【Thank you very much for your support in 2017!!】

Last Sunday we had a special charity day at the cafe. We were very happy to see that many customers also supported the idea, and turned up to contribute to a good cause. Thank you very much for your support! It was such a good way to finish off this year. All money collected went towards UNICEF.

Also big thanks to Thomas, Keith and Rintaro for contributing to our charity day. Our popular facilitators, Thomas and Keith, are students here and make their living by themselves, so they don’t have much spare money. But despite that, they gave up their time to participate in this charity day! Rintaro, our new staff also contributed a lot.

We would like to use this opportunity to say thank you to all our customers here.

Thank you very much for your support this year.

We wish you all a happy New Year with much love and laughter!! 

We are looking forward to seeing you at Global Cafe next year!

 

先日、24日はクリスマスチャリティーを開催しましたが、たくさんの方に趣旨に賛同してお越しいただき、本当に有難うございました。2017年の締めくくりとして大変いい日となりました。売上金(クラスを除く英会話カフェタイムの売上金18,500円)は全てユニセフに寄付させて頂きました。

当日、チャリティーに参加してくれたトーマス、キースと凛太郎くんにも大感謝です。カフェの人気者のトーマスとキースは、学生なのでいつも「お金がない、お金がない」と言っていますが、チャリティーにすすんで参加してくれて、本当に嬉しく有難いです。新人の凛太郎くんも大活躍してくれました。

 

皆様、今年も大変お世話になりまして有難うございました。

来年も素晴らしい年になりますように!

来年またグローバルカフェにてお会いするのをスタッフ一同楽しみにしております。

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】Christmas Charity / クリスマスチャリティー開催の思い

(英文の下に日本語文もあります)

As announced, Global Cafe is holding a fund raising event on Sunday, Dec 24th. This Sunday will operate the same as usual (Cafe time English) but all the money collected will go towards charities such as Unicef.

I would like to write a little about this charity event to explain its purpose.

Being a non-religious person myself, I have always felt rather strange about making a big deal of having parties on Christmas day. (Of course, I respect people who celebrate Christmas.) In my adulthood I have come to realize that I don’t really like how commercialized Christmas is..

However I have many good and warm Christmas memories with my family from childhood. When I was little my parents bought me Christmas presents and we ate Christmas cake together every year. I believed in Santa Clause as well. Even today, I still enjoy the warm Christmas atmosphere with friends and family..

So I thought it would be a good idea to use Christmas to hold a charity event for children in need who aren’t able to spend Christmas day with their family, children who need financial support for education or those whose lives might be threatened. It would be great if we can contribute, if only just a little bit, and we can feel like we are offering a small, but hopefully meaningful Christmas for them.

All money paid by customers on the 24th goes towards charities (Unicef), so please come and join us!

 

こんにちは。酒井です。

お知らせしています通り12月24日(日)はクリスマスチャリティーを開催します。そこで簡単に今回のクリスマスチャリティーを開催するにあたっての思いを書かせて頂きます。

私は物心ついたときから、クリスチャンでもない自分がクリスマスにパーティーをしたり、ケーキを食べたりして、それ風に過ごすことに何となく違和感を感じていました。それに商業的なクリスマスもあまり好きでなくて、「クリスマス商戦には踊らされないぞ」という感じで過ごしてきました。

クリスマスを楽しんだり、お祝いする方たちに対してはもちろん敬意を持っていますし、私自身、子どもの時に両親と過ごした温かいクリスマスの思い出(家族で食べたケーキや両親にもらったプレゼント)があり、サンタの存在も信じていましたし、本来のクリスマスの温かい雰囲気がとても好きです。

そこでクリスマスは、クリスマスも家族と過ごせない子どもたち、勉強したくてもできない子どもたち、生命が脅かされている子どもたちに、心ばかりのクリスマスプレゼントとして、寄付活動ができればいいなと考えた次第です。

24日当日は普段のカフェタイムとまったく同じ営業スタイルですので、みなさまはいつも通りでお越し頂けます。

そして24日のカフェタイムの売上の全額をユニセフに寄付させて頂きます。

トーマスとキースが皆さまのお越しをお待ちしております!

