【オーナー酒井のブログ】Farewell !!

(日本語文は英語文の下に入れております)

It’s sad that this will be the last blog before the cafe closes.

Ever since I decided to close the cafe and move to Australia, I have had such complex feelings. Part of me is very excited about going to Australia and part of me is very sad about the cafe’s closing.

Since the day that I announced the closing of the cafe, I’ve received many messages and comments which have encouraged and made me happy. Many customers expressed how sad they are, but at the same time, they thanked me, told me how much they cared, encouraged me and even celebrated my new life. Recently, I’ve been very emotional and tearing up often.

Closing the cafe has made me realize how much this cafe really means to me. Come to think of it, I established the cafe and built it from scratch. The cafe feels like my third child. I always think about the cafe (even without realizing it) and have put so much work into it over the last 4 years.
We have created such a unique cafe here. It’s not only about English anymore. It has become a meeting place, a small community. It took a lot of trial-and-error, but we have finally created a place we can call our own.

Most importantly, we have so many lovely customers whose numbers have been increasing more and more. Closing the cafe is not just sad, it gives me a deep sense of loss.

However, thanks to warm messages from the customers, I think I have finally sorted out my complex feelings. I can finally feel that my effort over the last 4 years has paid off.

I had several people offer to carry on the cafe after I move to Australia. Unfortunately, none of them were feasible and didn’t happen. But, many wanted to continue the cafe because they appreciate our community and they don’t want it to disappear. I think many love the cafe’s cozy atmosphere as well as meeting with all the other wonderful customers who support the Cafe’s philosophy of cross-culture communication. These offers made me feel extremely happy and honored.

I am so grateful for meeting with each customer and all the staff here. I also learned a lot from all the conversations and from getting to know many customers. At the cafe we talked about various things and got to know each other’s background, life, dreams and stories through simple questions such as , Why are you learning English? or Where did you learn your English?.

I have also obtained a different perspective after having so many conversations. Many customers who have visited and lived in different countries, not to mention the foreign facilitators who work here, have shared their different ideas, opinions and points of view. By just listening to the conversation at the cafe, my world view has expanded much more than I expected it would.

There are some customers and facilitators who had a big life event such as marriage, child-birth, changing jobs (changing jobs is still a big life event in Japan!) or study abroad during last three years and eight months. I feel so honored to witness and sometimes even participate in these important events.

Finally I would like to thank my family. I sometimes had to sacrifice time with my family, but my boys always embraced me and showed me love when I found time to be with them. Whenever I had a tough time at the cafe they gave me strength and motivated me to get through it. Last but not least, I would like to express my appreciation to my husband. He is not particularly the sweetest husband, but he’s been the biggest supporter of Global Cafe and my passion for it.

As a farewell message to Global Cafe English learners, I would like to share a small conversation I had with our old facilitator Jesse.

Jesse: 「Your English is Amazing!」
Motoko: 「You really think so? I’ve got an accent and I still make some mistakes.」
Jesse: 「Why should you talk like us? I understand you perfectly. I like your accent.」

This conversation opened my eyes to a new idea. Speaking correct English is maybe one thing, but the passion to communicate and to learn about one another counts much more. English is a global language and so diverse. Nowadays, most English speakers around the world don’t speak ‘native’ English anyways. You’ve got an accent. That means you learnt a second language, English, in addition to the language you already have. That’s great. Learning a language takes so much effort and time! You should be proud of your English.
Be confident and enjoy speaking English! Get to know people from across the globe and expand your world using your hard-earned English, whatever level it is.

I wish you all the best and I look forward to our paths crossing again someday.

Motoko SAKAI

 

こんにちは。寂しいですがこれがグローバルカフェ閉店前の最後のブログになってしまいました。最後にカフェへの思いと、お客さまへの感謝の気持ちを綴らせて頂きます。

 

閉店するという決断をしてしばらくは、閉店すること、カフェがなくなることに対しての実感がまだまだ湧かずにいました。
しかしながら閉店のアナウンスをしてからは驚くほどたくさんのお客さまにメッセージを頂きまして、急に実感が湧いてきたという状況でした。

開店当初からお店を利用下さり、お店の変遷を見守って下さった多くのお客さまには、「順調だったのに勿体無いですね。でもよく決断したね。」「これまでよく頑張ってきたね。」「カフェに来ているお客さんはみんなこのカフェが好きな人ばかりだよ。」などオーナーの私の立場を気遣うお言葉をかけて頂きました。

「シドニーでご活躍ください。」「ご家族一緒が一番。ご家族やお子さんにとっていい機会ですね。よかったですね。」というようなにお客様にとってお店がなくなることの不便さよりも、私たち家族のことについて喜んで下さったり、励まして下さるお言葉もたくさん頂き、本当に感激でした。

また「引越しなど忙しいだろうけど体に気をつけてね」というような優しいお言葉が胸に沁みて、とにかく涙腺が緩みっぱなしでした。

それと同時にお店がなくなるという実感や喪失感が湧き上がってきましたし、こんな優しい、今まで支えてくださったお客様と別れないといけないという寂しさで胸がしめつけられる日々を過ごしました。

 

思い返せば、この4年間は四六時中気づけばカフェのことばかり考えていました。カフェは自分が生み出し育ってきてくれていたもう一人の息子のような存在であり、自分の分身のような存在でもありました。

開店当初はまだまだ荒削りだったカフェのシステムは営業していく中で少しずつ整い、より良い雰囲気のカフェを創り出すことができました。これまで勤めてくれたスタッフの貢献があってこそです。

またトライ&エラーをたくさん繰り返し、より私たちが目指す理念に近い場所を創ることができたような気がします。英語を話せる場所というだけではない、出会いの場/コミュニティになったことを本当に嬉しく思っていました。

ですので、カフェがなくなるということに対してはやはり寂しさ以上の強い喪失感があります。

 

経営的にも順調に成長し、ずいぶんよくなってきたところでカフェを閉めることになってしまいましたので、やるせない気持ちもありましたが、 閉店のお知らせ以降たくさんのお言葉を頂いたおかげで、今までしてきたこと、力を注いできたことが報われたという気持ちになれました。

また諸事情によって叶いませんでしたが、私が日本に帰国するまでの間、お店を継続しグローバルカフェという場所を残したいというお申し出もお客様や講師より複数頂きました。それほどカフェを愛してくださり、理念に共感してくださるお客様がいらっしゃるということ。これほど光栄で嬉しいことはありません。
もちろん勿体無い、悔しいという気持ちは残りますが、そんなお客さまの思いを受けて、閉店を一つの区切りとして自分の中で受け止め、前に進むことができる気がします。

 

 グローバルカフェでは英語というツールを使って英語という共通項で、たくさんの話題についての会話が繰り広げられてきました。「どうして英語を話せるの?」とか「どうして英語を学びたいの?」というシンプルな質問を通して、英語を通しての皆さんの夢、バックグラウンドや人生、ストーリーを垣間見ることができました。

 日常の小さなことでも人、個人によって色んな見方があったり、日本が抱える問題や世界のことについて、色んな国で色んな経験をされた方々の様々な視点や意見が交わされていましたので、カフェにいながら私の視野と世界も大きく広がり、多くの学びがありました。

また4年弱の間にご結婚やご出産された方、留学された方、転職された方などがいらして、お客様や講師の大事なライフイベントに立ち会わせて頂いたような光栄な気持ちでもあります。

 

英会話や学びを通してのご縁で皆さんと出会えたこと、英語というツールでお互いを少しでも知り合えたこと、分かり合えたことにとても感謝しています。

 

最後に手前味噌にはなりますが、これまで支えてくれた家族に感謝したいと思います。家族の時間を犠牲にしたこともありましたが、お店が大変な時も家に戻ると笑顔で待っていてくれる子どもたちがいることは本当に有難いことでした。
また口うるさい(面もある)夫ですが、夫はグローバルカフェの一番のサポーターであり、私が私らしく輝くのを一番サポートしてくれる一番の理解者であり、一番のパートナーです。

