【英語で何て言う?】日焼けに関する表現

こんにちは😊

だんだんと暑くなってきて、夏日の日も増えてきましたね。

今日は日焼けに関する表現・ボキャブラリーをご紹介したいと思います。

日焼けに関しては、アジア人と欧米人で捉え方が違うので、文化的なことも理解すると面白いと思います。

ボキャブラリーの解説は下部に載せていますね。

 

会話1

Thomas:「I noticed many Japanese women wear long gloves in the summer. Why do they wear those? 」

Motoko:「They don’t want to get a tan.」

Thomas:「Ah, I see. So that’s why Japanese women use sun umbrellas too, right?」

Motoko:「Exactly.」

Thomas:「I’ve been wondering about it for long time. Now I understand.」

Motoko: 「You sometimes see women covered up completely so that they don’t tan.」

Thomas: 「Oh yeah, I think I’ve seen a woman like that.」 

 

会話2

Momoko:「I am planing to go to a BBQ at Momochi beach this Saturday. You wanna join us?」

Adeline:  「Yeah, why not.」

Momoko:「OK. It starts at *6ish.」*カジュアルな表現で6時ぐらいという意味になります

Adeline:「Should I bring anything?」

Momoko:「Bring your own drinks and sunscreen. It will be very hot on Saturday and the UV is very strong recently.」

Adeline:「Oh, is it? I was going to take tanning lotion with me.」

Momoko:「No, don’t! You’ll get sunburnt.」

 

 

suntan/ tan/ get a tan   日焼けする (こんがりと健康的に小麦色に焼けるというようないいイメージです)

sun umbrella   日傘

sunscreen/ sunblock 日焼け止め

*put on sunscreen/ apply sunscreen/ wear sunscreen  日焼け止めを塗る

UV/ultraviolet  紫外線

*UVと言えば、「紫外線」という意味で通じますが、欧米人は日本人のように「紫外線が強い」という言い方はあまりしません。「The sun is very strong.」という言い方がよく使われるようです。

suntan/ tanning lotion  日焼けローション

get sunburned/ get sunburnt  (ヒリヒリするほど)日焼けする

 

日本語で一言で日焼けといっても上記のように度合いによって英単語は違います。

また日本語のように「黒くなった」とか「白くなった」というような言い方はしませんので

気をつけて下さいね。