【オーナー酒井の日常ブログ】Eat out at bills with Cameron and Yuhsi!

こんにちは😊 酒井です。

今日はグローバルカフェ元スタッフのキャメロンと奥さんのユーシと一緒に

パンケーキで有名な『bills』にディナーに行ったときのことを書いてます。

来年、台湾に引っ越してしまうので少しさみしいですが、楽しい夜でした😊

特に難しい単語などないので、気軽に読んでみて下さい!

分からない文や表現があれば、ご遠慮なくカフェスタッフに聞いてくださいね。

 

Today I want to write about a dinner my family had at “bills” with Cameron, our old staff at Global Cafe, and his wife Yuhsi.

Cameron started working at Global Cafe soon after the cafe opening. Unfortunately he became busy and unable to work at the cafe, but he still helps out us when an emergency pops up.

 

We have been talking about going to bills for long time since bills’s owner is an Australian celebrity chef and Cameron, being Aussie, probably felt he should go and eat there sometime.

I knew about the restaurant for long time because bills was in Sydney when I lived there, but I had never been there and always wanted to go, so going there with Cameron was a very good opportunity for me!

 

The reason we decided to go there this time is to have a farewell dinner.

Cameron got married with a lovely lady, Yuhsi, from Taiwan recently, and they are moving to Taiwan next year.

 

Although it was a bit pricey, the food was very good and the atmosphere was very nice too.

We shared some starters and then the main dishes followed by pancakes, their signature dish!

Cameron and Yuhsi had Pavlova, a famous desert in Australia (You can see it in the photo below), and I got to try it for the first time.

They both were very surprised by the amount Toshi ate! (He had some of starters, some fried chickens, a pasta dish and then two pancakes!!   I thought he would be almost full by the time he finished his main dish and we could share one pancake dish but I barely ate any…)

 

Anyways it was a very nice night and we all enjoyed it a lot.

It is a little sad that Cameron won’t be in Fukuoka, but I am very happy and grateful for the friendship with them.

Cameron is a person with the Aussie sprit of `*mateship‘ and ‘*fair go‘ and he is one of the most genuine people I know.

I hope all the best for their new life together, that our friendship lasts for a long time and that we will visit them in Taiwan or Tasmania some time!

 

*mateshipとはオーストラリアにおける助け合いの精神。

*fair goとは公平にチャンスを与えることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】カズオ・イシグロ氏に夢中です

皆さん、こんにちは😊

最近すっかり肌寒くなり、秋も深まっていますが、皆さん今秋は何の秋ですか?

食欲の秋まっしぐらだった酒井ですが、

10月5日に発表されたカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞を機に、

読書の秋に転換しています。

 

子育てで忙しくなったことや、ネットがより身近になったことで、

読書、特に文学/小説という分野からはかなり遠ざかっていましたが、

カズオ・イシグロ氏が私の中のgame changerになりそうです。

 

実は今回の受賞まではイシグロ氏のことはあまり知りませんでしたし、著書を読んだこともありませんでした。

なのに日系英国人がノーベル文学賞をとったというニュースをみて

好奇心からイシグロ氏のことを調べ、イシグロ氏のドキュメンタリーやインタビュー映像を見て、

まだ著書を読んでもないのに、すっかりファンになってしまったミーハーな私です。

 

私と同じく今回の受賞でイシグロ氏に興味を持たれた方もおられると思いますので、

イシグロ氏を紹介した番組やインタビュー映像を以下ご紹介しますね。

以下以外にも英語のみのものでしたらインタビュー映像はたくさんありますので

みなさん是非探して見てみてください。

 

