【英語で何て言う?】シャツ裏返しだよ。靴反対に履いてるよ。など。

こんにちは😊酒井です。

最近、長男が3歳になりまして、言葉(日本語)の吸収がとても早いので、

「この勢いで英語も覚えさせちゃおう!」と長男に英語で話しかけることを考えていますが、

なかなか実行に移せずに時間が経っています。。

子どもに日常的に英語で話しかけるとなると、ニュースなどに出てくる英語とはまた違った表現が必要になってきます。

先日も自分で靴を履いた息子に「左右反対に履いてるよ」と言う場面がありましたが、

「こんなときネイティブって何て言うんだっけ」と一瞬考えてしまいました。

 

前置きが長くなりましたが、今日は日常のふとした場面で出てくる表現をご紹介します。

 

まずは日本語を出しますので、何て言うか考えてみてくださいね。

①『シャツ裏返しに着てるよ。』

②『靴、左右逆に履いてるよ。』

③『本、上下逆に持ってるよ。』

④『ボタンが取れかかってるよ。』

⑤『(靴の)ヒールがすぐに取れるの。』

⑥『シャツにケチャップのシミがついた。すぐ洗わなちゃ!』

 

 

①『シャツ裏返しに着てるよ。』

『You’re wearing your shirt inside out.』→シャツや靴下などが裏返しのときはinside outを使います。

 

②『靴、左右逆に履いてるよ。』

『You have your shoes on opposite sides.』『You are wearing your shoes on the wrong feet. 』『It’s the other way around! 』『Opposite! 』→other way aroundは靴が反対、シャツの前後が反対のときなどに使えますし、物事や事実が反対のときにも「It’s the other way around.」(話が逆です。)というふうにいうことができます。またシンプルに「Opposite!」と言っても十分通じます。

 

③『本、上下逆に持ってるよ。』

『You’re holding the book upside down.』→上下が逆の場合はupside downを使います。

 

④『ボタンが取れかかってるよ。』

『Your button is coming off. 』

⑤『(靴の)ヒールがすぐに取れるの。』

『These heals come off easily. 』→何かが取れる/外れるというのはcome offを使います。

 

⑥『シャツにケチャップのシミがついた。すぐ洗わなちゃ!』

『I got a ketchup stain on my shirt. I have to wash it off quickly!』→食べ物やワインなどのシミはstainといいます。因みにstainは人の(評判などについての)汚点という意味もあります。

 

上記の太字の表現を覚えるだけで、日常会話での応用がかなり効きますので、ぜひぜひ覚えて使ってみてくださいね。