと有名で、多くの方がわざわざ足を運ぶほどなんです。

ちなみに私の一番のお気に入りの御住職は「村上さん」という方で数いる住職の中でもダントツに面白いです。いつも人気で、法話後も生徒や先生に囲まれてなかなかお話ができなかったものの一度だけ声をかけるチャンスがあったので、「私村上さんの大ファンなんです!握手してください!」と言ってしまったほどでした。(笑)

また、奈良と言えば奈良公園の東大寺の大仏と鹿ですね。まずは大仏のことを書きたいと思います!その昔多くの災害や飢饉によって荒れていた国を仏の力で救ってもらおうと聖武天皇が建てたのが東大寺の大仏様です。日本中から集めた金と木材で東大寺と大仏様は建てられました。

そんな東大寺ですが戦や自然災害により損壊を繰り返し、その度修復され今現在の姿で祀られています。そんな折、目の修復をしなくてはいけなくなった大仏様ですが、みんなどうやって内側から目をはめたらよいのかと頭を悩ましていた時、一人の男が名乗りを上げました。その男は大仏様の目から体内に入り、内側から目を付けました。その後みんなどうやってその男が大仏様の体内から出てくるのか見守っていると、その男は大仏様の鼻の穴から出てきました。そうして「目から鼻に抜けた賢い男だ」と称賛を浴び「目から鼻に抜ける」=賢いという意味になりました。英語では”as sharp as a needle”が意味の近い表現になります。

ちなみに東大寺の中の柱の一つに大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴が開いた柱があり、そこをくぐると賢くなるという逸話があります。一方で、当時鹿もその昔神様が乗ってこられた動物として大仏様と同じく神聖なものでした。

ここで奈良の鹿にまつまるエピソードをいくつかご紹介します。

皆様は花札の一枚に「鹿と紅葉」の絵があるのはご存知でしょうか?その昔、小僧の三作という少年が習字を練習していたところ、鹿が入ってきてせっかく書いた習字の紙を食べてしました。それも一番出来が良かった作品です。せっかく書いた紙を食べられ怒り、追い出そうとした三作は文鎮を鹿に投げましたが、その文鎮の当たり所が悪くその鹿は即死してしまいした。当時鹿を殺せば、子供だろうと容赦なく死刑となりました。そうして三作は自分で入る穴を掘らされ、その穴にその死んだ鹿を一緒に抱かせて石と瓦で生き埋めにされました。それをとても悲しんだ三作の母親が供養にとその場所に紅葉の木を植えました。

また、鹿関連の被害はそれだけでなく他の庶民にも及びました。もし家の前で鹿が偶然死んでいたら、罰金としてその家は3文を払わなくてはいけませんでした。そのため家の人は朝早く起きて家の外に鹿が死んでいないか確認し、もし死んでいたら隣の家に引きずって置いたそうです。そしてその隣の家も家の前で見つけたら隣の家に、という形で最後に見つかった家は罰金として三文を役人に払わなくてはいけなかったそうです。ここから「早起きは三文の得」ということわざが生まれたという逸話が残っています。ちなみに英語でも同じ意味のことわざがあり、”The early bird gets the worm.”です。

さて、次は兵庫県の神戸をご案内します。神戸は洗礼されていて、とても美しい街です。また神戸は靴産業が盛んなのでこの町は別名”履き倒れの町”とも呼ばれています。神戸ポートタワーも有名ですね。メリケンパークはショッピングモールやクルーズなどなど見どころたくさんあります。また、夜になるとライトアップされとてもロマンティックな場所になります!

他の名所で言うと明石大橋も有名ですね!夜はライトアップされるのでここもロマンティックなスポットとしても有名です。そんな華やかな神戸のまた別の違う顔と、お土産、そして最後大阪を次回後編(2)にてお話したいと思います(^▽^)/ お楽しみに!

 

【3周年有難うございます】皆さまへの感謝と思うこと

Hi Everyone! Global Cafe recently had its 3rd anniversary on the 12th of September.

 I would like to take this opportunity to express my gratitude and write a bit about the last three years since the cafe’s opening.

 

I remember the very first day we opened the cafe. I had been very nervous for a few weeks before the opening. I was worried if any customers would come to the cafe. I was worried people would not even understand our concept.