私はイシグロ氏のmemory (記憶)やnostalgie (ノスタルジー)という感情の捉え方や考え方に共感を覚えましたし、

(それは5歳でイギリスに渡って、いつかは日本に帰国するという思いの中、

 イギリスで育ったことが影響しているそうですが)

そのような私的なこと(ビジネスのことでもなく、実用性もないこと)を考えさせてくれるのもまた、

小説の良さなんだなとしみじみ感じました。

 最近は個人の記憶だけでなく、社会、国家やコミュニティーの記憶についても興味を持っている、

とよく話されていて(国際政治を考える際にも)面白い観点だなと思いました。

 

イシグロ氏は多くのインタビューの中で

「物語の時代や場所の設定、ジャンル設定までもは物語の伝えたいメッセージを伝えるための、device(道具・装置)でしかない」

と言っていますが、それだけ表面的なストーリーにとらわれず、真摯に自分の伝えたいメッセージ

(universal statement / 普遍的でとても大切なメッセージ)を小説を通して伝えようとしている作家なんだと思います。

 

インタビューはイシグロ氏の(当然ながらの)キレイで知的なブリティッシュイングリッシュを聞くためだけでも

一見の価値がありますよ。ゆっくり明瞭に話されるのでとても聞きやすいです。

またインタビューで垣間見れる穏やかで、謙虚、真摯なお人柄にも惹かれますね。

ではでは、イシグロ氏のファンの方がおられましたら是非お声がけください。

 

 

『(全録)ノーベル文学賞にイシグロ氏 受賞の喜び語る』

 

『カズオ・イシグロをさがして』

 

『カズオ・イシグロ文学白熱教室』こちらは日本語吹き替えバージョンですので、できればイシグロ氏の話す英語をそのまま聞ける動画の方をご覧頂きたいです(英語音声の動画はこのページでシェア出来ませんでしたが「Kazuo Ishiguro」という題名の動画がありますので検索してみてくださいね)

 

『Kazuo Ishiguro interview (1995)』 若かりし日のイシグロ氏

 

『Young Kazuo Ishiguro interview (1986)』

 

『Kazuo Ishiguro on Brexit』

昨年のイギリスのEU離脱の国民投票の結果についてイシグロ氏のインタビュー

 

 

(Mariusz Kubik as photographer)

【オーナー酒井の日常ブログ】Our new baby and Toshi

こんにちは😊 酒井です。

今日はようやく皆さまに出産のご報告ができます。

いつもながら親バカな内容になってしまいましたが、語彙(本文中の意味)と日本語文もつけていますので

是非読んでみてください😊

 

Hello everyone!!

My baby boy was finally born on July 29th. He was 6 very long days late.

My contraction started at 4:30 in the morning and I gave birth to my son at 9:54 at night. Considering it was my second time to give a birth, the labour was very long and I almost panicked. My husband was with me and supported me so much through the labour. I could not go through it without his support.

The moment we saw and held our new born baby, we got very emotional. At the same time we were very surprised because he looked almost identical to our eldest son, Toshi.

When I’m breastfeeding him and he’s wearing Toshi’s hand-me-down clothes, I feel like I am holding Toshi when he was a newborn baby.

 

We named our new son Aoi (悠碧). The Chinese character of 悠 has meaning of ‘far-off’, ‘endless’ or ‘boundless‘, and 碧 means ‘deep blue’. We hope that he will be an open minded person and have a big heart like a beautiful and boundless blue ocean.

 

What I was most looking forward to about having two sons was to see Toshi and his brother playing together and Toshi taking care of his brother. What I was most worried about was if Toshi feels left out or as if his mother has been taken away after Aoi was born.

Before Aoi was born, we tried to talk and explain to Toshi about how a baby is coming to our family many times, but Toshi pretended to not hear, or didn’t listen, to us each time we tried. I think he had a rough idea of what it is like to become a brother but he was not really ready for it.