 

最後の最後にGlobal Cafeから、英会話を学んでいらっしゃる皆さんへのメッセージとしまして、元Global Cafeのファシリテーターのジェシィとの会話をご紹介したいと思います。 

Jesse:「Your English is Amazing!」

Motoko:「You really think so? I’ve got an accent and I still make some mistakes.」

Jesse「Why should you talk like us? I understand you perfectly. I like your accent.」

 

なんだか目の前が開ける思いでした。ジェシィの寛大な気持ちに勇気づけられました。
正しい英語、正しい発音も大事ですが、(言葉も著しく変化し、英語がグローバルに話される中、正しい英語も正しい発音もたくさんあるのかもしれませんし)やっぱりコミュニケーションにおいては相手に伝えたい気持ち、相手を分かりたい気持ちが大事だなと再認識しました。

私も伝えたい気持ちを大切にすることと同時に、日本語で私に話してくれる外国人の方には、正すことよりも何よりも理解しようとする気持ちを大切にしたいと思いました。

そもそもアクセントがあるということは、すでに英語以外の母国語がある上で、英語を習得し二つ目の言語として話しているということです。皆さんも伝えたい、相手のことを分かりたいという気持ちを大切に、ネィティブじゃないのにこんなに話せるんだよ、二か国語話せるんだぞ、と自信を持って世界中の人とどんどん英語で話して世界のことを知りましょう!!

 

またご縁があり、いつかどこかで皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

 

酒井資子

 

 

【元添乗員ふきこのブログ】The way I am ~1~

Hi, everyone. How have you been? 

As I mentioned before, this time I want to talk about myself. It might be long, so I will divide it into two blogs.

I finally got the required IELTS score to study business in Australia! IELTS is an abbreviation for International English Language Testing System, and it’s predominantly a test for non-native English speakers who want to study and get a job in Australia, England, or Canada. The test has listening, reading, writing and speaking sections. The overall score is a combination of the individual section’s scores; therefore, the hardest part is to get a good score in all modules at the same time. I didn’t know any specific strategies for passing the test and the examination fee is high, thus I can’t take the test many times.

I started aiming to get the required IELTS score when I came back to Japan from Australia, where I was on a working holiday visa, around 2 years ago. At that time, it was so hard to make time for studying and I had to make money to pay back my college scholarship. I also needed to save money for my future tuition fees,  IELTS examination fees, and unfortunately, I had to get braces. Of course I had to handle it by myself, so I was in a difficult situation.

However, I made the decision to pay off all my debts, to save money for studying abroad, and to get the desired score within 2 years. Then, I would definitely go back to Australia. For 2 years, I worked three or four jobs at the same time and studied very hard, late into the night. The way I studied for IELTS was very simple. I looked for the IELTS textbooks with the best reviews online and bought them. Then, I did the exercises repeatedly. This way might not be the best way to get a high score but, it was good enough for me. The score I got is actually not very high. However, I am proud of myself that I could achieved this score. I was able to bounce back after my difficulties and achieve my goals after a lot of sacrifice.

I think I’ll call it here! I’ll give you some study tips. ( not really) 

See you!

 

 

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか??

今回は前にお話ししておりました、私の事についてお話したいと思います。少し長いので、2回に分けてお送りします(^▽^)/ 

実はこの度ようやくオーストラリアでビジネスカレッジに入学するのに必要なIELTSのスコアを獲得することができました!

IELTSとはInternational English language testing system の略で、主にイギリスやオーストラリア、カナダでの進学や就職を目指す英語のノンネイティブの人達のためのテストです。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションに分かれていて、結果は4つのスキルごとのスコアと4つスキルのオーバーオール(平均点)が出ます。4つのスキルがあるので一気にレベルがあげられない、どう攻略すればいいのか分からない所が私にとっての最大の難関でした。また受験料もとても高く、そう何度も受けられない点も非常に大きな壁でした。

IELTSを目指しだしたのは、オーストラリアのワーキングホリデーから帰ってきた約2年前です。この時は、ただでさえ難しいIELTSの勉強時間の確保と、短大の時の奨学金の返済、留学費用、受験料、歯列矯正代の金銭面も全て自分で工面しなくてはいけなかったので正直どん底でした。
それでも自分の中で2年間のうちに必ずお金を貯めて、IELTSのスコアを取ってオーストラリアに戻る!!そう決心していました。この2年間3つ、時には4つ仕事を掛け持ちして、勉強も夜中までしていました。勉強法は至ってシンプルで、文法本やネットに載っているIELTS本を吟味して購入し何度も繰り返し解いていく、という方法だったので効率はあまり良くなかったと思います💦そうこうして、ようやく取れたスコアは決して自慢できるほど高いものではありません。しかし、マイナスから始まって、たくさんのことを犠牲にして手に入れたスコアは何物にも代えがたいです。

 それでは前半はこれぐらいで、後半は英語を勉強するにあたってのコツ(というほどでもない)などをご紹介したしと思います!

それでは、また次回👋

 

 

 

 

 

 

 

【英語の勉強法】英語上達のコツ、英語の勉強の仕方 Part 3

こんにちは。酒井です。
今日は「英語上達のコツ」、「英語の勉強の仕方」のPart3です。

今回は初心者の方に特にオススメの勉強法、初級者〜上級者へのカフェの講師のオススメの勉強法やアドバイスと英語学習に役立つソースをご紹介致します。

 

***初心者の方へのアドバイス***

初心者の方は基本的な英語の文型を押さえて、ドリル練習をすることが一番有効だと思います。
そして、いきなり複雑すぎることを話すことは避け、まずは自分のことや、身近なことから話せるように練習することが大切です。

例:× 私はあそこの有名なケーキ屋さんで1時間並んで・・
  ○ 私は有名なケーキ屋さんに行った。私は1時間待った。

・はじめの頃は特に(S)主語-(V)動詞-(O)目的語の語順をしっかり守りましょう。日本語は主語を省いて話したり、目的語を言わないことも多いので注意しましょう。

・初心者の方は特に語順を守り、言葉を省かずゆっくりでも丁寧にフルテンスで話すよう心がけるといいと思います。最初から言葉を省いて話すといつまでもブロークンな英語しか話せなくなってしまいます。言葉を省くのはある程度上達した後からでもいくらでもできます。

・テキストブックなどで新たに学んだ表現や英文は、内容を「ふむふむ」と理解して納得するだけで終わらず、とっさに英語で話しかけられた時に口からパッと出てくるくらいまで音読練習すれば力がつきます。

・語学学習は繰り返しがとても大切です。一度覚えた表現を忘れてしまっても、同じ言葉を辞書で何度も調べてしまっても落ち込まず、諦めず、繰り返し手を替え品を替え、覚え続けましょう!
(単語や表現をすぐ忘れてしまう、同じ言葉を何度も辞書で調べてしまう、と言うご相談はとっても多いです!!)

 

***次はグローバルカフェ講師からのアドバイスです***(意訳をつけてますので是非ご参照ください)

Travis
It takes time and endurance to learn a language. Don’t worry if you can’t remember a new word or grammar the first time. I have to learn a word seven times before I can use it comfortably.

語学を習得するには時間と根気が必要です。新しい単語や文法を1回で覚えられなくても大丈夫です。私は新しい単語を使いこなせるようになるのに7回かかります。

 

Melissa
Use the things you’re already interested in to help you learn English. Do you like cooking? Try getting an English recipe book. Into current affairs? Watch some English news clips about topics you’re familiar with. Let your studies be enjoyable as well as educational!

すでに自分が好きなことを使って英語を学びましょう。料理が好きなら英語のレシピがいいですし、時事問題に興味があるなら馴染みのあるトピックのニュースを見るのがオススメです。
ためになるだけでなく楽しいやり方で英語学習を続けて下さいね。

 

Keith
-Try and use the language in some way every day. Just for a little bit is enough. Watch a TV series or YouTube for 20 minutes, read a page or two in a book, look at your study materials, etc. Just a little bit everyday goes a long way.

