【酒井のオーストラリアブログ】バイリンガル子育て〜コミットメント

こんにちは😀酒井です。
今日は皆さんにお知らせがあります!!


これから新たにブログで「バイリンガル子育て」というカテゴリーを作り、
バイリンガル育児についての経験、気付き、情報やアドバイスを発信していくことにしました!!

 

まず、なぜ「バイリンガル育児」について情報発信しようと思うに至ったかについて書きますね。

 

端的にいうと、バイリンガル育児、海外でその国の言葉を話せない子どもを育てること、って
思っていた以上に大変だと私自身が今、身にしみて感じており、
私の経験をシェアすることで、同じ悩みや不安を抱える方の役に立てるかなと思ったからです。
日本でお子さんに英語を学ばせたいという方にも役立つ内容にしていきたいと思っています。

海外生活の経験があり、一応ですが英語が話せる私にとっても自信が持てず、不安が多い海外での子育てですので、
海外生活が初めての親御さんなどは不安が大きいと思います。
学校選びや帰国後のことなど悩みや葛藤も尽きません。

 

いわゆる帰国子女やバイリンガルといわれる人たちの日本でのイメージは
「苦労せずに自然に2ヶ国語を習得したラッキーな人」という感じがあり、
私も何となくそのようなイメージを持っていました。

ですので、子どもの英語のことを誰かに相談しても
「子どもはすぐに話せるようになるよ」という答えしか返ってきません。
私の不安を打ち消すような楽観的な返答はとてもとても有り難いのですが、
具体的なアドバイスが欲しい!!と切に思いました。
バイリンガル育児に関する情報はとても少なく何が正解か分からず、手探りな部分も多いです。

海外に住んでいたとしても、子どもだからと行って一朝一夕に英語が話せるようになりません。
まだ英語が全然話せないのに、3ヶ月後に始まるkindergarten(幼稚園)の説明会では
子どもの読み書きの学びについての話があるような状況なので焦りもあります。

また言葉ができない中で、新しい環境、文化の保育園に通う子どもの
メンタル的なケアも大切だと感じています。
不安に感じさせないように、言葉のせいで自信をなくすことがないようになど
サポートが必要だと日々感じます。

 

英語を現地の学校でついていけるレベルに伸ばしていきながら、
どのように家庭で日本語を学ばせていくのかも大きな課題です。

 

それともう一つ、このブログを始める理由としては、私自身が言語学習や習得に興味があるからです。

私たち大人と違い、英語の知識がほぼゼロの子どもが海外に行って、
本当にスポンジのように英語を吸収して、いつの間にかペラペラと話すようになるのか。
なるとしたら、日々どのような感じで言葉を覚えていくのか、どのように発話が始まるのか、
どこかのポイントで急に日本語から英語にスイッチするのか、日英混ぜて話すようになるのか、
等について、とても興味を持っています。
これらの疑問を間近にいる自分の子どもたちを観察しながら、発見していけるので、ある意味とてもラッキーだと感じており、
同じような興味をお持ちの方と私の発見をシェアしていきたいと思います。

 

我が家の子どもたちは日本人学校に行かずオーストラリアの現地校に行き、
今のところ土曜日の日本語補習校にも通わせる予定もありませんので、数年後には日本語学習の課題も出てきます。
家庭で日本語の読み書きを教えていかないといけません。とても責任を感じます。。。


でも、子どもとの間にしっかり信頼関係がありますし、
親が家庭でサポートしていけば2ヶ国語をきちんと習得できると私は信じています。
初めての経験で試行錯誤しながらになることは分かっていますが、
子どもへの思いとコミットメントがあればきっとできるはずです!!
子供の好奇心、探究心や自発心に働きかけながら、子供がバイリンガルになれることを目指しています。
それができることを自分自身の子育てを通して証明し、ここに記録していきたいと思います。

そして、試行錯誤しながら子どもに教えていくことで大人である私にも学びがたくさんあると信じています!!

 

それでは、次回からは子どもたちの現在の英語の習得状況、
私が英語サポートのために実践していることを書いていきたいと思います!
お楽しみに!

 

保育園で。クラスとクラスの垣根でハグ!兄弟愛!