So when I saw Toshi trying to take care of Aoi, asking Aoi what wrong when he was crying and stroking his head gently, I was incredibly happy and even cried. That was one of the most beautiful moments of my life.

 

Now Toshi is slowly adjusting to the new lifestyle and becoming a brother. He doesn’t ask to be held or for me to do things for him as often and he seems to be a little bit more independent than before. He has been considerate of me as he had been told that his mommy was in a hospital and her tummy is aching. It makes me feel both happy and a little sad. I guess that is how children grow up and I have to accept the fact that my sons will eventually be fully independent…

I really have to appreciate being mommy for my two sons and enjoy the time with them as much as possible now!

 

・contraction  陣痛

・labour(英)/ labor(米) お産

・identical そっくりの

・hand-me-down  お下がりの、お古の

・boundless   無限の、広大な

・stroke なでる

・be considerate of —         –のことを気遣っている、–に思いやりのある

 

7月29日に次男坊がやっと、予定日より6日遅れで誕生しました。本当に長く感じた6日間でした。。

29日の朝4時半に陣痛が始まり、9時54分に生まれましたのでお産もとっても長かったです。経産婦なのでお産が短いと思っていた分より長く感じられ、途中パニックになりそうな場面もありましたがお産中、終始立ち会ってくれた夫のサポートのおかげで何とか乗り切ることができました。

次男との初めての対面は本当に感動的でした!と同時に次男があまりにも長男のトシの生まれたときにソックリだったのでびっくりしてしまいました。今自宅で長男トシのお下がりを着た次男を授乳していると、新生児だったときのトシを授乳しているかと錯覚してしまうほどそっくりです!

 

次男には悠碧(あおい)と名付けました。どこまでもはるかに続く、碧い大洋のように広い心を持った人に育って欲しい、という願いを込めています。

 

今回次男の妊娠が判ってから一番楽しみにしていたことは、二人の息子が一緒に遊んでいる姿を見ること、トシが次男を可愛がるのを見ることでした。

そして一番心配していたことは、弟ができることでトシがさみしい思いをしたり、ママをとられたと感じたりするんじゃないかということでした。悠碧が生まれる前、トシに弟ができることを何度も説明しようとしていましたが、毎回スルーされていました。弟ができることは何となく分かっているんだけど、心の準備ができていないという感じでした。

なので、初めてトシが泣いているに「どうしたの?」って話しかけ、頭をよしよしと撫でているのを見たときは、感動のあまり涙が溢れてしまいました。本当に幸せな瞬間でした。

 

今、トシちゃんはお兄ちゃんになることや、新しい生活にも徐々に順応していっているみたいです。悠碧が生まれる前ほど、抱っこをおねだりしなくなったし、私に何かを頼むことも減って、ほんの少し自立したような気がします。「ママは病院にいたんだよ。」とか「ママのお腹痛いんだよ」とか周りに言われていたので、幼心ながら私を気遣っているのかもしれません。

嬉しいけど、ちょっとさみしいです。こうやって子どもは育っていって、いつかは完全に自立してしまうんですね。。

 

二人の母であることに感謝し、二人の母としての時間を目一杯楽しみたいと思う、ますます親バカな酒井でした。

 

 

1枚目がトシ、2枚目がアオイです。

 

【オーナー酒井の日常ブログ】My son is very good at negotiation 息子の交渉術

こんにちは😊

今日は酒井の親バカブログです、すみません。

最近、息子の成長が著しくて、とっても面白いです。

息子も知恵をつけているので、振り回されている感がありますが、可愛いばかりです。

ボキャブラリーは最後に載せています😊

 

 

I can see my son’s progress more and more recently. It’s more noticeable especially in his language skills and how he reads the situation or our minds. He is very particular about what he eats or drinks and never gives in; he’s very stubborn.