-Expose yourself to the language. Watch things, read books, listen to music or radio or audio books, even talk to yourself sometimes. The more exposure, the more you’ll learn even without realizing.

-Don’t be afraid to make mistakes! Just go for it. Eventually you’ll learn from the mistakes and improve your skills.

-毎日少しでも何らかの形で英語を使ってみてください。英語のドラマシリーズやユーチューブを20分間見るとか、本を1、2ページ読むとか、英語教材を眺め見るとか、英語で独り言をいうだけでもいいんです。とにかく毎日少しずつでも続けることが大切なことです。

-とにかく英語に触れるようにしましょう。テレビなどを見るとか本を読むとか、どんなことでもいいので英語に触れれば触れるほど、気づかないうちに英語力がつきます。

-英語で間違えることを恐れないようにしましょう!とにかくチャレンジすれば間違いからも学びますし、英語力は上がります。 

 

Laura
When studying a foreign language I often find that practicing reading and listing at the same time is useful for me. For example, reading a book while listening to the audiobook narration or watching an English movie with English subtitles.

外国語を学ぶとき、私はリーディングをしながらリスニングをすることが有効だと思っています。例えば本を読むときにその本のオーディオナレーションを聞いたり、英語の映画を見るときに英語字幕をつけたりしています。

 

Camilla
-Definitely expose yourself to as much of the target language as possible! Watch TV series (doesn’t need to be long, can be short), movies, documentaries (short 20 minutes ones!), comedies, children shows. Listen to music!

-Some apps can be useful to leaning languages. I have a Japanese translation app that I use everyday when I see a word I don’t understand or want to learn more about.

-If you have a hobby or interest that you can pursue in English then go for it! (e.g. if you like cooking then watch English cooking shows, if you like to read then try reading English books, join international clubs or activities, find international sports clubs or groups. ) 

-出来るだけ英語に触れることが一番大切です。テレビシリーズ(短いものでもいいので)、映画、ドキュメンタリー(20分の長さで十分です!)、コメディや子ども向け番組を見ましょう。音楽を聞くのもいいです。

-英語学習アプリもオススメです。私は日本語翻訳アプリを使ってますが、言葉が分からないときや言葉についてさらに学びたいときに活用しています。

-英語で楽しめる趣味などがあれば是非英語でやってみてください。(料理が好きなら英語の料理番組ががいいですし、読書が好きなら英語の本に挑戦しましょう、インターナショナルな集まりの会に出たり、スポーツグループに参加するのもいいですね。)

 

Kori
-Watch movies or TV shows in English with English subtitles and mirror the actors and try to copy their intonation.

-Learn when and how to use certain words (not just their definitions) by googling examples.

-Talk to native speakers as much as possible, listen carefully and ask questions! You can learn so much by being an active listener!

-英語の映画やテレビ番組を観ましょう。英語の字幕をつけて観て、出ている俳優の言っている通りに言ってみて、イントネーションを真似しましょう。

-単語を覚えるときは単語の意味・定義だけでなく、どんなときにどのように使うのかも覚えましょう。辞書で単語を調べるだけでなく、グーグルで例文を調べてみるといいですよ。

-ネイティブスピーカーと出来るだけたくさん話し、どんな風に話しているかをよく聞いて、色々と質問しましょう。アクティブリスナー(熱心な聞き手)はたくさんの学びがありますよ。

 

Helena
-Don’t worry about mistakes
Everyone makes mistakes when learning a language. I make mistakes everyday with Japanese. I think the most important thing is to not worry and just talk as much as possible.

-Don’t be too shy
This may seem like a strange tip, but English speakers tend to be more outgoing and direct.

-Use a variety of resources 
Using a variety of sources such as movies, TV, books, Global Cafe time and etc. This will help you to develop a broad range of skills. Use as many as possible! 

 -間違うことを恐れないで
言語を学ぶときは誰でも間違えますし、私も毎日日本語の間違いをしています。間違えることを怖がらずにとにかくたくさん話すことが一番です。

-恥ずかしがらないで
ちょっと変わったアドバイスかもしれませんがイングリッシュスピーカーは社交的ではっきりものをいう人が多いようです。恥ずかしがらずにどんどん話しましょう!

-色々なリソースを活用しましょう
映画、本、グローバルカフェのクラスやカフェタイムなど様々なリソースを勉強道具として使うことでより総合的な英語力がつきます。いろんなこと、ものに英語でトライして下さいね!

 

***最後に英会話学習に役立つリソースをご紹介します***
私は英語学習/習得に多額のお金をかける必要はないと思っています。(云十万という教材や英語学校のコースもありますが、、個人的に費用対効果は非常に悪いんではないかと思っています。)
特に昨今は無料で使える学習アプリやネット上のニュースサイトやSNSなど豊富にありますので、色々探してみて合うものを活用してくださいね。
以下、私のオススメと評判がいいものを集めてみましたのでご参照ください。

  

NHK英語のテレビ/ラジオ番組 
基礎英会話、ビジネス英語やSNS英語術まで豊富なプログラムが揃っており、テキストブックを買ったとしても300円前後でとってもリーズナブル。場面を見せながら英語表現を紹介してくれるので、どんな時に使えばいいかが分かりやすいです。グローバルカフェで海外留学などされたことがないのに英語が上級の方の中には、NHKの番組や教材で英語を学ばれた方が多いです。酒井も渡豪前はNHKばかり見て勉強していました。

 

海外ニュース
BBC(イギリス)、CNN(アメリカ、動画が豊富)、Newsy(動画メインのニュースサイト、分かりやすい英語で発音も聞きやすい短い動画です)、reuters(イギリス)、Economists(ちょっと上級)などなど
また国内のThe Asahi ShimbunやThe Japan Timesなどは、当然ながら日本のニュースが多いので馴染みのあるニュースが読めます。

 

海外ニュースの学習者用サイト
Leaning English-BBC(6 minutes EnglishやBasic vocabularyなど役立ちコンテンツがたくさんです) ,
VOA News, News in levels(同じニュースを3つのレベルで読めます), nippon.com (日本のニュースを多言語で紹介) 

 

CNN English Express
   CNNの英語学習者用のマガジン。教材として時事ニュースを扱っており、解説もとても丁寧で分かりやすいです。付属のCDには実際のCNNニュースの音声も含まれておりとても実践的でためになります。初心者向けにゆっくりのスピードの音声も入っています。

 

Netflix、hulu、アマゾンプライムなどオンライン動画配信サービス
映画やドラマシリーズを字幕なしで見たり、英語字幕や日本語字幕をつけたりして内容を確認しながら観るとかなりの勉強になります。最近の映画やドラマシリーズは話すのが速い傾向にありますが、好きな映画やドラマなら楽しみながら英語学習できますよね。

 

英辞郎 
オンライン英語辞書。例文が豊富に出てくるので単語や表現をどのような文脈、場面で使うのかを理解するのに便利です。簡単な登録は入りますが無料のPro Liteがお勧め。

Duolingo
無料の語学学習アプリ。一日数分の隙間時間でもクイズ形式で勉強することができ継続しやすいです。「英語学習アプリ」で検索すれば他にも色々なアプリが出てきますので、ご自分にあったものを見つけてくださいね。

 

バイリンガール英会話/ Bilingirl Chika
バイリンガールちかさんのYou Tubeチャンネル。日常英会話や海外の生活情報など、役立つ情報が盛りだくさん。

 

ちょっと長くなりましたが、とにかく楽しんで、コツコツ諦めずに頑張りましょう!!
諦めてしまったら終わりです。一つのやり方が続かなければ、飽きないようにやり方を変えたりしながら
とにかく続けましょう。

今回で「英語上達のコツ、英語の勉強の仕方」の最後のブログとなりますが、少しでも皆さんの英語学習のお役に立てていただけれたらと思います。

【英語の勉強法】英語上達のコツ、英語の勉強の仕方 Part 2

こんにちは。酒井です。

Part1を載せてからずいぶん時間が経ってしましましたが、
今日は「英語上達のコツ」、「英語の勉強の仕方」のPart2です。
今回は私がオーストラリアに行ったばかりの頃に実践していた勉強法、英語を話すときのコツをご紹介します。