 So when we had our very first customer and received the very first payment I was so happy and it felt surreal.

 

 These last three years have gone by very fast and have been super interesting. I like being at the cafe so much. I meet many people (customers) there and standing at the counter at the cafe listening to the conversation has become my favorite pastime.  I don’t even consider it as work. I probably should do so but it’s too much fun to take it as work. By listening to the conversations I learn not only English but also a lot about various cultural stuff, the latest news and trivia and so on. 

The customers at the cafe vary a lot too, age-wise and background-wise and everything and they meet at the cafe and sit at one table, talk about the same topics in English, and share ideas with one another and that makes me very happy. They might not have ever met if there was no Global Cafe. 

 

 I’ve also met many teachers from different countries at the cafe. They are also very interesting and I always enjoy talking with them.

 Many teachers left Japan and had to leave Global Cafe. I am always sad when a teacher leaves Global Cafe but I have become friends or even like family with many of them so it does not make me too sad now. 

I feel like all of those who worked at Global Cafe are alumni or family of the cafe. I would not have met them if I hadn’t opened Global Cafe so I’m really happy about opening the cafe. 

 

 Since the cafe’s opening, there are many changes in my private life. My eldest son is tuning four soon and I have another baby boy too. During my pregnancy I left my work to my staff. Until then I did everything in my own way and there is no clear instruction or manual about how to run/handle things in the cafe. So I had to make the everything clear and systematize the thing and I had realized how irresponsibly I did my job and how difficult it is to manage a business.

  There were some difficult times too. My sons were hospitalized twice. My husband has been to transferred to Tokyo from this August. Actually the idea of closing the cafe had crossed my mind a few times but each time I thought about our lovely customers and the cafe as a community place which we have created and then I kept going.   

 

Without the support from the customers and staff Global Cafe would not exist now and would not continue.

 I am really grateful to our customers and Global Cafe staff. Thank you so much everyone!! 

 (日本語文は英文の意訳です。)

 

9月12日、皆様のご愛顧のおかげで無事3周年を迎えることができました。

誠に有難うございます!!

まだまだたった3年ではありますが、お客さまとスタッフのおかげでとても濃い充実した、意義ある3年でしたので、この機会に皆さまへの感謝といろいろと思うことを綴ってみようと思います。

 

3年前の9月12日を思い出してみると、とにかく緊張していたのを覚えています。12日当日だけでなく、2週間前くらいからソワソワドキドキしてました。期待よりも、お客さまが来てくれるかどうかや私たちのコンセプトが伝わっているかどうかの不安の方が大きかったです。ですのでオープン当日に一人目のお客様からお支払い頂き、代金を手にしたときの感動はひとしおでした!

 

 カフェをオープンしてからの3年はとにかくあっという間で面白い時間でした。カフェでは多くのお客様とお会いすることができ、興味深い話題に触れることができるので、カフェのカウンターで過ごすのが私のお気に入りの時間になっています。あまり仕事というふうに感じていないかもです。。いつも英語だけでなく、文化的なこと、最新のニュースやへぇー、というようなトリビアまで、色々と学ばせてもらっています。

また、普段なかなか会うことがないような年齢、職業やバックグラウンドが全く異なるお客さま方が英語という共通項によってカフェで出会い、一つのテーブルで談笑したり、考えをシェアしたり、ときに教えあったりするのを目にすることができ、密かにカウンターで熱く感動しています。(笑)

 

この3年間はそういったお客さまとの出会いだけでなく、たくさんの面白いスタッフとの出会いもありました。

日本を離れることになりグローバルカフェを去ってしまった講師も多数います。講師とのお別れはいつも悲しいですが、有難いことにカフェを辞めても友達として連絡を取り合ったり、家族ぐるみのお付合いをさせてもらっている講師がほとんどなので、今ではそんなに悲しくなくなりました。

カフェで働いてくれたスタッフはみな卒業生か家族っていうくらいに感じています。どのスタッフもグローバルカフェをしていなかったら出会えていなかった大切な仲間です。

 

 オープンしての3年間でプライベートでも多くの変化があり、1歳だった長男は間もなく4歳、去年には次男も誕生しました。次男の妊娠を機にお店の切り盛りをアルバイトに任せることにし、それまでは自分のあんばいでやっていた色々なことをシステム化しました。システム化する過程で、自分がいかに色んなことをファジーにやっていたかを認識しました。(汗)多角経営をしてるわけでもないのに、経営って大変なんだな、と痛感しました。。