 

Whenever he sees me eating sweets, he has to have some. He asks me to give it all to him and I always say that he can only have half. He agrees to have half at first but always the very last moment I am about to give him half of the sweet, he tries for all of it. He probably knows he cannot have all and will end up having just half of it, but he still tries anyway just in case.  I found his tactic very clever and little cunning.

 

He used the same tactic when he wants to ride the subway. His favorite is the train but he compromises and agrees to get on a bus if he needs. I think he will be a good negotiator in the future. 

 

He loves watching Anpanman (Japanese anime charactor, he is like a god among young kids here in Japan) and always wants to watch it on YouTube, but I can’t allow him to watch it all the time. He pushes me, cries or begs or does whatever until the point I almost get angry and say I won’t let him watch anything then he compromises and agrees to watch family videos instead.  He knows the point at which he should not push me anymore.

 

I want to think that I have good control over his behavior but it’s more likely that he is the one who takes control and manipulates me.

 

progress  成長、発育

particular  細かい、気難しい

give in  折れる、譲歩する  

stubborn  頑固な

tactic 戦略、作戦

cunning  ずる賢い、抜け目ない

negotiator 交渉者

push  人に無理を言う、無理強いする

compromise 譲歩する、妥協する

manipulate  巧みに操る

【オーナー酒井の日常ブログ】Lovely people at Global Cafe😊

Recently we had many of our old facilitators (teachers) and current facilitator’s family members visit our cafe.

Jesse, her mum Carol and her baby boy Issac, Cameron and his girlfriend Yushi,  Jonathan and Will’s family from Australia, and more.

 

 

I feel that staff at Global Cafe like working here and love Global Cafe too.

Some facilitators introduced their friends to the cafe for work, too.

I think they are good indicators of positive working place and I am very proud of that.

 

 

I was very happy to finally meet with Jesse’s mum Carol. She is such a funny and nice lady.

Jesse’s baby Issac is super healthy, cuddly, and adorable. I can spend hours just playing or looking at him.

 

 

Cameron and his girlfriend, Yuhsi from Taiwan dropped by the other day. They brought such a happy lovely atmosphere to the cafe!

 

 

Jonathan, who went back to Canada two months ago is already back in Fukuoka for his holiday! He looked very well and was super energetic as usual!

 

 

 

Our youngsters enjoyed Hanami even though Sakura flowers were not in bloom..!!

 

Effie gave birth to a very pretty baby girl, Lily last year! 

 

I will continue to keep Global Cafe a good place for customers as well as for the facilitators.  

Soon Travis’s family is visiting from the US. I look forward to meeting them!!

【オーナー酒井の日常ブログ】Beppu onsen trip!

こんにちは😊

先日、家族で別府旅行に行って来ました。

旅行の思い出を親バカ日記風に書いてみました。。

是非読んでみてくださいね😊

 

 

 

I visited Beppu, Oita with my family recently.

We wanted to have some relax time before the little one is born.

 

I am not the kind of person who appreciates relaxing and easy-going onsen type trips.

I always much prefer more adventurous type trips to onsen trips.

But this time was different and I was very excited for weeks before the trip.

We planned to go to African Safari and Umitamago, the aquarium there, and that made me excited.

I personally do not get excited about going to African Safari or the aquarium, but I got excited that my son Toshi is going there for the first time. I had been imagining what his reaction and how happy he would be.

 

I actually enjoy all of his first experiences as if they were my own.

Thanks to Toshi many things are new to me again.

 

In the African Safari, our highlights were getting on the jungle bus and the pony ride.  On the jungle bus you can travel through the safari area and feed animals such as lions, elephants, giraffes and so on.

Toshi surprisingly didn’t get scared by the animals and fed them bravely.

He was even talking to them 『Hey giraffe, come over here and I will hold and feed you!!』  

Oh, that was super adorable!!

 

 

The pony ride was good too.  Although Toshi was a little nervous and shy, he was so happy during the ride.

If it was six months ago he would have gotten too scared and would not have gotten on the pony. So I was very happy about his progress. 