長くなりましたので、予告していました初心者の方にオススメの勉強法、講師のオススメ勉強法と英語学習に役立つソースはPart3にてご紹介致しますね。

 

まず、私がシドニーで暮らし始めたばかりの頃に実践していた勉強の仕方をご紹介します。
私はシドにーに暮らし始めた頃はオーストラリア人女性と一緒に二人で住んでいました。とにかく英語が話せないと日々のコミュニケーションに困ると言う状況ですが、私の英語力は「駅まで車で送ってくれる?」とか「スーパーにこのバターしか売ってなかった。」というような日常英語を何とか言えるレベルでした。ですので、とにかく話せるようにならないとシェアメイトとも上手くコミュニケーションが取れないし、就職するにも困るし、友達もできないし、などなど死活問題でした。

海外で暮らせば自然に英語がペラペラになると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、大人は勉強、もしくは何か工夫をしないとただ海外に滞在しているだけでは話せるようになりません。

テレビを見たり新聞を読んだりなど色々と試行錯誤の結果、私に合う一番の勉強の仕方は次のようなやり方でした。ちょっと変だと思われるかもしれませんが、結構有効でしたので皆さん試してみてくださいね。

 

***単語単独で覚えずに例文と一緒に覚えましょう***

日常生活でこれって英語で何て言うんだろう?と考えてみる。
(ものの説明であったり、自分の気持ちであったり、状況の説明など)

(私はよく一人で歩いているときに心に浮かんだことを全て英語で口に出して独り言で言っていました。)

口に出してみて英語で言えない場合は、日本語でもいいので言えない文章をメモにとっておく。そしてチャンスがあるときにそれを英語で何ていうのか解明して、言えるように練習しておく。
(英語で話していて、上手く伝えられなかったときも同じで、チャンスがある時にネイティブなら何て言うのか解明して練習しておく。英語が得意な日本人に聞いたり、ネイティブスピーカーに聞いたり、英語質問サイトで調べたりして解明します。)

小さなノートなどのページのおもて面に上記の日本文を書いて、裏に対応する英語を書いておく。いつでも持ち歩いて時間がある時にペラペラと見返して覚え、サラサラと自然に言えるようになるまで練習する。

 

*このときのコツとしては単語を単独で覚えるのではなく、日常生活で使えそうな表現や文と一緒に覚える。

*他にも見聞きした表現で自分にとって使えそうなものがあれば、すかさず表現ごと(文ごと)全部メモして覚える。そしてチャンスがあれば、すぐに使うようにしましょう。


*例1:「この歌懐かしい。子供のときによく聞いていたんだ。」これを英語で伝えたいとします。そのときに「懐かしい」って何ていうんだろうと辞書で調べてみると「nostalgic」という単語が出てくると思います。でもそれだけだと上記の内容を伝えるのには不十分で、nostalgicをどのように英文の中に組み込むのかが分からないと思います。

英語にすると「This song makes me feel nostalgic. I used to listen to this song when I was little.」のような言い方ができますのでnostalgicという単語を覚えるときに「feel nostalgic」という表現として覚えるか、余裕があれば全文を覚えるようにすると会話で「懐かしい」ということを伝えたいときにスムーズに話せると思います。

 

*例2:下記のような会話をしたいとします。
「すみません、昭和通りはどこですか。
(Excuse me, do you know where Showa street is?)」
「この通りが明治通りで、昭和通りはこの通りと平行に走ってますよ
(This is Meigi street. Showa street runs parallel to this street.)

表現するのが難しいのは下線の部分かと思います。「平行=parallel」が分かったとしても、A runs parallel to B. (AはBと平行して走っている)という使い方まで知らないと、なかなか上手に表現できないと思います。
ですので、「parallel」だけでなく「Showa street runs parallel to this street.」と全文で覚えましょう。(この時にAとかBで覚えるのではなく、Showa streetとかMeiji streetという自分にとって身近で、画像が頭に浮かぶような固有名詞を入れて覚えた方が定着します。)

 

自分が言おうとしたことというのは、自分にとって必要な表現、単語なのでとても大切なことです。なのでうまく伝えられなかったときは落ち込まずに英語上達のチャンスと捉えましょう!

 

*単語を単独で覚えて、自分で文を組み立てると意味は通じても何となく不自然な英文だったりします。また辞書で調べて単語単独の意味は合っていても、文脈によっては意味が通じない場合もあります。ネイティブが使っている文をそのまま使うと、すっとスムーズに理解してもらえます。

 

*例:「バレエの先生に憧れている」と言いたい場合。
憧れるという単語を調べるとhave a longing forという表現が出てくるので、
「I have a longing for my ballet teacher.」という文を作ってみますが。。。
ネイティブはこのようにはあまり言いません。この場合の憧れるはadmireを使った方が自然で「I admire my ballet teacher.」と言った方が通じます。
また「I look up to my ballet teacher.」「I always wanted to be like my ballet teacher.」などとも言えます。

 

 

 ***同じ内容の話を繰り返し話しましょう***

*上級になってきたら、複雑なことを話すことにもどんどん挑戦しましょう
私は自分の近況など出来事、気になるニュースやそれについて思うことを講師に説明したり、話し合ったりしますが、同じ話を別の機会に複数の先生とするようにしています。そうすることで毎度会話の精度が上がるからです。
(もちろん講師とその話題について話したいからで、決して講師を英語の練習台にしているわけではありません。。)

2度目、3度目に話すときは話の内容がより頭の中で整理されますし、語彙もより的確なものを使えます。よりスムーズに伝えることができ、スピードも上がります。英文や英文法に関しても1度目に講師にスムーズに伝わらなかった部分、講師が首を傾げた部分を自分なりに改善したり、そのときに講師に自然な言い方を習うなどして、2度目、3度目の出来をよくします
この繰り返しはかなり効果的です。3度目くらいになると、自信をもって話せるようになりますし、英語でなく、話の内容自体に集中できて会話自体を楽しめます。

 

繰り返し練習と復習は語学上達にとても大切なことです。初心者の方もそれは同じですので、自己紹介や、日常の出来事など何度も同じ内容を(多少の内容の変更も入れながら)繰り返し話して、精度やスピードをあげてどんどん上達してくださいね。

 

*会話の途中に会話の内容についてではなく、英語の質問をして会話を遮ることに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、カフェでは遠慮なく英語の質問をして会話の上達に活用してくださいね。

 

ではでは、皆さん一緒に楽しんで頑張りましょう!

Part3もお楽しみに!

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai~関西へおいでやす~ 後半(2)

Hi, everyone! This is the last post about the Kansai region! Have you been enjoying them? 

I am going to talk about Kobe’s other aspects. I think many people already know this, but there was a big earthquake in Kobe and Awaji in the past. The earthquake took the lives of many people. There is an earthquake memorial museum called “Hito to mirai no Bousai center” in Kobe. The museum exhibit has many pictures and videos of the victims and a life sized model of a street after the disaster. They look so real that some school teachers, who were victims, cried when they visited the museum.

The exhibits also introduce some helpful ways to prepare, escape, and protect yourself if you are caught in an earthquake. Currently, we are not able to forecast when and where an earthquake will happen, so I think the museum is really helpful.

On the other hand, Kobe is home to one of the three major Chinatowns in Japan. The name of the town is “Nankinmachi”(南京町). This town is not that big, but you can feel like you are in China there. In addition, there is a Family Mart convenience store in front of the gate, but it is decorated in a Chinese style and most store clerks are Chinese too:)

Now, I want to recommend some restaurants in Chinatown. The first is “Roushouki”(老祥記), a shoronpo (steamed bun) restaurant. It is located at the center of the town, and it often has long lines in front, so you can’t miss it. The shoronpos are not too big, so they are easy to eat, and they are juicy and very good.

