【英語で何て言う?】褒め言葉、英語で「スマートだね」、「スタイルがいいね」と言っていませんか? 

こんにちは😊 最近、ずいぶん暑くなりましたね。

今日は褒め言葉についてです。

仲のよい友人とも、そこまで親しくない人とでも、

「新しい髪型いいね」とか「その上着ステキだね」と言うような褒め言葉は好印象で、

その後の会話がスムーズに進みます。

 

 

以下、日常で使える便利な褒め言葉の表現をご紹介します。

カタカナ英語と間違えやすい表現、日本人にとっては褒め言葉でも外国人にとっては褒め言葉にとられない表現もありますので、合わせてご紹介しています。

 

「I really like your new hairdo. It really suits you.」

(新しいヘアースタイルいいね。すごく似合ってるよ。)

「I love your dress. You look really good in red.」

(そのドレスすごくいいね。赤がよく似合ってるよ。)

「Your neckless is adorable. Where did you get it?」

(ネックレス素敵だね。どこで買ったの?)

「I love the pattern of your tie.」

(ネクタイの柄、素敵だね。)

 

(要チェック)

「スタイル(体型の)がいいね」は

X「Your style is good.」では通じません。

styleは服のスタイルについては使える単語ですが、体型については使えません

 

また「スマート(細身)だね」と言いたいときは

X「You are very smart」と言っても通じません。

あえて言うなら「You are very slim.」ですが、あまり使わない表現です。

smartは賢い、利口なという意味や(身なり・服装が)おしゃれ、洗練されたというような意味がありますが、

日本人のいう「痩せている」という意味はないので注意してくださいね。

 

体型について褒めたいときは、以下の言い方がよく使われます。

「Have you lost weight? You look great.」

「Have you been going to the gym? You look really fit.」(特に男性に)

 

また、skinnythinという単語は言い方によっては痩せすぎというふうにとられて、

あまり褒め言葉ではありませんので気をつけましょう。

thinの方がどちらかといえば安全です。

 

(要チェック)

また以下、日本では褒め言葉である「顔が小さい」、「鼻が高い」、「目が大きい」や「色が白い」というのも

欧米人にとっては褒め言葉というより、けなされていると感じるようですので気を付けましょう。

X Your face is very small. 

X Your nose is very big. 日本語では鼻が高いといいますがtallと言ってもなかなか分かってもらえません。

X Your eyes are big. 

X Your skin is very white.

 

カフェでも、講師に顔が小さいと言うことを言って下さるお客さまが多いですが、

講師がポカンとした反応をするので「It’s a compliment in Japan.」(日本では褒め言葉だよ)と伝えると

不思議がりながらも納得してくれます。

 

褒め言葉は英語が正しいかどうかも大切ですが、文化的なことも理解して使えるといいですよね😊

会話の糸口となる褒め言葉、褒められると誰だってハッピーになりますので、どんどん使って下さいね。