 

The following day we had great time in the aquarium and enjoyed the onsen and headed home.

Although it was short I had so much fun with Toshi (and my husband) and  I was so refreshed. 

 

The next trip will be with our new family member. I look forward to it so much!!

 

 

 

 

 

【オーナー酒井の日常ブログ】Starting new chapter of life

こんにちは😊

今日は私、酒井の日常ブログです。

簡単な英語で書いていますので、お時間のある方は是非読んでみて下さい。

 

It was Ariana’s last day at Global Cafe.

It was a little sad because many customers liked her and I really enjoyed talking with her, but I am excited for new chapter of her life too.

To me she is such a modern woman with a sense of independence and aspiration but at the same time very sensitive and sweet woman.

On her last day, she kindly gave me this charm for a safe delivery.

I was so happy and appreciative for her consideration.

 

 

Yes, I am expecting!!

I am in the second trimester (4th,5th, 6th month) of pregnancy (6th month of Japanese pregnancy counting system) and due on the 23rd of July.

My morning sickness is gone completely and my tummy has started to show. I can feel the kicks of my baby now too.

For some reason I feel like it’s a baby boy, maybe because the kicks are very strong and I can not imagine myself becoming the mother of a girl.

I will find it out in 4 weeks time either way.

 

So a new chapter of my life will start soon too!

Even though I have no idea if I will have enough stamina to be able to handle two kids, I am very excited and happy for the challenge😊

 

 

【酒井資子の思い出ばなし】海外生活(タイ、オーストラリア、シンガポール)を振り返って

こんにちは😊

 

今日は自分の海外生活のことを振り返って書いてみたいと思います。

 

私は20代の頃、タイのチェンマイで4ヶ月ほど、オーストラリアのシドニーで4年半、

シンガポールで4年、生活し仕事をしていました。

そして2011年末に帰国して、現在日本での生活が5年になります。

 

私の経歴は確かにとてもユニークではあるので、

人にはよく「すごい!!」と言われますが、実状はたいしたことありません。(笑)

 

強いて、すごい?、他の人と違った面をあげるとすれば、

向こう見ずで無鉄砲、怖いもの知らず、よく言えば行動力があるところだと思います。

 

学生の頃から旅行が大好きでアジアやヨーロッパなど20カ国を旅行してますが、

バックパックを背負って、ガイドブックも持たずにヨーロッパを2ヶ月一人で周って、

宿が見つからず駅に寝たり、男女が20人以上床に寝るドミトリーで泊まったこともありました。

 

各国での経験の詳細はまた次の機会に書かせて頂きますが、

各国での生活をざっくりと書きたいと思います。

 

チェンマイでの4ヶ月は日本語学校でボランティアで日本語を教えながら

現地の日本人向けの情報誌にコラムを書いたりしていました。

習い事で週に何回かタイ人に混じって英会話教室に通ったりもしたので

現地の友達もでき、タイ語も教えてもらえました😊

英語はたいして上達しませんでしたが。。

 

その後そのままシドニーには、ワーキングホリデービザで渡航し、

日本語教師の資格を持っていなかったので

まずは3ヶ月集中養成講座を受講して、日本語教師の資格を取得しました。

そして幸運なことに、講座修了後すぐに現地のプライベートの語学学校で

パートタイムの講師のポジションを得ることが出来ました。

しばらくは日本語レストランでのアルバイトと兼業しながら、生活費を捻出していました。

そのような生活を半年続けていると、語学学校の方から

受付/語学カウンセラー/営業のポジションをやってみないかというオファーをもらいました。

経験が全くなかったので、不安もありましたが、受けさせてもらい、

残りのシドニー滞在期間は語学教師、受付/語学カウンセラー/営業として勤務しました。

 