次男が生まれてからは特に、仕事と育児の両立の大変さを実感しました。子どもたちの入院が二回ほどあり、また8月からは主人が東京赴任になるなどし、スタッフの協力なしには乗り越えられない場面が多々ありました。

カフェを閉めることが頭をよぎったことも何度かありましたが、毎回カフェに出てお客様にお会いし、カフェのコミュニティーとしての役割を思うと、そんな気が全くなくなって、いつまでも続けていきたいと思います。

 

この3年間、都度みなさんに助けられ、そして成長させてもらいました。今後もみなさんの助けなしにはカフェは成り立たないとは思いますが、お客さまとカフェスタッフと一緒に楽しさを共有していけたらいいなと願っておりますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

*写真はグローバルカフェオープン後すぐからお店に貢献してくれているトラビスと酒井です。

カフェのことを相談することもありますが、最近はもっぱら子育ての話ばかりで盛り上がってます!

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai ~関西へおいでやす~ 前半(2)

Hi, everyone! This time I’m going to talk about my recommendations for souvenirs and restaurants in Kyoto! 

Do you remember that I recommended you to go to Kiyomizu temple? The other reason I strongly recommend this temple is because of the souvenirs! Don’t you buy Yatsuhashi every time you travel to Kyoto? I will give you my latest recommendations for sourveniors. I recommend visiting the main path that leads to Kiyomizu Temple because it is surrounded by many souvenir shops. Below I will tell you about some of the different souvenirs you can purchase.

Firstly, Kyo-Baum. Many souveniors shops sell it, and it’s not expensive. The sweetness of the macha and baumkuchen match each other really well without being too sweet overall.

Next is Ajyari-mochi, sold at the Japanese sweet shop, Mangetsu. The shop is located in the basement of Kyoto station, and it always has a long line. Sometimes the line is so long that it goes all the way around the shop. The worst case scenario is that it is sold out. But, at the beginning of the Kiyomizu path, if you turn left onto Sannen-zaka, there is another Mangetsu who also sells Ajyari-mochi. You don’t need to queue up and the mochi is freshly made. The texture is more like manjyu than mochi. They are moist and soft, making it easy for old people to eat.

There is a seasonings shop that is near to Mangetsu, called Ochanoko-sai-sai. They sell Maiko-han-hi-hi”, which is a very spicy chili. If you like spicy flavors you will love it. I also recommend you buy Kyo-no-odashi. Add it to Miso Soup or nimono to make it more flavourful and delicious.

If you continue up hill on the Kiyomizu path, about half way up, there is a narrow path on the right. This path is easy to miss so you have to look for it carefully. When you find the path, there is a famous hidden shop, Fumonan. This shop also sells Japanese sweets and manjyu which are named Ofukuhan. These manjyu are also very delicious. They also sell Yasai-Karinto. These were so amazing because I have never eaten Karinto like this before! I can confidently recommend these.

Continuing up the hill, there is a sweets shop with a western style exterior on the left named MALEBRANCHE. The best-selling sweet is a western style sweet called Langue de chat. It is western style, but it tastes like Macha. The inside is very creamy, and the outside is crispy.

The only sweet that I could not buy on Kiyomizu street is a cake named Saganomichi. This cake is wrapped in bamboo leaf, the cream inside is sweet, and the sponge is soft. It is so delicious. This cake used to be served to the teachers every time they had a meeting. There is a cake shop in Kyoto station where it is sold so please check it out on your way home.

After shopping and sightseeing the next thing to do is lunch. Luckily, there are many restaurants in Kyoto. I will recommend a restaurant that is hidden near the Kiyomizu temple. The name is Shokudo Endou. This is mainly a tuna restaurant and it is located in residential area. Many people wait in the line outside of the restaurant during lunch time. They have a variety of good food, the quality is awesome, and it is not so expensive. When I went there, we were not allowed to take a pictures. If you want to get more information please feel free to ask me!

Thank you for taking your time to read my blog. Next time, I am going to talk about Osaka, Kobe, Nara. Pease check again soon!