Across from Roushouki, there is a roasted pork speciality shop called Ekiseigou(益生號). They only sell roasted pork, but it is very tasty. There is also “Frantz” sweets shop on the south side of the town. The red exterior looks like a fancy western shop, and they sell delicious “caramel custard jar puddings”. Another sweet that I recommend is the cheese cake from Kannonya. Unfortunately, it is not sold in Nankinmachi. This cheese cake is kind of unique. You can take it home and have it right away or heat it up in your oven to melt the cheese and enjoy a warm treat.

The final city in the Kansai region I want to talk about is Osaka, one of the most famous cities in Japan. There are many sightseeing places in Osaka, but my favorite is the tourist area “Doutonbori”. There are many cheap restaurants. This place is also famous for takoyaki. Another famous sightseeing place in Osaka is Osaka Castle. The castle was Hideyoshi Toyotomi’s passion project. It is a spectacular and beautiful building, but there is a problem in my opinion: it has become a museum. For this reason, the inside of the building has been updated to include elevators, TVs, videos introducing history, and exhibitions behind glass panels. It has become too famous. However, it is still well preserved, and the Golden tea room is a beautiful spot that I highly recommend. 

Another nice spot in Osaka is Kaiyuukan, one of the biggest aquariums in Japan; there is even a whale shark! It is located across the bridge from Universal Studios Japan (USJ). Recently, USJ has been holding many unique events and received high evaluations from kids to adults! Especially, the Jurassic Park area is known to have the most fun rides. Here, I’d like to give advice about the Fast pass. Unlike Disneyland, we can buy the fast pass in advance and it is definitely worth it, so I recommend that you buy them for the days when its expected to be crowded. 

The last recommended sightseeing spot is Tsuutenkaku, also known as Osaka Tower. A famous statue of Biriken, the god of happiness, is enshrined inside Tsuutenkaku. They say, if you rub the statue’s feet, you will get lucky. Give it a try! Shinsekai, at the foot of Tsuutenkaku, is a famous place for Kushikatsu restaurants. I recommend that you try some and find your favorite Kushikatsu restaurants! Kushikatsu is a well-known dish from Osaka, it is fried vegetable and meat skewers that you dip in a special sauce and enjoy with a beer.

That’s all for now. I hope you enjoyed reading it. I really want to write more, but I already wrote a lot. If you’re interested, we can talk more in person at the cafe! I will talk about other topics next time! See you.

 

こんにちは!今回が関西編ラストとなります!皆さん楽しんでいただいてますか?(^▽^)

今回は前回お話した神戸の別の顔、多くの方がご存知かとは思いますが神戸と淡路では過去歴史的な大地震がありました。この地震では多くの方々の命が失われました。神戸には地震にまつわる「人と未来の防災センター」という博物館があります。この博物館では実際の神戸淡路大震災の際の被害の写真やビデオ、そして被害にあった直後の街並みを再現するスタジオなどが展示してあります。これらはとてもリアルで、時折実際この地震に遭われた修学旅行の先生方が思い出し泣きする場面もありました。また、ここではもし地震にあった時のお役立ちグッズや自分の身の守り方や逃げ方を紹介しています。今私たちはいつどこでどんな災害にあうか予想することができません。なので今一度ここで地震や自然災害の恐ろしさを学び、役立ててほしいと思います。

さて神戸には3大チャイナタウンの一つ「南京町」と呼ばれる観光所があります。この町はそんなに大きくはありませんが、中に入るとまるで中国にいるような錯覚を覚えるほどです。ちなみに入口ゲートの中にファミリーマートがあるのですが、ここもチャイナ風に飾られています。もれなく店員さんも中国人の方々でした(笑)

ここで街の中のおススメのレストランをご紹介したいと思います。まず初めに「老祥記」という小籠包のレストランです。ここは町の中心に位置しており、いつも長い列がお店の前にできているのですぐに見つかります。この小籠包はそんなに大きくないので食べやすく、ジューシーでとってもおいしいです。

は焼豚専門店の”益生號”です。ここでは焼豚しか販売されていませんが、こだわっている分やはりおいしいです。このお店は老祥記のすぐ斜め前にあります。また、この南京町の南側に真っ赤な洋風のお店の「Frantz」があります。ここのツボプリンは絶品です(^▽^)/ ぜひ食べてみてくださいね!南京町では販売されていないですが、神戸のもう一つのおススメのお土産は、「観音屋」というスイーツショップです。ここのチーズケーキは一風変わったチーズケーキを販売しています。それはなんと、オーブンで温めて食べるチーズケーキなんです。実際温めると、上にのったチーズが程よく溶けて絶品です!

そして最後は大阪です!大阪には多くの観光地がありますが、私の特にお気に入りの場所は”道頓堀”です。ここには多くのお手頃のレストランがあり、たこ焼きの聖地でもあります。観光地と言えば大阪城もありますね!天下を収めた豊臣秀吉のこだわりが詰まったお城は圧巻ですが、残念ポイントが一つ、、あまりにも有名になりすぎてお城の中が博物館化していることです💦しかし、その残念ポイントを補えるほど保存状態も良く特に有名な黄金の茶室は見ごたえ抜群です。

家族で楽しめるスポットでは、海遊館もあります。世界最大級の水族館でジンベイザメも見ごたえ満点です(^▽^)/その海遊館から橋を越えた向こう側はUSJですね!最近多くの画期的なコラボ企画やイベントを行っているUSJですが、その評価も高く子供から大人まで楽しめます!特に、最近はジュラシックエリアがリニューアルし、ますます魅力的なアトラクションが増えてきました!ここで一つアドバイスですが、USJは人気のアトラクションのファストパスが販売されているので、混雑が予想される日に行く場合は事前に買っておくことをお勧めします( ・´ー・`) 

最後に大阪のタワー”通天閣”です。ここに祀られているビリケンさんもお馴染みのキャラクターですね!ビリケンさんの足をなでると、ご利益があると言われているので、ぜひなでなでしてください!下町の新世界は串カツが有名で多くの串カツ屋さんが軒を連ねていますので、ぜひたくさん食べ歩きをしてお気に入りの串カツ屋さんを見つけてくださいね(^_-)-☆

さて、これで一旦関西編を終了します。いかがでしたか?本当はもっともっともっと書きたいところですが、続きはカフェにて!最近旅行の話題続きだったので次回は違うトピックのお話をしようと思います!それではまたカフェにて(@^^)/~~~

 

 

【英語の勉強法】英語上達のコツ、英語の勉強の仕方 Part 1

こんにちは。酒井です。

みなさんは英会話上達のためにどのようなことをされていますか。

今回はお客さまから一番質問を受ける「英語力上達のコツ」「英語の勉強の仕方」について2回にわたって書きたいと思います。私自身の経験や有効と思った勉強法、お客さまや講師から聞いた情報を集めてみました。

 

かくいう私も次男が生まれてからは特に、英語の勉強はおろか、ちょっと複雑なことや専門的なことを英語で話そうとするとつまずきを感じるくらいですので、自分への戒めを込めて今回のブログを書いています!!

 

英語はちょっと話さないとすぐに鈍り、つまずくし、ニューロンが繋がってない感じがしますよね。特に普段使わない専門的な内容はすぐに錆びつきます。話すときにしどろもどろになってしまいます。週末明けの月曜日に二日振りに英語を話すっていうだけでも、口が滑らかに動かなくなっている気がします。

最近は訪日外国人の数は増えはしましたが、日本で生活しているとまだまだ英語を話す機会は少ないので同じように感じている方も多いかと思います。

それからこれも実感として最近よく感じるのですが、このちょっと使わないと錆びる感じは体/筋肉と似ていると思います。筋肉はすぐに落ちます。ただ一度つけた筋肉はエクササイズなどの刺激ですぐに戻る(と思います)。英語も素地をつけておけば、また滑らかに話せるようになるのに時間はかからないようです。

 

わたしは日常会話(簡単なニュース、子育てのことや講師の近況などなど)や業務に関わる話はカフェの講師と英語でしているので、あまり不自由を感じないのですが、それ以上のことを話そうとするともたつくことが時々あります。このもたつくトピックをあえて選んで話せば英語力が上達するんでしょうが、お仕事の時間なのでなかなか難しくもあります。

自分の英語が全く上達してない(むしろ減退していってる?)と思い始めて何年も経ちますが、特に次男が生まれてからは忙しいということを言い訳に、何の対策もせずに早1年4ヶ月!!