そしてシンガポールでは何をしていたかというと、

2社の日系企業で働きました。

1社目は日本電産サーボ(株)で、社長秘書/通訳翻訳というポジションでした。

ここでも秘書の調整業務はとにかく、会計やビジネスの知識も英語力も大してないなか

そもそも日本の会社での就業経験もないなか、通訳翻訳という全く経験のないオファーを受けました。

「たくさんの応募から選ばれて、入社試験も通ったんだから絶対にできる」と

信じながら頑張りましたが、入社後たくさん苦労しました。

週に1回インドネシアのバタム島にある会社の工場で働くインドネシア人に

日本語を教えるという経験もさせてもらえました。

 

2社目はアジア・大洋州三井物産(株)で社長秘書のみのポジションでしたが

社長はどこかの国の首相と会食したりするような地位の方で、

常に海外出張や会議で分刻みのスケジュールをこなしていらしたので、

秘書の責任は重大。

なぜかそんなポジションに選ばれて、オファーを受けた私でした。

 

 

教えた経験もほとんどないままに、海外で日本語を教え、

経験のない、受付や営業、通訳翻訳や秘書など頂いたチャンスは

全てチャレンジしてきました。

 

成り行きと運任せで結果オーライにみえる私の経歴ですが、

今こうして思えば、何か決断が必要な時はその都度その都度、

何がベストなのかを考え、選択し、

そのときの自分には無理に思える仕事でもチェレンジすることを恐れず,

厚かましく(笑)海外で生きていました。

そのときそのときの仕事を一生懸命、真摯にやることで、

周りからのサポートも受けられ、

次の道が拓けていったと思いますし、人脈や縁にもつながったと思います。

 

新しい仕事をするときは毎回、不安もありましたし、

仕事を始めても上手くいかずに胃が痛くなるような日々もありましたが

いつも自分なりに全力で創意工夫して乗り切っていたので、

どの経験も時間も大切な財産になっています。

 

私は英語も仕事のスキルも全て実務を通して学んできて、

今、若い方、海外に住んでみたい方、

何かに挑戦しようと思って迷っている方に伝えたいのは

とにかく飛び込んでみた方がいいということです。

もしもチャンスがあったり、新しいことに挑戦できる環境に恵まれているのなら

恐れずに飛び込んだ人の勝ちだと思います。

 

机上での学びも大切ですが、実務を通しての学びはやはり一番大きいです。

自分を追い込む形にはなりますが、お金をもらいながら実務が積めることを考えれば、

遠慮せずにチャンスは自分のものにして欲しいです。

 

英語も同じです。机上で勉強するのも大切かもしれませんが

やっぱり実際に英語で話して、コミュニケーションすることが一番の上達の鍵。

英語は伝えるためのツール(道具)なので、使わないと上達しませんし、

使わずにおくのはもったいないです。

伝えようという気持ちがあれば、必ず上達します。

 

英語を話す機会がないという方はグローバルカフェでどんどん話して欲しいですし、

それ以外でもNHKテレビやラジオの講座、英語学習のアプリや、英語のニュースサイトなど

使えるものはフル活用して英語を吸収して自分のものにして欲しいです。

英語に多額の費用をかける必要はありません。

私はほとんど英語が話せないうちから語学学校で受付の仕事をし、

電話受付までしていましたよ。。(汗)

 

(何だか余計なおっせかいで締めくくってしまいましたが。。もう歳なのかな。。)

今後は上記の海外での経験をもっと詳しくご紹介させていただきたいと思います!!

 

*写真はシドニーで日本語講師をしていたときに、アルクの月刊誌「日本語」に紹介された際のものです

DSC00271

 

*シドニーではマンリーというところからフェリーで通勤していました🎵

 

DSC01821

*自宅には可愛いlorikeetが遊びに来ていました

DSC02183

*ザ・オージーライフですね。笑

 

DSC_3741

*シンガポールで働いていたオフィスがあるビジネス街

 

DSC_3970

*シンガポールビジネス街の夜景