 

皆さんこんにちは!今回は、京都のおすすめのお土産とレストランについてお話したいと思います(^▽^)

前回、皆さんにおすすめの観光地で清水寺を紹介したのを覚えていらっしゃいますか??みなさんにぜひ行ってほしい場所に清水寺をあげたもう一つの理由は、お土産なんです!皆様京都に行ったら、とりあえず八つ橋になっていませんか?今回は最新のおすすめのお土産をご紹介したいと思います。特に清水寺に続く大通りは以下紹介するお土産屋さんに囲まれているためお買い物もしやすいんです!

まず初めにご紹介するのは「京バーム」です。多くのお土産屋さんがこの京バームを販売していて、価格もそんなに高くない事が特徴です。抹茶の甘さとバームクーヘンの甘さがうまくマッチしていて、甘すぎずとってもおいしいです!

次は、満月という和菓子屋さんの「阿闍梨餅(あじゃりもち)」です。これが買えるのが京都駅のデパ地下ですがいつも並んでおり、時には列がお店の周りに一周できていることもあります。また、最悪の場合は売り切れということもあります。しかし、清水道の手前の横道に伸びる三寧坂という通りにもある満月でも阿闍梨餅が販売されており、そちらではほぼ並ばずにおいしい出来立ての阿闍梨餅を買うことができます。食感は餅というよりは饅頭に近く、しっとりとして柔らかいのでご年配の方にも食べやすいです。

また、満月の近くに「おちゃのこさいさい」という調味料屋さんがあり、そこでは「舞子はんひーひー」という激辛香辛料が販売されています。辛いものがお好きな方はきっと満足していただけるかと思います。このお店で私がお勧めしたいのは「京のお出汁です」。煮物やみそ汁に入れるだけで、かなり味もコクも出て美味しくなります。

さて、同じく清水道を登って、右側に細い小道があります。この小道はよく見ないと、通り過ぎてしまうような所にありますので気を付けてください。そこを入っていくと隠れた名店があります。その名も「普門庵」です。このお店も「おふくはん饅頭」というお饅頭や和菓子を販売しています。このおまんじゅうもとってもおいしいです!このお店では野菜かりんとうも売っていて、とっても美味しいです!私は人生でこんなに美味しいかりんとうを正直言って食べた事ありません。これも自信をもってお勧めします。

続いてそのまま再び清水道を登っていくと今度は左手に洋風な外見のお菓子屋さんが見えてきます。その名も「マールブランシュ」。そこの名物はラングドシャという洋菓子です。味は抹茶味です。中身はとってもクリーミーで、外側はサクサクしています。

「さがの路」というケーキもおすすめですが、これだけは清水道で買うことはできません。笹の葉にくるまれたれっきとしたスイーツです。これも上品な甘さとしっとりした生地とクリームがとってもおいしいです。このケーキは修学旅行中の先生方のミーティングで毎回ふるまわれていました。これは、京都駅などでも販売していますので帰り道などにも寄ってみてくださいね!

買物も終わって観光も終わればお昼ご飯!ですね。京都にはたくさんのごはん屋さんがあります。今回は特別に清水寺の近くにある、知る人ぞ知る隠れた定食屋をご紹介します。その名も「食堂エンドウ」です。多くの人が昼食時間になると、外に列を作って並んでいます。ここは、まぐろを扱った定食屋で住宅地の中に位置しています。ボリュームもあり、とってもおいしいのに値段もリーズナブルでした。私が行った際は、写真は禁止でした。もしもっと情報を知りたい方はぜひ私にお声がけください!

関西編は次回は大阪・神戸・奈良を一挙にご紹介していきますので乞うご期待くださいませ(*^▽^*)

 

 「京バーム」

 

「阿闍梨餅」

「おふくはん」

 

「ラングドシャ」

 

 

*写真は各社の公式HPよりお借りしました

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai~関西へおいでやす~ 前半(1)

Hello, everyone! How have you been? My boss, Mrs.Sakai, came back from maternity leave so I can’t see you as much as before, and I miss you, but I’m also looking forward to talking to you when we meet at the cafe!

 

In this blog, I will talk to you about Kansai and Kyoto, which I have mentioned previously. Kansai is actually the most popular place to travel for school and company trips. When I was a tour guide, I spent half a month in Kansai during the busy season, I have many sweet and bitter memories about the place. This time the main topic is sightseeing.