 

ようやく最近一念発起して、1日15分のリスニング/ディクテーション/シャドーイングタイムを設けることにしました。同時にたるんだ体に喝を入れるべく1日15分のエクササイズも始めました。

朝、息子たちを保育園に送って、家事をした後の習慣にしようと頑張っています。(とりあえず年内は続けたいです。。)

 

英語勉強のやり方はたくさん知っているんですが、捻出できる時間が限られているのでBBCのOne- minute World Newsを教材として使うことに決めました。英語と最新ニュースが同時に学べて一石二鳥です。1分足らずのニュースに2つか3つのヘッドラインが含まれているため、そこそこスピードもあるのでリスニングのいい練習になります。わたしは以下のやり方でやっています。

①まず動画を聞いてニュースの内容を理解する。自分の理解度によっては2、3回繰り返して聞いてみる。

②ニュースを聞きながらディクテーション(ニュースの内容を一言一句そのまま書き取る)する。

(すると、なんとなく内容の全体をわかっているつもりでも文の構造(文型)が取れてなかったことに気づいたり、聞き取れなかった単語が分かったりします。そしてその単語が難しくないことがよくあります。)

③ニュースを聞きながらシャドーリング(音声を聞いた後、即座に1秒遅れくらいで復唱すること)する。

(同じスピードで復唱しないと間に合わないのでスピードをつけるいい訓練になります。イントネーションや発音まで真似るようにすれば、スピーキングの力がかなりつきます。)

④移動中などの隙間時間に②のディクテーションで書き留めた内容を参考に、全文をそらで言えるように練習する。)

なおBBCのOne-minute World NewsはBBCのホームページのVIDEOのところで見ることができます。

 

色々な勉強方法を満遍なくすると、色んなスキル(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)をカバーすることができ、効率的に速く英語力を上げることができるので、時間が許す方は色んな勉強法を色んなソースを用いて行うのがいいと思います。食事と一緒で色んな栄養素を摂るとそれぞれが相互に影響しあってよい効果が見込めるのと同じ感じです。また色んなソースを使ったり、違う勉強法をすることで、飽きずに勉強を続けることができますよね。これはどの英語レベルの方にも言えることだと思います。

 

今回は私が今実践している勉強法をご紹介しましたが、次回のブログでは私がオーストラリアに行ったばかりの頃にしていた勉強法や初心者の方にオススメの勉強法、カフェの講師のオススメの勉強法やアドバイス、英語学習に役立つソースなどをご紹介したいと思いますのでご期待下さい!

 

【キースのブログ12】My Chari adventure #2

こんにちは😊今日は久しぶりにキースのブログです。

福岡でのキースのチャリ(自転車)アドベンチャーについてですが、

オージーらしさがよく出ていて面白いです。

今回は特に難しい語彙はありませんので、語彙をつけていません。

気軽に読んでみてくださいね。

 

 

Hey everyone, it’s been a while!

Keith here with another blog to share with you all.

 

For those who have read my blogs before, you may remember I wrote a blog about me going on an adventure on my bicycle a while ago.

Well, recently I went on another adventure!

 

Last time, I followed Muromi River and ended up at Mt. Iimori (飯盛山).

This time, I decided to follow the coast road to see what kind of places I could see along the way.

If you have talked with me at the cafe before, you should know that I love the beach, so I was pretty excited to go along the coast to see them!

 

I left my house around 11:00AM. The weather wasn’t very good, but I decided that even if it rains, I am going on an adventure.

My first stop was Odo Park (小戸公園). The weather was still pretty bad, so I didn’t stay here for very long. I’ve heard the sunset is quite beautiful, so I plan to come here again sometime. Even though it was cloudy, there was a very nice view of the ocean and Nokonoshima (能古島).  

 

After this, I continued down the road, reaching stop 2, Iki no Matsubara (生の松原).

I’ve been planning to come here for a while, and I’m happy I did.

I thought it was really beautiful with the beach right near the trees. I’ll definitely come back sometime when the weather is nicer.

 

I continued my journey and soon arrived at Nagatare Seaside Park (長垂海浜公園).

I’ve been here before and I really like this place. It’s one of my favourite places to just sit down and relax.

I wanted to stay for longer, but unfortunately it started raining so I had to leave sooner than I planned.

 

After leaving, I went along the coast for a while, staring at the ocean. It was great!

My next stop was a surprise. I crossed the road and saw an interesting sign. After reading it, it turns out I was at a place called Imayama (今山).

I didn’t stay for long, but I climbed to the top and saw a shrine (?). It was a nice place, I’ll probably come back some time to see if there’s anything else interesting nearby.

 

My next stop was quite far away. I was exploring all the roads and side streets, and I saw a sign pointing to a place called Imazu Undou Koen (今津運動公園).

I love parks so I decided I had to check this place out. It was really fun.

There were some students practicing tennis and some people jogging.

The weather had cleared up at this point, and the sun was shining, so I walked around for about 20 minutes. I also saw a few families walking around.

 

I was really happy the sun was out. Whenever I am outside and the sun is shining, I’m at my happiest!

An English phrase I like to use is “I am in my element”, which means that you are in a situation where you feel very comfortable and relaxed.

 

I hopped on my bike and continued down the road.

My second last stop was a place called West Side Beach. I didn’t swim here, but it seemed nice so I plan to come back sometime!

 

To be honest, I have no idea where my last stop was! It was a tiny little beach just near the coast road. I love swimming, so before I went home I had a swim here. It was completely empty, so it was like having my own private beach!

This adventure was one of the most enjoyable days I have had in my 3 years in Japan. Riding to places I have never been, swimming at the beach, just enjoying life!

 

I don’t know where I’ll go on my next adventure, but wherever it is, I’m sure it’ll be great!

I know some customers at the cafe enjoy reading my blogs, so I’ll do my best to post regular updates for you all! 😊

 

Nagatare Seaside Park (長垂海浜公園)

 

Imayama (今山)

 

West Side beach

 

Somewhere

 

Final Stop

 

Final Stop

 

 

【英語で何て言う?】子育てに関する語彙 「認可保育園」「人見知り」「反抗期」など

こんにちは😊

今日は子育てに関するボキャブラリーをご紹介したいと思います。

わたしも海外で長く生活していましたが、実際に子育てをするまで知らないボキャブラリーがたくさんありました。

今回は英会話カフェタイムやママと赤ちゃんのためのカフェ英会話でよく出てくる質問を中心にまとめてみました。

皆さんもどのくらい知っているか試してみてくださいね。

 

 

1)  つわり

2)  出産する

3)  粉ミルク

4)  母乳をあげる  

5)  離乳食

6)  寝返りする

7)  はいはいする

8)  つかまり立ちする

9)  伝い歩きする

10) 後追いする

11) 歯が生える(生えてむずがる)

12) 人見知り

13) イヤイヤ期

14) 産休中

15) 父親の育児休暇

16) 認可保育園に受かった

17) 反抗期

 

 

1) つわり:I had bad morning sickness during my fist pregnancy.

 

2) 出産する:She gave birth to a baby girl last month.

 

3) 粉ミルク:My husband feeds Aoi formula while I am at work.

 

4) 母乳をあげる:I stopped nursing my son when he was 13 months.

(breastfeedはどちらかというと医学用語で、日常会話ではnurseの方がよく使われます。)

 

5) 離乳食:Aoi started eating solid food recently.

 

6)寝返りする: Toshi rolled over for the first time when he was 8 months.

