【元旅行添乗員ふきこのブログ】Atomic bomb Memorial day

今日はふきこのブログです。

8月9日の今日は長崎原爆忌です。今回は原爆記念日について書いています。

英文の下に日本語文(意訳)もつけていますので是非お読みください。

 

This summer is becoming hotter and hotter, while there is also increasing excitement for the 2020 Tokyo Olympics in Japan. Despite, the excitement for the Tokyo Olympics, there is a past we should never forget. It’s “Atomic bomb Memorial day” in Japan. Many people in Japan died on the 6th and 9th of August because of the atomic bomb.

During his term as president, Mr. Obama visited Hiroshima where these disasters took place. Out of all the places I‘ve visited in Japan, I frequently visit Nagasaki and Hiroshima. When I walk around museums, observing the monuments and listening to the stories of the victims impacted by the atomic bombs, I am overwhelmed by a deep feeling of sadness. One day, when I looked around the museum, I happened to turn around and see a group of students and something resonated in me at that time. It was complicated. I felt like I could see the future and the past, and what we, as a nation, have been burdened with. Don’t you think it’s terrifying that the bomb was supposed to dropped in Kitakyushu, Fukuoka?

But Japan was resilient and has begun working on the Tokyo Olympics. Japan is finally becoming more of a global country, I think it could be a great opportunity to get to know other countries and look back on the past and use our newfound knowledge to move forward. Go for it, Japan!

 

まだまだ8月真っ盛り、夏は続いていきます。さて、今や2020年東京オリンピックに向けて世の中はますます賑わっています。しかし、私達には忘れてはいけない過去があります。”長崎、広島原爆の日”です。8月6日、9日はそれぞれ原爆が落とされ多くの方の命が亡くなりました。

昨年、初めてオバマ大統領が現職のアメリカ大統領として初めて広島を訪れた事でも話題となりました。私自身もおそらく、1番か2番目に多く訪れた場所です。資料館を訪れたり、また被害にあわれた方々のお話を聞いて、毎回胸を痛めていました。そして、ふと横を見たときに同じように胸を痛めている学生達の姿をみると、私達が担うべき未来と重い過去が見え隠れして複雑な思いでした。もともとは長崎ではなく標的は福岡の北九州だったと思うとゾッとしてしてしまいますね。


しかし、そんな重い過去を乗り越えて世界オリンピック開催に向けて走り出した日本。ようやく本格的にグローバルな国になりだした日本のこうした過去を振り返ることにより、より日本を知り他国との絆も深まる、そんな一つのきっかけになるのではないかと思います。
頑張れニッポン!