 

Firstly, Kyoto! Kyoto is the most famous place for sightseeing in Japan and is always crowded. Which season is the best to go? I think spring or fall are the best, but summer and winter are also good. Kyoto is in a basin, which means summer is very hot and winter is freezing cold.

When it comes to transport, there are a some different ways to get around the city. The main ways are the local bus, train, taxi and on foot or bicycle. The most common way with is the local bus, but I don’t recommend it because it’s always crowded in the bus, and the routes are complicated, so it’s very inconvenient. The way I recommend is taxi or train. If you have many friends you can choose a one-day chartered taxi. The reason I recommend this is because it’s easier to catch taxies and not so expensive. The train runs many times everyday, so you might want to buy the one day train/bus ticket combination.

 

Speaking of sightseeing the best place to go sightseeing in Kyoto is Kiyomizu temple, because there are many different structures and landscapes to see. Ryoma Sakamoto’s grave is also located near Kiyomizu temple and I will talk later about more reasons to visit.

The second most famous place in Kyoto is Fushimi-inari shrine, this place is also very popular as Kiyomizu temple. There are many torii gates which lead into hills. The path which leads to the temples has a gentle incline at first, but it gets steeper after a while, by the end It feels like we climbed a small mountain. There are many Oinari stands around there that are also popular.

 

In Kyoto the Maikos are very famous. They usually appear around Gion and Ponto-cho, but it’s difficult to find them because they are busy training and working. If you find them, you are very lucky. I actually got the chance to talk to them before and I heard a lot of interesting stories. Do you know why they paint their faces white? During those times there was no electricity, so they used candles for light. The candle light made their makeup look even more beautiful.

How do they become Maiko? Actually, they need to be very determined and begin at a young age. They generally have to start training just after graduating junior high school.

Firstly, they go to Okiya (kind of agency company) with their parents to get an interview. When they pass it, they can start to become Maiko. Their training is very strict! They have to learn traditional Japanese dancing, Kyoto dialects, proper manners and playing instruments, like a Koto. They are not allowed to have their own cellphones, when they need it for work, cellphones are handed out to them. They also basically can’t go to fast food shops and they are not allowed to meet with anyone outside for work. Many girls around 15 years old can’t handle it, so many girls give up on becoming Maiko.

How about Payment? Basically, they don’t get payment, they get some money as their allowance. Their living cost, Kimonos and lessons are paid for instead of getting a salary. Hair accessories and kimonos are especially expensive.

 

When you become a Geisha, they can get salaries but they usually have to get out of their Okiya and be independent. When I met and talked to them, they were so mature and sophisticated, I couldn’t believe they were teenagers, and I respected that they are known as a symbol of Japanese beauty.

 

Continuing on from sightseeing, Arashiyama is also very famous. The Katura river flows through Arasiyama where the Togetukyou bridge crosses over the river. I believe you can feel a real Japanese atmosphere there. Every season the trees on the mountain change colour so it is especially beautiful. I have to recommend the Trocco train and Suzumushi-temple. This train runs the same speed as a bicycle, because this train is for enjoying views.

 

Suzumushi (bell cricket) Temple is a very famous and spritual temple, not only because there are many bell crickets inside the temple, but also in order to buy a charm at Suzumushi Temple you must first listen to a sermon, which is very different compared to the other temples found around the world.

 

I really want to talk about more but I’m going to finish this first one volume. I am going to talk about Kyoto’s souvenirs next time!

See you next time!

 

みなさん、こんにちは!いかがお過ごしですか?この度オーナーの酒井が産休を終えてカフェに復帰となり、私もカフェに務める時間が減ったので皆さんとなかなか会えなくなったのが寂しいです。。しかし、また皆さんとお会いした際にお話できるのを楽しみにしております!