 

7) はいはいする:Aoi crawls very fast. 

 

8) つかまり立ち:He can stand with support.

(日本語のつかまり立ちのような決まった表現はなく色んな言い方ができます)

 

9)伝い歩きする: He finally started walking with support. 

(こちらも決まった表現はないので、色んな言い方ができます)

 

10) 後追いする:My baby follows me everywhere. It’s so cute.

 

11) 歯が生える(生えてむずがる):My oldest son used to cry all day when he was teething.

 

12) 人見知り:Babies around 5 months old enter a shy phase.

 

13) イヤイヤ期:I had a really hard time while my first son was going through the terrible twos.

 

14)産休中: I am on maternity leave now.

 

15) 父親の育児休暇:My husband took 3 months paternity leave when our youngest son was born.

 

16) 認可保育園:My son has been accepted to a licensed nursery/day care (a government subsidized nursery/day careso I will go back to work from April. 

(認可保育園の制度は日本独自のものなので、対応する英語はありません。上記のような言い方をすれば認可保育園の説明として分かり易いと思います。ちなみに日本語でデイケアというと高齢者のための施設を指しますが、英語では保育園のことを指すことがほとんどです。)

 

17) 反抗期:My daughter is going through a rebellious phase, and she doesn’t listen to us.

 

子育ての話を海外の方としていると、イヤイヤ期(英語でthe terrible twos/日本語でも魔の2歳と言いますね)など、子育てに関する概念は万国共通なことが多くて面白いです。

もちろん子育ての考え方や常識は国によって違うことも多いので、

興味がある方は是非色んな国の人と子育てについて話してみて下さいね。

 

【元添乗員ふきこのブログ】Let’s go to Kansai~関西へおいでやす~ 後半(1)

Hi, everyone! It’s been a long time! How have you been? Today we’ll be revisiting the Kansai region and this time I’m going to talk about Nara and Kobe. First, let’s take a look at Nara.

Nara is famous for having many world heritage buildings, shrines, and temples. I especially recommend that you go to “Yakushiji”. Yakushiji is one of the most famous temples in Nara. It has a building to commemorate the gods of medicine.

You can enjoy seeing beutiful ancient statues as well as listening to a special sermon from a Buddhist monk; it’s surprisingly funny! The monks of Yakushiji manages to grab the hearts of everyone listening — the students, the teachers, the guides and the tour conductors with their comedic storytelling skills. They are so famous that people from all over Japan come to listen to them.

Speaking of Yakushiji’s monks, my favorite monk is Mr. Murakami. He is the funniest monk in Yakushiji. It’s difficult to get a chance to talk to him because he has always been popular and is always surrounded by students and teachers. However, I got a chance to talk to him once. I told him I was his biggest fan and got to shake his hand.

Speaking of Nara, there is also the Todaiji Temple Daibutsu and many deer in Nara Park. First, I would like to talk about the Daibutsu. A long time ago, Japan was striken by a great famine and natural disasters. The Shomu emperor built the Daibutsu statue of buddha to pray to god for help. He collected gold and wood from all over Japan to build it. Since its construction, it has been damaged by fires and sometimes by disasters and war, but it has always been rebuilt by people and it still stands today. 

One time, the Daibutsu’s eyeball got damaged and they tried to repair it, but they had no idea how to reach inside and place a new one there. One guy rose to the challenge. The man went inside the Daibutsu eye and he pulled the eyeball into place from the inside. Everyone was curious about how the man would come out from there. The man emerged from the Daibutsu’s nose! He was admired as clever by everyone who saw him. A famous Japanese saying about cleverness was created from this story “目から鼻に抜けた” (me kara hana ni nuketa) which literally means “through the eye, out the nose”.The meaning is similar to the English saying “as sharp as a needle.”

By the way, in the temple there is a column with an opening as wide as Daibutsu’s nose hole and legend has it that people who crawl through it will become smart.

Deer were also considered to be sacred at a similar level to Daibutsu because legend has it that some gods used deer as mounts when traveling. So, I will discuss a few stories about deer in Nara. Did you know one of the Hanafuda cards has drawings of a maple tree and a deer? Once upon a time, a boy called Sansaku was practicing calligraphy in a room but a deer came in the room and suddenly ate his paper. The paper was his best work. He was angry and he threw a paperweight at the deer to dismiss it, but accidentally killed it. At the time, if someone killed a deer, they would have received the death sentence even if they were kids. So, Sansaku was forced to dig a grave by himself. He went into it with the deer’s dead body and was buried alive with it and covered by rocks and blocks. His mother was very sad and she planted a maple tree on the grave as an offering.

Killing a deer wasn’t the only deer-related law the people of the town had to follow. If a deer died in front of someone’s house in the morning by accident, they had to pay 3-mon (Japan’s old currency). So, they usually woke up early to check whether a deer had died or not in front of their house. If a deer had died, they dragged it to next house and left it there. When the town patrol came around in the morning, whoever’s house it was found in front of had to pay the 3-mon fine. Legend has it that “早起きは三文の得” (hayaoki ha 3-mon no toku which literally means those who rise early get 3-mon or the early bird catches the worm) came from this.

Now, I’ll talk a bit about Kobe. Kobe is a sophisticated and beautiful town, famous for its shoe industry. Therefore, this town is called “Hakidaore no machi”. Kobe used to also be known for its port tower. That tower has many stores and activities you can participate in. For example, when night falls the place becomes a romantic, illuminated place.

There is another romantic spot in Kobe called “Akashi Big Bridge” that also lights up at night.

In my next post I’ll mention some other facts about Kobe and surveniors as well as Osaka! Please check it out. (^▽^)/

 

皆さんこんにちは!お久しぶりです(^▽^)/ 今回は関西第2弾として奈良、神戸です!まずは奈良からスタートです!

奈良はいくつか世界遺産のお寺や神社があることで有名ですが、私は薬師寺をお勧めします。薬師寺も奈良では数多くある有名なお寺の一つです。ここは医療の神様を祀っているということで古来より崇められてきました。このお寺では美しい像だけでなく、ありがたい御住職の法話も聞くことができます。

しかし、ここの法話はただの法話ではありません。ここの御住職の法話はとっても面白いのです!もう芸人顔負けのトーク力と切り返しで、あっという間に修学旅行の生徒や先生そして添乗員、ガイドを爆笑させ、心を鷲掴みにしていきます。ここの御住職の法話は全国的にもとても面白いと有名で、多くの方がわざわざ足を運ぶほどなんです。

ちなみに私の一番のお気に入りの御住職は「村上さん」という方で数いる住職の中でもダントツに面白いです。いつも人気で、法話後も生徒や先生に囲まれてなかなかお話ができなかったものの一度だけ声をかけるチャンスがあったので、「私村上さんの大ファンなんです!握手してください!」と言ってしまったほどでした。(笑)

また、奈良と言えば奈良公園の東大寺の大仏と鹿ですね。まずは大仏のことを書きたいと思います!その昔多くの災害や飢饉によって荒れていた国を仏の力で救ってもらおうと聖武天皇が建てたのが東大寺の大仏様です。日本中から集めた金と木材で東大寺と大仏様は建てられました。

そんな東大寺ですが戦や自然災害により損壊を繰り返し、その度修復され今現在の姿で祀られています。そんな折、目の修復をしなくてはいけなくなった大仏様ですが、みんなどうやって内側から目をはめたらよいのかと頭を悩ましていた時、一人の男が名乗りを上げました。その男は大仏様の目から体内に入り、内側から目を付けました。その後みんなどうやってその男が大仏様の体内から出てくるのか見守っていると、その男は大仏様の鼻の穴から出てきました。そうして「目から鼻に抜けた賢い男だ」と称賛を浴び「目から鼻に抜ける」=賢いという意味になりました。英語では”as sharp as a needle”が意味の近い表現になります。

ちなみに東大寺の中の柱の一つに大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴が開いた柱があり、そこをくぐると賢くなるという逸話があります。一方で、当時鹿もその昔神様が乗ってこられた動物として大仏様と同じく神聖なものでした。