 

今回は前回予告していた京都・関西編です。実は関西は修学旅行や慰安旅行などで旅行地の中でダントツの人気のエリア!私も添乗員時代の繁忙期は半月以上関西のホテル暮らしなど、楽しかった思い出も大変だった思い出もいっぱい詰まった思い出の地です。今回は、皆さんに行ってほしい観光地をご紹介します。

 

まずは京都からですが、年中観光地としてごった返す場所です。ベストシーズンはいつでしょうか?私としては春や秋だと思います。もちろん夏冬も美しいですが、なんといっても盆地。夏はうだるほど暑く、冬は凍えるほど寒いです。

京都の観光方法としてメジャーなのは路線バス、電車、タクシー、徒歩、自転車等です。一番人気なのが「路線バス」ですが、これはあまりお勧めしません。どのバスに乗っても人が多い、バス停が分かりづらい、、などでとても使いづらいです。私のおススメは「タクシー」もしくは「電車」です。参加人数が多ければ、「一日貸し切りタクシー」でもいいでしょう。料金も高くなく、基本タクシーは捕まりやすいです。また電車も本数が多いので、バス+電車の一日券を買い、メインを電車移動で、少し遠ければバスを使うといいと思います。

 

観光地ですが絶対おススメは「清水寺」です。理由は、あの清水寺の土台となっている骨組み、景色、など見どころが多いことにあります。他にも近くには、坂本龍馬の墓などがあります。しかし、それだけではありません。その理由は次回の前半(2)でお話します。

続いては、「伏見稲荷神社」です。ここも清水寺と同じくらい人気です。実はあの伏見稲荷神社の鳥居は山の中まで続いていて、登れます。最初は緩やかなのがだんだんと勾配が急になり、軽く山登りをした気分になります。ここの露店で販売されている「お稲荷」も人気です。

 

京都といえば、「舞子」さんも有名ですよね!舞妓さんの出没地と言えば、「祇園」や「先斗町」ですが、お仕事や稽古に勤しむ彼女たちを見つけるのはとても難しいです。しかし見つけられたらラッキーですね。私も何度か本物の舞妓さんとお話する機会があり、いろいろと聞いてきました(*^▽^*)

まず基本的になぜ舞妓さん達は白塗りなのでしょうか?それは昔電気などがなかった時代、ろうそくが電気代わりでした。その薄暗い部屋の中で最も美しく見えるのがあの白塗りだったそうです。

では、どうすれば舞妓さんになれるのでしょうか?実は舞子さんに志願するためには覚悟と若さが必要になります。一般的に中学卒業後が始めるのに適した年齢だそうです。舞妓さんになりたい子は、ご両親と共にこれからお世話になる「置屋」に面談に行き、晴れて舞妓さんへの道が始まります。

お稽古はとても厳しく、日々日本舞踊、礼儀、京ことばを覚え、楽器(琴など)なども勉強し、携帯電話は禁止(仕事での外出で必要なときは支給)、基本的にファストフード店も恋愛も禁止。15歳ぐらいの女の子のみんながみんな出来るわけもなく、舞妓さんを辞めてしまう子も多いそうです。

それではお給料はどうでしょうか?基本的には舞妓さんはお給料はありません。お給料というよりも、お小遣いという形で支給はあるそうです。お給料を出さない代わりに、お家に置いてもらって、着物、レッスン代などをお世話してもらっています。特にお金がかかるのが着物や飾りだとおっしゃていました。

 

舞妓さんの上の芸妓さんになるとお給料は出ますが、その代わり置屋を出て自立しなくてはなりません。そんな彼女たちはお話をしてみると、とても10代とは思えない落ち着きと気品がありました。そして、そんな彼女たちが「日本の美」を一身に背負う姿に尊敬と誇りの念を抱きました。

 

観光地といえば、「嵐山」もはずせないポイントですよね。なんといっても嵐山のふもとに流れる桂川、そこにかかる渡月橋はまさに、日本の風情を一気に感じられる場所です。特に山は季節ごとに表情を変えてくれるのでいつ行っても景色を楽しめます。嵐山でおススメと言えば「トロッコ列車」と「鈴虫寺」です。トロッコ列車は自転車並みのゆっくりした走行スピードで、山の情景を楽しむための列車です。

 

また、鈴虫寺は願掛けのパワースポットとして、かなり有名ですが実はそれだけでなく、名前の通り「鈴虫」がお寺の中でたくさんのかごの中に飼われています。世界的に見ても大変珍しいこのお寺には、ここで行われる説法を聞かないと買えない貴重なお守りもあるので、気になる方はぜひ行ってみて下さい!