ここで奈良の鹿にまつまるエピソードをいくつかご紹介します。

皆様は花札の一枚に「鹿と紅葉」の絵があるのはご存知でしょうか?その昔、小僧の三作という少年が習字を練習していたところ、鹿が入ってきてせっかく書いた習字の紙を食べてしました。それも一番出来が良かった作品です。せっかく書いた紙を食べられ怒り、追い出そうとした三作は文鎮を鹿に投げましたが、その文鎮の当たり所が悪くその鹿は即死してしまいした。当時鹿を殺せば、子供だろうと容赦なく死刑となりました。そうして三作は自分で入る穴を掘らされ、その穴にその死んだ鹿を一緒に抱かせて石と瓦で生き埋めにされました。それをとても悲しんだ三作の母親が供養にとその場所に紅葉の木を植えました。

また、鹿関連の被害はそれだけでなく他の庶民にも及びました。もし家の前で鹿が偶然死んでいたら、罰金としてその家は3文を払わなくてはいけませんでした。そのため家の人は朝早く起きて家の外に鹿が死んでいないか確認し、もし死んでいたら隣の家に引きずって置いたそうです。そしてその隣の家も家の前で見つけたら隣の家に、という形で最後に見つかった家は罰金として三文を役人に払わなくてはいけなかったそうです。ここから「早起きは三文の得」ということわざが生まれたという逸話が残っています。ちなみに英語でも同じ意味のことわざがあり、”The early bird gets the worm.”です。

さて、次は兵庫県の神戸をご案内します。神戸は洗礼されていて、とても美しい街です。また神戸は靴産業が盛んなのでこの町は別名”履き倒れの町”とも呼ばれています。神戸ポートタワーも有名ですね。メリケンパークはショッピングモールやクルーズなどなど見どころたくさんあります。また、夜になるとライトアップされとてもロマンティックな場所になります!

他の名所で言うと明石大橋も有名ですね!夜はライトアップされるのでここもロマンティックなスポットとしても有名です。そんな華やかな神戸のまた別の違う顔と、お土産、そして最後大阪を次回後編(2)にてお話したいと思います(^▽^)/ お楽しみに!

 

【3周年有難うございます】皆さまへの感謝と思うこと

Hi Everyone! Global Cafe recently had its 3rd anniversary on the 12th of September.

 I would like to take this opportunity to express my gratitude and write a bit about the last three years since the cafe’s opening.

 

I remember the very first day we opened the cafe. I had been very nervous for a few weeks before the opening. I was worried if any customers would come to the cafe. I was worried people would not even understand our concept.

 So when we had our very first customer and received the very first payment I was so happy and it felt surreal.

 

 These last three years have gone by very fast and have been super interesting. I like being at the cafe so much. I meet many people (customers) there and standing at the counter at the cafe listening to the conversation has become my favorite pastime.  I don’t even consider it as work. I probably should do so but it’s too much fun to take it as work. By listening to the conversations I learn not only English but also a lot about various cultural stuff, the latest news and trivia and so on. 

The customers at the cafe vary a lot too, age-wise and background-wise and everything and they meet at the cafe and sit at one table, talk about the same topics in English, and share ideas with one another and that makes me very happy. They might not have ever met if there was no Global Cafe. 

 

 I’ve also met many teachers from different countries at the cafe. They are also very interesting and I always enjoy talking with them.

 Many teachers left Japan and had to leave Global Cafe. I am always sad when a teacher leaves Global Cafe but I have become friends or even like family with many of them so it does not make me too sad now. 

I feel like all of those who worked at Global Cafe are alumni or family of the cafe. I would not have met them if I hadn’t opened Global Cafe so I’m really happy about opening the cafe. 

 

 Since the cafe’s opening, there are many changes in my private life. My eldest son is tuning four soon and I have another baby boy too. During my pregnancy I left my work to my staff. Until then I did everything in my own way and there is no clear instruction or manual about how to run/handle things in the cafe. So I had to make the everything clear and systematize the thing and I had realized how irresponsibly I did my job and how difficult it is to manage a business.

  There were some difficult times too. My sons were hospitalized twice. My husband has been to transferred to Tokyo from this August. Actually the idea of closing the cafe had crossed my mind a few times but each time I thought about our lovely customers and the cafe as a community place which we have created and then I kept going.   

 

Without the support from the customers and staff Global Cafe would not exist now and would not continue.

 I am really grateful to our customers and Global Cafe staff. Thank you so much everyone!! 

 (日本語文は英文の意訳です。)

 

9月12日、皆様のご愛顧のおかげで無事3周年を迎えることができました。

誠に有難うございます!!

まだまだたった3年ではありますが、お客さまとスタッフのおかげでとても濃い充実した、意義ある3年でしたので、この機会に皆さまへの感謝といろいろと思うことを綴ってみようと思います。

 

3年前の9月12日を思い出してみると、とにかく緊張していたのを覚えています。12日当日だけでなく、2週間前くらいからソワソワドキドキしてました。期待よりも、お客さまが来てくれるかどうかや私たちのコンセプトが伝わっているかどうかの不安の方が大きかったです。ですのでオープン当日に一人目のお客様からお支払い頂き、代金を手にしたときの感動はひとしおでした!

 

 カフェをオープンしてからの3年はとにかくあっという間で面白い時間でした。カフェでは多くのお客様とお会いすることができ、興味深い話題に触れることができるので、カフェのカウンターで過ごすのが私のお気に入りの時間になっています。あまり仕事というふうに感じていないかもです。。いつも英語だけでなく、文化的なこと、最新のニュースやへぇー、というようなトリビアまで、色々と学ばせてもらっています。

また、普段なかなか会うことがないような年齢、職業やバックグラウンドが全く異なるお客さま方が英語という共通項によってカフェで出会い、一つのテーブルで談笑したり、考えをシェアしたり、ときに教えあったりするのを目にすることができ、密かにカウンターで熱く感動しています。(笑)

 

この3年間はそういったお客さまとの出会いだけでなく、たくさんの面白いスタッフとの出会いもありました。

日本を離れることになりグローバルカフェを去ってしまった講師も多数います。講師とのお別れはいつも悲しいですが、有難いことにカフェを辞めても友達として連絡を取り合ったり、家族ぐるみのお付合いをさせてもらっている講師がほとんどなので、今ではそんなに悲しくなくなりました。

カフェで働いてくれたスタッフはみな卒業生か家族っていうくらいに感じています。どのスタッフもグローバルカフェをしていなかったら出会えていなかった大切な仲間です。

 

 オープンしての3年間でプライベートでも多くの変化があり、1歳だった長男は間もなく4歳、去年には次男も誕生しました。次男の妊娠を機にお店の切り盛りをアルバイトに任せることにし、それまでは自分のあんばいでやっていた色々なことをシステム化しました。システム化する過程で、自分がいかに色んなことをファジーにやっていたかを認識しました。(汗)多角経営をしてるわけでもないのに、経営って大変なんだな、と痛感しました。。

次男が生まれてからは特に、仕事と育児の両立の大変さを実感しました。子どもたちの入院が二回ほどあり、また8月からは主人が東京赴任になるなどし、スタッフの協力なしには乗り越えられない場面が多々ありました。

カフェを閉めることが頭をよぎったことも何度かありましたが、毎回カフェに出てお客様にお会いし、カフェのコミュニティーとしての役割を思うと、そんな気が全くなくなって、いつまでも続けていきたいと思います。

 

この3年間、都度みなさんに助けられ、そして成長させてもらいました。今後もみなさんの助けなしにはカフェは成り立たないとは思いますが、お客さまとカフェスタッフと一緒に楽しさを共有していけたらいいなと願っておりますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

*写真はグローバルカフェオープン後すぐからお店に貢献してくれているトラビスと酒井です。

カフェのことを相談することもありますが、最近はもっぱら子育ての話ばかりで盛り上がってます!