 

まだまだ書き足りないほどですが、一旦これにて前編(1)を終了します。次回はお勧めのお土産をご紹介していきます。それではまた次回(((o(*゚▽゚*)o))

 

 

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】Family trip to Karatsu

こんにちは😊

今日は久々に酒井のブログです。先日行った家族旅行についてです。

特別なことは何もしませんでしたが、のんびりいい時間を過ごしてきました。

ぜひ読んでみて下さいね😊

 

————————————————————————————————————————————-

Hi everyone, It’s been so hot! How are you coping with the heat?

 

It’s been three months since my boys started going to the nursery and we have finally got used to our new life style.

 

Recently we went to Karatsu for the weekend. We wanted to go around this time partly because my husband will soon be transferred to Tokyo…

 

It only takes an hour and a half to get to Karatsu by train. Taking the train is nice because you get to see the beautiful ocean view.

 

Toshi, my older son, likes playing in water, especially the sea, so the main purpose of this trip was so he could play at the beach and take it easy, and we could all spend some time together.

 

As soon as we checked in at Karatsu, we headed to the beach. The water was a little murky and the sea was rough. It was very different from what we saw from the train. We were a little disappointed, but Toshi ran and ran along the water’s edge and seemed very happy. It was only the second time for Toshi to see the sea so he didn’t have any expectations. Even though I was knackered from carrying Aoi, my younger son, and our baggage that still made me smile.

 

After we left the beach we strolled through the arcade in the downtown area and then went back to the inn.

At the inn, we took a bath and enjoyed a nice meal in our room. Toshi loved the big bath, because I’m sure it felt like a pool for him.

In a Japanese style inn, the staff comes to the room and sets up the futon for us after dinner.

An elderly lady came to our room. She was very nice and let Toshi help her set up the futon and the sheets. He got so excited and loved doing that.

 

The next day after taking another bath in the big family tub, we went back to the arcade to let Toshi have a soft-serve ice cream. When we went there the day before, Toshi licked a giant size soft-served ice cream replica. For some reason there are many of them in the arcade, Toshi got very crazy and wouldnt stop licking them… So we decided to come back to let him to have a real one.

 

After that we visited a different beach from the day before and had lunch at a hotel with an ocean view.

We took it easy and headed back home after that.

 

After we came back, I asked Toshi what he enjoyed the most, and his answer was that he enjoyed swimming in the big bath and setting up the futon with the old lady.

Hmm, did we really need to go all the way to Karatsu?  

It was very cute though.

 

みなさん、暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?

我が家はボーイズが保育園に通い始めて3ヶ月が過ぎ、ようやく新しい生活に慣れてきました。

 

近々、主人が東京に赴任することになりまして、その前にゆっくり家族で過ごそうと、週末を使って唐津に行ってきました。

 

電車で1時間半もあれば唐津に着きますが、車窓から海が見えてなかなかいいですね。

最近、長男のトシが水遊び、特に海で遊びたがるので、海で遊んでゆっくり過ごそうということで近場の唐津に行くことにしました。

 

唐津の宿にチェックインしてすぐにビーチに行きましたが、車窓からの景色とは違い、水が濁っていて、波は荒かったので、ちょっとがっかりでした。それでもトシは喜び、大はしゃぎで波打ち際を走っていました。トシは海自体がまだ2回目なので、期待もなかったのかな。。私は次男のアオイを抱っこして、荷物もありましたので、すでにくたくたでしたが、トシの喜ぶ姿が嬉しかったです。

ビーチで遊んだ後は街の商店街をうろついて、宿に戻りました。

宿では家族風呂に入り、夕食を食べてのんびり。トシは家族風呂でも大はしゃぎでした。プールみたいで楽しいんでしょうね。また、夕食後にお布団を敷いてくれる宿のおばちゃんが、トシと一緒にお布団を敷いてくれて、トシは大興奮でした。

 

翌日は朝風呂に入り、商店街に戻りました。

前日に商店街に行った際、1メートルくらいあるソフトクリームのレプリカがたくさんあり、トシがそれらを舐めるので私は気が気じゃありませんでした。。ですので、本物のソフトクリームを食べさせてあげようということで再び商店街に行きました。

 

その後は前日とは違うビーチで遊び、海が眺められるホテルで昼食をとり、早めに帰路につきました。

 

うちに戻った後、トシに「何が一番楽しかった?」と聞くと

「お風呂とお布団敷いたの」と言われてしまいました。

わざわざ唐津まで行って、この答え。。(笑)かわいいですけどね。